2018四国インカレ 全日程中止のお知らせ

さぬき市志度総合運動公園野球場にて開催を予定されておりました、インカレ全日程を、雨とそれによる二次災害の危険を考慮致しまして、誠に残念ながら中止とさせていただきます。 ご理解の程、宜しくお願い致します。 (報告者=香川大 高橋)

続きを読む

2018四国インカレ1日目 延期と日程変更について

明日、さぬき市志度総合運動公園野球場にて開催を予定されておりました、インカレ一日目の日程を、雨の影響で延期とさせていただきます。 これにより、日程は以下のように変更となります。 会場:さぬき市志度総合運動公園野球場 日時:7/7(土) 第一試合 08:30~【C】 愛媛大学 vs 徳島大学 第二試合 11:00~【A】 高知工科大学 vs 鳴門教育大学 第三試合 13:30~【B】 松山大学 vs 香川大学 第四試合 16:00~【D】 高知大学 vs 徳島文理大学 7/8(日) 第一試合 09:00~【E】 四国学院大学 vs 【A】勝者 第二試合 13:00~【F】 【E】勝者 vs 【B】勝者 第三試合 15:00~【G】 【C】勝者 vs 【D】勝者 尚、延期に伴いまして、予定されておりました決勝戦につきましては、行われないこととなりました。 よろしくお願い致します。 (報告者=香川大 高橋)

続きを読む

2018四国インカレのご案内

四国地区大学総合体育大会・硬式野球の部 日程 2018年7月6日(金)~7月8日(日) 場所 志度球場(さぬき市志度総合運動公園野球場) 【組合せ】 【スケジュール】 6月30日(金) 12:00~A、14:30~B 7月01日(土) 09:00~C、11:30~D、14:00~E 7月02日(日) 09:00~F、11:30~G、14:30~H *雨天の場合はスケジュールが変更になる場合があります。また3日で大会打ち切りとなります。 【試合法式】 ①試合は2時間30分制とし、2時間30分を越えた場合は新しいイニングに入らない。但し2時間30分経過して同点の場合は優劣が決するまで行い、優劣が決したイニング終了時に試合終了とする。(9回終了後は③を適用する。) ②コールドゲームは、5回10点差以上、7回7点差以上とする。 ③9回終了時に同点の場合は、10回より一死満塁からのタイブレークにより勝敗を決めるものとする。 ④決勝戦は時間制をとらず決着がつくまで延長戦を行うものとする。但し延長戦は17時00分を超えた時点で次イニングよりタイブレークを採用する。 【試合速報】 四国インカレの全試合、ライブ配信・イニング速報を行う予定をしています。

続きを読む

2018春季表彰選手一覧

本日6月16日(土)の理事会・マネージャー会議にてベストナインなどの表彰選手が選出されましたので報告致します。優勝大学1部 四国学院大学2部 香川大学首位打者1部 0.525 水上 由伸 四国学院大学2部 0.550 大杉 知也 香川大学最多打点1部 13打点 山田 晃 四国学院大学2部 13打点 田渕 雄基 香川大学最多本塁打1部 該当者なし2部 該当者なし最多盗塁1部 8盗塁 西島 晴人 愛媛大学槇 寛太 四国学院大学澤谷 駿兵 愛媛大学名嘉真 大希 高知大学2部 12盗塁 濱田 翔吉 香川大学最多勝利1部 4勝 土田 侑希 四国学院大学上ノ薗 慎伍 高知大学道原 順也 高知大学中村 吏玖 愛媛大学2部 3勝 三村 祥太 香川大学上西 元気 香川大学河野 龍也 徳島大学最優秀防御率1部 1.05 土田 侑希 四国学院大学2部 0.75 三村 祥太 香川大学最多三振奪取賞1部 該当者なし2部 該当者なし記録賞1部 該当者なし2部 該当者なしベストナイン(1部)投手 土田 侑希 四国学院大学捕手 田村 直樹 松山大学一塁手 西島 晴人 愛媛大学二塁手 澤谷 駿兵 愛媛大学三塁手 太田 俊輔 愛媛大学遊撃手 薮井 怜 高知大学外野手 水上 由伸 四国学院大学片山 幹太 高知大学山田 晃 四国学院大学D・H 該当者なし(2部)投手 三村 祥太 香川大学捕手 湯田 諒平 香川大学一塁手 大杉 知也 香川大学二塁手 該当者なし三塁手 大原 拓光 香川大学遊撃手 松浦 良哉 徳島大学外野手 浜 将大 香川高…

