2017四国インカレ

四国地区大学総合体育大会・硬式野球の部 日程 2017年6月30日(金)~7月2日(日) 場所 オロナミンC球場(徳島県) 【組合せ】 【スケジュール】 6月30日(金) 12:00~1-1、14:30~1-2 7月01日(土) 09:00~2-1、11:30~2-2、14:00~2-3 7月02日(日) 09:00~3-1、11:30~3-2、14:30~3-3 *雨天の場合はスケジュールが変更になる場合があります。また3日で大会打ち切りとなります。 【試合法式】 ①試合は2時間30分制とし、2時間30分を越えた場合は新しいイニングに入らない。但し2時間30分経過して同点の場合は優劣が決するまで行い、優劣が決したイニング終了時に試合終了とする。(9回終了後は③を適用する。) ②コールドゲームは、5回10点差以上、7回7点差以上とする。 ③9回終了時に同点の場合は、10回より一死満塁からのタイブレークにより勝敗を決めるものとする。 ④決勝戦は時間制をとらず決着がつくまで延長戦を行うものとする。但し延長戦は17時00分を超えた時点で次イニングよりタイブレークを採用する。 【試合速報】 四国インカレの全試合、ライブ配信・イニング速報を行う予定をしています。

続きを読む

2017年春季表彰選手一覧

本日6月17日(土)の理事会・マネージャー会議にてベストナインなどの表彰選手が選出されましたので報告致します。 優勝大学1部 四国学院大学2部 香川大学 首位打者1部 0.471 藤原 翔希 四国学院大学2部 0.591 友居 京太郎 徳島大学 最多打点1部 12打点 藤原 翔希 四国学院大学先田 竜章 高知工科大学2部 13打点 濱田 翔吉 香川大学 最多本塁打1部 該当者なし2部 該当者なし 最多盗塁1部 7盗塁 西島 晴人 愛媛大学2部 12盗塁 車谷 康太 香川大学 最多勝利1部 5勝 小久保 気 四国学院大学2部 4勝 島 正幸 徳島大学藤本 将太 香川大学 最優秀防御率1部 0.39 土田 侑希 四国学院大学2部 0.00 島 正幸 徳島大学 最多三振奪取賞1部 該当者なし2部 該当者なし 記録賞1部 該当者なし2部 該当者なし ベストナイン(1部)投手 小久保 気 四国学院大学捕手 森口 潤 四国学院大学一塁手 田中 隆太 高知大学二塁手 原 渉仁 四国学院大学三塁手 藤原 翔希 四国学院大学遊撃手 下村 一成 松山大学外野手 水上 由伸 四国学院大学先田 竜章 高知工科大学西島 晴人 愛媛大学D・H 古谷 将也 四国学院大学 (2部)投手 島 正幸 徳島大学捕手 平野 貴久 徳島大学医学部一塁手 古谷 泰介 徳島大学二塁手 河本 彬 香川大学三塁手 該当者なし遊撃手 車谷 康太 香川大学外野手 友居 京太郎 徳島大学橋本 拓実 徳島大学大西 智明 徳島文理大学…

続きを読む

第66回全日本大学野球選手権2回戦四国学院大対九州産業大

06月07日(水) 明治神宮野球場開始 11:50(試合時間 01時間49分) イニングスコア四国学院=000|001|000|1九州産業=001|000|001×|2 バッテリー四国学院=●小久保-森口九州産業=本田、○草場-光岡二塁打=岩城(九産)山城、水上(四学)三塁打=なし本塁打=なし暴投=小久保捕逸=なし野選=なし審判=(田村・黒沢・奥津・松本俊)記事= 約半世紀振りのベスト8進出がかかる全日本選手権第2回戦。四国学院大は前日完投完封の小久保(4年・鹿児島玉龍)が2試合連続での登板、福岡六大学代表・九州産業大は本田(4年・海星)がマウンドへと上がる。  先制したのは九産大。3回、先頭柳内(4年・九州学院)がセンター前へと抜ける鋭い当たりで出塁すると、犠打で送って一死2塁の場面。3番岩城(3年・東海第五)のショートへの打球が内野安打となり、送球失策の間に二塁ランナーが生還。1点を得、九産大がリード。 四学大は積極的なスイングで本田に食らいつくも、落ちる変化に翻弄されなかなか出塁できない。3回に守備の要 森口(3年・徳島科学技術)が安打で出塁、次回にも松堂(3年・糸満)水上(1年・帝京第三)と続けて安打が生まれるが、大事な場面での三振が響き、逆転には至らないまま試合は中盤へ。 試合が動いたのは6回。先頭山城(4年・松山聖陵)がセンター前で出塁し、犠打で送って一死2塁。3番原(4年・日大三)の叩いた初球はライト線に落ちる適時打となり、一気にホーム生還。試合は振り出しへと戻された。その…

