2014秋1部愛媛大対鳴教大第1試合結果

8月30日(土)、鳴門教育大学グラウンド 12:56開始(試合時間2時間9分) 主管 鳴門教育大学 観客数 67人 イニングスコア 愛媛大学=100|200|100|4 鳴門教育=200|000|000|2 バッテリー 愛媛大学=○宇野-大西 鳴門教育=●安川-矢島 二塁打=姫田、高橋(愛大)、岡本(鳴大) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=宇野(愛大) 捕逸=なし 野選= MVP=宇野(愛大) VP=高橋(愛大) 審判(岸上、森下、佐古、武田) 記事=愛媛大学対鳴門教育大学の第一回戦。 愛大は初回、高橋、香川の連打の後、西久保の適時打で先制するも、鳴教大はその裏、暴投と中川の適時打で逆転に成功する。愛大は4回に杉山の適時打で3対2と逆転し、さらに7回に一点を加え4対2とし、その点差を守りきり勝利を掴んだ。MVPには、6安打2失点で完投し勝利投手となった宇野が、VPには、三本の安打を放ち、チームの得点に絡み勝利に貢献した愛大の高橋が選ばれた。 報告者=宮本(鳴大)

続きを読む

2014秋2部徳文大対香高専第1試合結果

8月30日(土) 香川高専グラウンド9時50分開始 主管 徳島文理大学 イニングスコア 徳島文理=011|000|000|2 香川高専=000|200|20×|4 バッテリー 徳島文理=●山本-舛田 香川高専=○川崎-佐々木 二塁打=阿河(高専) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=山本(徳文) 捕逸=なし 野選=なし MVP=川崎(高専) VP=黒川(高専)、船井(徳文) 徳島文理 0勝1敗(通算0勝3敗) (報告者=徳文 福島)

続きを読む

2014秋2部徳文大対香高専第2試合結果

8月30日(土) 香川高専グラウンド12時30分開始 主管 徳島文理大学 イニングスコア 香川高専=000|011|111|5 徳島文理=100|000|100|2 バッテリー 徳島文理=●青野、大西-舛田 香川高専=○平松-佐々木 二塁打=黒川(高専)、川崎(高専)、佐々木(高専)、青野(徳文)、豊嶋(徳文) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=なし 野選=なし MVP=平松(高専) VP=佐々木(高専)、青野(徳文) 徳島文理 0勝1敗(通算0勝4敗) (報告者=徳文 福島)

続きを読む

第二週見所~2014秋

 天候不順で開催が心配されたが、関係者・スタッフの努力もあり、全日程予定通り開催された。もつれた試合展開が繰り広げられる中、四国学院、愛媛大、松山大、春季の上位チームが意地を見せ勝ち点をあげた。第二週、四学香大戦、松大高大戦、鳴教愛大戦の対戦となる。  注目は四学香大の香川ダービー。鳴教の粘りに苦しみながらも二連勝で切り抜けた四国学院と初戦は投打がかみ合わなかったが戦力充実の香川大の対戦は手に汗握る展開が予想される。3-4点の勝負が予想される中、若い四学投手陣と破壊力のある香大攻撃陣の対戦が勝敗の鍵をにぎる。松大高大戦、先制逃げ切りと試合巧者ぶりを発揮しインカレ覇者の香大を退け好スタートを切った松山大、連敗スタートとなり投打とも立直しが必要な高知大。松大の優位は確実だが、高知大は攻守の粘りを取り戻し接戦に持ち込みたいところである。鳴教愛大戦、四学相手に粘りの投球を見せた鳴教投手陣が愛大打線に挑む、持ち味を発揮し2-3点勝負に持ち込み勝機を見出したい。打線好調の愛大は早い回に先制すれば、安定した投手陣を有するだけに優位に展開できるだろう。  奇しくも、第一週勝ち点を挙げた大学と挙げられなかった大学との対戦となり、覇権争いの趨勢を占う緊迫の第二週となる。 ★Ⅰ部リーグ 8/29金13:00四学vs香大 観音寺市球場・・・・・Live! 8/30土10:00四学vs香大 観音寺市球場・・・・・Live! 8/30土13:00松大vs高大 坊っちゃん 8/30土13:00鳴教vs愛大 鳴…

続きを読む

2014秋1部香川大対松山大第2試合結果

8月26日(火) 坊ちゃんスタジアム 9:57開始(試合時間2時間20分) 主管 松山大学 観客数 64人 イニングスコア 松山大学=003|100|000|4 香川大学=000|000|000|0 バッテリー 松山大学=○鴻上、金枡-下村 香川大学=●楠本、枩本-安藤悠 二塁打=白居(香大) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=金枡(松大) 捕逸=安藤悠(香大) 野選=石原(香大) MVP=十河(松大) VP=鴻上(松大)、なし(香大) 審判(早川、室野、上田、弓立) 記事=松山大対香川大の二回戦。試合は3回に動く。松山大の攻撃、永井の死球、下村の右前安打によりランナー1、3塁のチャンスを作ると、1番十河の左前適時打により先制点を挙げる。さらに3番柴の中前適時打で2点を追加し、この回3点が入る。松山大は4回、酒井、永井の安打でニ死1、3塁とすると、8番下村の左前適時打で1点を追加する。5回、小松(松大)の中前安打を安藤輔(香大)の好返球で2塁ランナー十河を本塁タッチアウトにする。この後は楠本が立ち直り松山大に追加点を許さない。香川大は再三のチャンスを作るが、4個の併殺打で得点を奪えなかった。このまま4-0で松山大が勝利し、勝ち点1を獲得した。この試合、MVPは3安打3盗塁の十河(松大)、VPは6回無失点の鴻上(松大)が選ばれた。 報告者=平松(松大) 写真は先制タイムリーを放つ十河(松大)と好投の鴻上(松大)と先発楠本(香大)

続きを読む

2014秋1部香川大対松山大第1試合結果

8月25日(月)、坊ちゃんスタジアム 12:55開始(試合時間1時間47分) 主管 松山大学 観客数 84人 イニングスコア 香川大学=002|000|0|2 松山大学=080|001|x|9 バッテリー 香川大学=●大西、枩本-安藤悠 松山大学=○平山、玉木-下村 二塁打=柴、田原、永井(松大) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=なし 野選=石原(香大) MVP=永井(松大) VP=平山(松大)、枩本(香大) 審判(室野、岡田、石川、弓立) 記事=インカレを制し今リーグ注目の香大とオープン戦未勝利で不安を残す松大の一戦。経験豊富な絶対的エース大西(香大)と1年生平山(松大)の両左腕の先発で試合は始まる。2回松大は1死2塁で永井が右中間適時二塁打を打ち先制する。さらに内野安打、四球などで追加点を奪うと酒井、田原にも連続適時打が出てこの回一挙8点を奪う。香大の反撃は3回。1死満塁から石原、安藤輔の連続適時打で2点を返す。香大は3回から救援した枩本が好投を見せ松大に追加点を与えない。6回松大は2死から柴の二塁打などで好機を作ると代打猪飼が右前適時打を放ち1点を追加する。7回から救援した玉木(松大)が3人で抑え、9-2の7回コールドで松大が勝利した。この試合、先制適時打の永井(松大)がMVPに、6回2失点の平山(松大)と枩本(香大)がVPに選ばれた。 報告者=光田(松大) 写真は先制適時打を放つ永井(松大)と松大先発平山と好救援の枩本(香大)

続きを読む