続きを読む

全日本大学野球選手権大会 四学大対徳山大1回戦試合結果

6月11日(月) 東京ドーム14:09開始(試合時間2:06)主管 四国学院大学 観客数1500人イニングスコア徳山大=611|002|3|13四学大=010|000|0|1         (大会規定により7回コールド)バッテリー 徳山大=〇岡-中熊四学大=●土田侑、矢野、横井、下地-森口、村井二塁打=棟居、永冨、中熊(徳山大)三塁打=小村(徳山大)本塁打=松浦(四学大)暴投=土田侑2、下地(四学大)捕逸=なし野選=なし       審判=(牧野、松尾、島田、國見)記事=2年連続12回目の出場となった四国地区代表・四国学院大学と7年ぶり13回目の出場となった中国地区代表・徳山大学の全日本大学野球選手権大会1回戦。試合は初回から動く。1回、徳山大は先頭の大橋がヒットで出塁すると四球などでチャンスを作り徳山大打線中心の5番中熊が適時打を放ち先制、さらに7番山根、続く勝野、1番大橋にも適時打が飛び出し一挙6点を先制する。反撃したい四学大だったが徳山大先発・岡に完全に抑えられる。2回にも中熊に適時打を浴び7点差とされるがその裏、1死から春季リーグでも2本の本塁打を放った松浦がライトへのソロホームランで1点を返す。3回、2番手矢野が先頭に三塁打で出塁を許すと続く大橋にタイムリーを浴び1点を失う。しかし4.5回は粘りの投球を見せ0点に抑える。なんとか点差を縮めたい四学大打線だったが岡の前にランナーを出すことが…

続きを読む

リーグ総括〜2018春〜

平成30年度春季リーグ戦は各地で手に汗握る熱い戦いを見せ、四国学院が貫禄の優勝で終幕した。四国学院は、第67回全日本大学野球選手権に出場し、6月11日(月)14時から中国地区代表の徳山大学と激突する。 四国学院のエース土田侑(4年:丸亀城西)は、万全の状態ではないものの緩急と勝負所での力のいれた投球で防御率1.05をマークし優勝の原動力となった。その他にも照屋(2年:那覇商業)、下地(2年:宮古)など若い世代の投手が台頭した。そして四国学院の強力打線は健在。3番藤原(4年:三島)を筆頭に、13打点を記録した主砲山田晃(3年:英明)、5割越えの打率を残した水上(2年:帝京第三)など打線に切れ目がなかった。 昨秋最下位から飛躍を見せ、2位になった高知大学は、なんといってもエース上ノ薗(3年:小林)の活躍だろう。防御率1.37の好成績を残し、堂々たる成績を残した。また与四死球率も規定投球回数を投げた投手のなかで松山大学渡辺に次ぐ2位と制球力も改善された。その他にも道原(4年:西京)や井上(4年:伊丹北)の活躍もあり、チーム防御率はリーグトップだった。打線では薮井(4年:邑久)、片山(4年:松山東)が活躍し、チャンスをものにする打撃で勝利に導いた。 3位になった愛媛大学は投手陣に苦しんだ。チーム防御率は4点台、規定投球回数をクリアした投手は1人だった。しかしその唯一クリアした投手である中村(2年:松山南)は、松山大学との開幕週2試合目に抜擢されると、キレのある変化球とテンポの…

続きを読む

第7回松山大学・愛媛大学硬式野球定期戦試合結果

5月26日(土)、坊ちゃんスタジアム12:28 開始(試合時間2時間28分)  観客数 660 人  イニングスコア愛媛大学=000|000|000||0松山大学=300|101|00X||5 バッテリー愛媛大学=●吉田、中村、松本健、佐藤ー藤本裕、吉森、村瀬松山大学=○山下、田渕、大東、渡辺-鵜足  二塁打=小林、世木田、西原(松大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし、捕逸=吉森(愛大)野選=なし 最優秀選手賞=小林(松大)優秀選手賞=宗岡(松大)、森田(愛大)敢闘賞=山下(松大) 審判( 室野、福住、岡田、上田) 記事=第7回松山大学愛媛大学硬式野球定期戦(通算成績 松山大学23勝 愛媛大学12勝 引き分け1回 中止1回)が開催された。両大学のスターティングラインナップにはこの試合で引退となる4回生の名前が多く並んだ。松山大学先発投手山下、愛媛大学先発投手吉田、両右腕の投げ合い。1回裏松山大学の攻撃、2つのフォアボールなどで無死2,3塁とした後、3番小林、4番世木田のレフトへの連続タイムリーツーベースで3点の先制に成功。その後も4回には1死1,3塁から1番濱田のセーフティスクイズで、6回には7番西原、8番鵜足、9番塩田の連打などでそれぞれ1点ずつを加える。一方の愛媛大学は松山大学先発投手山下の前になかなかヒットが出ず、5回までわずか1安打に抑えられる。6回以降も田渕、大東のリレーを前になかなかチャンスがつくれない。しかし7回表、代打康のデッドボール、…