続きを読む

第66回全日本大学野球選手権1回戦東北福祉大対四国学院大

06月06日(火) 明治神宮野球場開始 08:59(試合時間 01時間51分) イニングスコア東北福祉=000|000|000|0四国学院=000|000|10×|1 バッテリー東北福祉=小野、大園、●鈴木、津森-笹谷四国学院=○小久保-森口二塁打=なし三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なし審判=(安部・西本・姫野・佐々木)記事= 8季ぶりとなる全日本選手権出場権を得た四国学院大の選手権初戦。仙台六大学代表・常連校の東北福祉大を前に、四国地区悲願の1回戦勝利を目指す。  四学大の先発はエース小久保(4年・鹿児島玉龍)。福祉大先頭の吉田(3年・国士舘)に四球を与え、やや不安定な立ち上がりのまま強打者の3番菊名(4年・仙台育英)、4番楠本(4年・花咲徳栄)にもヒットを許してしまう。初回からピンチを招くが後続を三振で終え、以降も時折安打を浴びたが、持ち前の気迫とテンポで封じこんでいった。捕手森口(3年・徳島科学技術)のリードや好守も光り、強打者たちを相手に0を並べ味方の援護を待つ。  何としても小久保を援護したい四学大だが、福祉大の継投策に苦戦し、いつもの打線が発揮できないまま試合は終盤へ。  迎えた7回裏の攻撃。新戦力ながら4番に座る水上(1年・帝京第三)の打球が失策を招き一気に無死三塁の好機を作り出すと、5番古谷(2年・大冠)の犠飛で念願の1点を先制、ベンチ・スタンドが大きく沸く。そのままの勢いで得点を守りきり、132球・5安打7奪三振の完投完封で小久保が全国初勝利をあげ…

続きを読む

優勝大学(四国学院大学)からのコメント~2017春

2017春季リーグを制した四国学院大学から監督・主将のコメントが届きましたので、掲載致します。四国学院大学は今月6月6日に行われる第66回全日本大学野球選手権大会に四国代表として出場いたします。 【橋野監督コメント】 この度の春のリーグ戦では、学校関係者やスタッフの皆様のご支援によって4年ぶりの優勝を果たすことが出来ました。どの試合も苦しい戦いの連続でしたが、選手が一丸となりチームプレーに徹してくれました。監督に就任して2年目の私ですが、少しは大学、野球部、そして選手の役に立てたのではないかと思っています。 1年目は大学野球の知識が薄く勉強不足を痛感させられましたが、その中で各大学の方々や選手から多くのことを学ぶことができました。野球に取り組む姿勢はもちろんですが、長い年月をかけて築き上げた伝統や、独自のすばらしい野球観等を勉強させていただきました。試合での全力疾走をはじめ主管校が限られた人数の中で試合前の整備を、無駄なく、整然と、スピーディーに行っている様子を見て、隅々まで行き届いた指導には、たびたび感心させられました。 選手権では四国地区で学んだ、真摯に取り組む姿勢を大切にして、四国の大学のレベルアップに貢献できるよう、全力を尽くすつもりです。これからも各校、お互いに切磋琢磨して全国レベルの戦いが出来ることを願っています。 【主将 原渉仁コメント】 ここ数年全国大会から遠ざかっていましたが、“全国で勝てるチーム作り”を目標に、個々のレベルアップや身体づくりなどの基礎部分から見直し、練習に取り…

続きを読む

リーグ総括〜2017春

  平成29年度春季リーグ戦は一ヶ所開催、4チームが集まるバトルが4週に渡って行われ、例年に比べ観客数が増加し、盛り上がりを見せた。  第1週目の雨の影響で6週まで及んだ激闘の末、10戦全勝で王者四国学院が復活、8季ぶりの全日本大学野球選手権大会出場を決めた。  エースの小久保(4年:鹿児島玉龍)は、140㎞後半のストレートを軸に、フォークを織り交ぜた安定感抜群、圧巻の投球を見せた。次期エース候補土田侑(3年:丸亀城西)の成長とリリーフ藤岡(4年:伊予農業)が踏ん張り、2戦目も落とさない布陣を敷いた。小久保は0.84、土田侑は0.39という驚異的な防御率を叩き出した。打撃陣は新加入の水上(1年:帝京第三)が4番に座り、より厚みを増した。さらにチームの顔である原(4年:日大三)や0.471の高打率を残した三塁手の藤原(3年:三島)、恐怖の9番森口(3年:徳島科学技術)、指名打者の古谷(2年:大冠)など、どこからでも途切れない打線で完全優勝に導いた。橋野監督は就任2年目での悲願達成となった。  昨秋までの紅葉から春の新緑へとフォルムチェンジした2位の高知工科。大躍進を遂げ、一回りも二回りも大きな木へと成長した。毎年投手陣に課題を残すが、今季は評判の良い打撃陣に加え、エース尾崎(2年:徳島北)が防御率1.15という成績を残す著しい成長がAクラス入りの要因であった。今後の成長曲線に大きく期待したい。最多打点の先田竜(4年:今治西)を筆頭に、土屋(4年:盈進)、西本(…

続きを読む

第6回愛媛大学・松山大学硬式野球定期戦

第6回愛媛大学・松山大学硬式野球定期戦結果5月27日(土)坊っちゃんスタジアム12:35開始(試合時間 2時間40分)観客数 710人イニングスコア松山大学=001|000|010|2愛媛大学=000|000|000|0バッテリー松山大学=平山、(勝)玉木、三好、鴻上ー田原、室山、則兼愛媛大学=(負)亀岡、勝田、立岩、田中、佐藤ー村瀬、澤二塁打=永井仁(松大)、今村(愛大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=勝田、田中②捕逸=なし野選=なし最優秀選手賞=八木(松大)優秀選手賞=永井仁(松大)、亀岡(愛大)敢闘賞=立岩(愛大)審判=(小林、室野、福住、弓立) 記事=2012年に復活し、今回で6回目の開催となった愛媛大学・松山大学硬式野球定期戦。(通算成績 松山大学22勝 愛媛大学12勝 引き分け1回 中止1回)両大学のサークル合わせて17団体の参加があり、盛大なイベントとなった。試合は3回、松山大先頭の永井仁がフェンス直撃の左越二塁打を放つと、和田が犠打を決め、三塁へ走者を進める。2番八木が初球をセンターに弾き返し松山大が鮮やかに先制する。その後は両者とも四死球などで出塁するものの、三塁までもが遠い。今大会はオープニングセレモニーと閉会式だけでなく、3回、6回終了時にサークルパフォーマンスを挟み、球場全体の雰囲気と選手のモチベーションを上げる結果となった。松山大の4年生バッテリーのリレーで愛媛大打線を寄せ付けず、完封を果たした。この結果により松山大学は、三年ぶりの定期戦優勝を決めた。来年度は大学名を前後…

続きを読む

2017春1部2部入替戦香川大対鳴教大第3試合結果

5月21日 (日)アークバリア津田球場12:31開始 (試合時間 1時間51分)主管 鳴門教育大学観客数 65人 イニングスコア香川大=000|000|000| 0鳴教大=000|001|00X| 1 バッテリー香川大= ●上西ー湯田鳴教大= ○安丸ー岩崎 二塁打=松村(鳴教大) 三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=安丸(鳴教大)VP=松村(鳴教大) 上西(香川大)審判=(堀田、前田、尾崎、筒井) 記事=昨秋に続き第3戦までもつれ込んだ鳴教大と香川大の入替戦。第1戦、第2戦とがっぷり四つの試合展開。この試合が来季の1部の座を懸けた最終決戦となる。鳴教大は第1戦完投勝利の安丸、香川大は第1戦、第2戦に続き上西が先発。両チーム共にエースに命運を託す。命運を託された両エースはその期待に応える。鳴教大先発安丸は初回を三者凡退に抑えると、5回まで四球は出すものの安打は2回表の春名の1本のみに抑え無失点。対する香川大上西も3戦連続の先発、午前中に行われた入替戦第2戦に完投したにも関わらずこの試合も好投。5回裏には味方の失策と鳴教大9番龍野の安打などで1死1.3塁のピンチを招くが、鳴教大の拙攻でこのピンチを抑えこちらも無失点。エースの意地の投げ合いで両チーム無得点のまま試合は後半戦へ。6回表、香川大は三者凡退。その裏、鳴教大は先頭の宇良が三遊間を破り出塁。犠打で2塁に進める。ここで4番の菊場に打順が回る。第2戦で複数安打の鳴教大4番対3戦連続先発の香川大エースの対…