続きを読む

優勝大学(四国学院大学)からのコメント〜2018春

2018春季リーグを制した四国学院大学から監督・主将のコメントが届きましたので、掲載致します。四国学院大学は来月6月11日行われる第67回全日本大学野球選手権大会に四国代表として出場致します。 【中尾監督コメント】 この度、今シーズンから監督となり、関係者やスタッフの支援により3季連続優勝を果たすことが出来ました。リーグ戦においては、投手陣の軸でもある土田の体調が悪く、他の投手はリーグ戦登板の経験がないなかで、下地、横井、照屋、加藤、矢野の頑張りと、土田が万全ではないなか、後半は中心となって勝つ事が出来ました。野手にはしっかり走って守り勝つという事をリーグ戦中から言い続けました。打撃は日替わりでヒーローがでる中、水上の打撃、2年生4番山田晃の成長、2番黒岩の繋ぎの野球が勝利に繋がったと思います。大学選手権では、リーグ戦同様、選手を信じて四国リーグ代表として精一杯頑張ります! 【主将 山田孝也コメント】チーム一丸となり優勝することが出来ました。全国では、謙虚の気持ちを忘れずに四国代表として全力でプレーします。

続きを読む

2018春入替戦香川大対鳴教大 第3試合結果

5月20日(日)レクザムスタジアム13時58分(試合時間 2時間18分)主管 鳴門教育大学観客数 100人イニングスコア香川大=001|002|110||5鳴教大=000|010|000||1バッテリー(香)三村ー湯田(鳴)田原、安丸ー大栗二塁打=大原、濱本(香)三塁打=なし本塁打=菊場(鳴)暴投=安丸(鳴)捕逸=なし野選=なしMVP=三村(香)VP=大原(香)、田原(鳴)(審判=西池、竹田、芦辺、濱岡) 記事=勝っても負けてもこれが最終決戦。来季の1部の座を勝ち取るのは鳴教大か香川大か。運命の入替戦3回戦。先発投手は鳴教大・田原、香川大・三村。両チームともに午前中の試合に先発した両右腕に命運を託す。試合は午前中と同様に投手戦となる。3回表、香川大は先頭が出塁すると3番・大杉の左前安打で先制するも5回まで安打は3本のみ。鳴教大は5回裏、主将の菊場が左越本塁打を放ち同点に追い付く。しかし5回を終え7本の安打を放ちながら香川大・三村の前に得点は菊場の本塁打のみ。緊迫した投手戦の中、グラウンド整備を挟み試合は後半戦へ。6回表、香川大は2死から田渕、浜本の連打で好機を作ると8番・大原の左翼線二塁打で2点。勝ち越しに成功する。7回表にはリリーフした鳴教大・安丸から4番・窪田の中前安打で1点を追加。8回表にも7番・浜本の左中間二塁打で追加点。その差を4点に拡げる。反撃したい鳴教大は5回までに7安打を放つもその後は香川大先発の三村を打ちあぐねる。4点差のまま9回裏へ。なんとしても1部の座を死守したい鳴…

続きを読む

2018春入替戦鳴教大対香川大 第2試合結果

5月20日(日)レクザムスタジアム9時58分(試合時間 2時間52分)主管 鳴門教育大学観客数 100人イニングスコア鳴教大=020|000|020|5||9香川大=010|003|000|4||8(大会規定により10回はタイブレーク)バッテリー(鳴)田原、安丸ー大栗(香)三村、上西、谷藤ー湯田二塁打=窪田、湯田、多田(香)三塁打=なし本塁打=なし暴投=上西、谷藤(香)捕逸=湯田野選=なしMVP=権藤(鳴)VP=宇田(鳴)、仲島(香)(審判=濱岡、芦辺、竹田、西池) 記事=3季ぶりの1部昇格へあと1勝と迫った香川大と1部残留へ後がない鳴教大の入替戦2回戦。香川大・三村、鳴教大・田原の両右腕の先発で試合が始まる。先制したのは鳴教大。2回表、1死2.3塁の好機を作ると8番・谷村の右前安打で先制点。続く大栗もスクイズを決め、この回2点を先制する。2回裏、すぐさま香川大が反撃に転じる。先頭の窪田が左翼線二塁打で出塁すると1死1.3塁と好機を拡げ、8番・多田の左前安打で1点を返す。その後は両先発右腕の緊迫した投手戦となる。再び試合が動いたのは6回裏。香川大は四球や敵失間に好機を作ると代打・仲島の内野安打間に好走塁もあり一気に逆転。トップに戻り濱田の中前安打に敵失が絡み追加点。この回3点を挙げる。反撃したい鳴教大であったが香川大先発の三村の前に3回以降安打1本と抑え込まれる。8回表、香川大は好投の三村を下げ、前日9奪三振と好投した上西を投入する。この回鳴教大はトップの主将・菊場からの好打順。その菊場…

続きを読む