続きを読む

2017春1部2部入替戦鳴教大対香川大第2試合結果

5月21日 (日)アークバリア津田球場9:54開始 (試合時間 1時間50分)主管 鳴門教育大学観客数 53人 イニングスコア鳴教大=010|000|000| 1香川大=020|101|10X| 5 バッテリー鳴教大= ●田原、山口ー岩崎香川大= ○上西ー湯田 二塁打=菊場(鳴教大) 濱田、春名(香川大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=田原2(鳴教大)捕逸=なし野選=なしMVP=上西(香川大)VP=濱田(香川大)審判=(前田、尾崎、堀田、筒井) 記事=1部残留をこの試合で決めたい鳴教大と、なんとしても入替戦3回戦に望みをつなぎたい香川大の入替戦第2戦。鳴教大は田原、香川大は前日に続きエース上西の先発で試合が始まる。初回は両チーム無得点に終わるが2回表、鳴教大は先頭の菊場がレフトフェンス直撃の二塁打で出塁すると、岩崎、児玉の連続安打で先制する。なおも無死1.2塁と好機は続いたが、香川大先発の上西が3者連続三振に抑え、鳴教大の得点は1点のみに終わる。2回裏、先制を許した香川大であったがすぐさま反撃に出る。先頭の7番山口がバント安打で出塁。犠打、暴投で三進し2死となるが、打順がトップに戻り1番の濱田が右翼線二塁打を放ちまず同点。続く河本から適時打が飛び出し逆転に成功する。2回裏に逆転に成功した香川大はその後も着実に得点を重ねる。4回裏、またも先頭の山口が安打で出塁すると、犠打と鳴教大の失策で1点追加。6回裏は先頭の春名が中越二塁打で出塁。四球、バント安打で満塁とし、1死から濱田の犠飛で1点。7…

続きを読む

2017春1部2部入替戦香川大対鳴教大第1試合結果

5月20日 (土)アークバリア津田球場12:56開始 (試合時間 1時間55分)主管 鳴門教育大学観客数 48人 イニングスコア香川大=000|110|000| 2鳴教大=000|005|00X| 5 バッテリー香川大= ●上西ー湯田鳴教大= ○安丸ー岩崎 二塁打=湯田(香川大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=安丸(鳴教大)VP=安岡(鳴教大)審判=(小林、尾崎、忰山、筒井) 記事=4季ぶりの1部リーグ戦は苦戦が続き最下位となった鳴教大と、2部リーグプレーオフを勝ち上がった香川大の3季続けての顔合わせとなった入替戦1回戦。 鳴教大・安丸、香川大・上西の両エースの先発で試合が始まる。 序盤は両エースの好投で互いにスコアボードに0が並ぶ。試合が動いたのは4回表、香川大の攻撃。2死3塁の好機で4番窪田が二塁強襲内野安打を放ち1点を先取。続く5回表の香川大。先頭の春名が右前安打を放つと犠打で二進。この好機で8番湯田がレフトフェンス直撃の適時二塁打を放ち1点を追加。その後2死となるも走者2塁と好機は続き、香川大トップの濱田が中前安打を放つ。この一打で一気に本塁を狙った香川大であったが、鳴教大の中継プレーの前に本塁憤死する。鳴教大はこの回の香川大の追加点を最少失点の1で食い止めた。2対0でグラウンド整備を挟み試合は後半戦へ。6回裏、試合序盤は主導権を握れなかった鳴教大が反撃に出る。1死から5番岩崎が左前安打で出塁すると、児玉も左前安打で続き1死1.…

続きを読む