2015秋1部香川大対愛媛大第1試合結果

8月29日(土)、アークバリアベースボールパーク志度11:56開始(試合時間2時間12分)主管 香川大学 観客数 50人イニングスコア愛媛大学=000|012|200|5香川大学=000|001|101|3バッテリー愛媛大学=○佐藤、増田ー乗松香川大学=●楠本、田内ー湯田二塁打=南2(愛大)、山中1(愛大)三塁打=なし本塁打=安藤1(香大)暴投=佐藤1(愛大)捕逸=なし野選=なしMVP=南(愛大)VP=佐藤(愛大)審判(大黒、前田、西池、津村)記事=香川大先発の楠本は初回からピンチを招く苦しい立ち上がりとなるが粘り強い投球で無失点に抑える。すると、4回に香川大が四球、安打などで好機を作る。しかし、ここは走塁ミスなどもあり、愛媛大が踏ん張り無失点に抑えるとその裏、愛媛大は好機を作り、1番南の適時二塁打で1点を先制する。愛媛大は6回、7回と得点を重ね、5得点。対する香川大も6回、7回に1点ずつ返し、9回にも粘りを見せたが、愛媛大が逃げ切り、勝利をあげた。MVPには4安打1打点の活躍の南(愛媛大)が、VPには7回2失点の佐藤(愛媛大)が選ばれた。香川大学 0勝1敗 ( 通算 勝点1 2勝2敗 )(報告者=香大 森)

続きを読む

第二週見所~2015秋

 高知工科大打撃陣の猛追を鼻の差でかわした愛媛大、柴田の連投に堅守で応えた高知大、第三回戦にもつれた接戦を楠本の粘投で持ちこたえた香川大が勝点を挙げた開幕週。四国学院・松山大、私立2強がともに勝ち点を失うという波乱のスタートとなった。  組み合わせの妙ではあるが、早くも試練の第二週。勝点をあげた同士の愛媛大、香川大が対戦。勝点を失いサドンデスとなった四国学院、松山大が対戦。そして、高知大、高知工科大の高知勢同士が対戦する南国ダービーと、見逃せない対戦となる。  愛大香大戦、両チームのエースの田中(愛大)と楠本(香大)の投げ合いが大きな見所となる。ともに守備陣は堅実であり、一回戦の両者の投げ合いの軍配が全てを左右するだろう。勝点をあげれば覇権にむけ大きく前進する前半の山場となるカードとなった。四学松大戦、ともにこのカードで勢いをとりもどしたいところである。四学は豪打・連打での得点、松大は盗塁・エンドラン・進塁打とチーム力での得点、これにより狂った歯車を噛み合わせたいところである。高大高工の南国ダービー、粘りのディフェンス高知大・破壊力のオフェンス高知工科大と、対照的なチームの対戦となる。高知大投手陣と高工大打撃陣との対戦は注目となる。  覇権争いの構図も見えてくる第二週。見逃せない熱い戦いとなるだろう。 ◆Ⅰ部 8/29土13:00香大vs愛大 アークバリア志度 8/30日10:00香大vs愛大 アークバリア志度 8/29土13:00四学vs松大 四国Cスタ丸亀・・・・・・・…

続きを読む

2015秋1部松山大対香川大第3試合結果

8月23日(土) マドンナスタジアム 9:56開始(試合時間 2時間 18分 ) 主管 松山大学 観客数 72人 イニングスコア 松山大学=000|000|001|1 香川大学=010|001|00X|2 バッテリー 松山大学=●高橋、越智、玉木、山下−桑内、田原 香川大学=〇楠本−湯田 二塁打=宇野、小松(松大) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=なし 野選=なし MVP=楠本(香大) VP=湯田(香大) 越智(松大) 審判=(大西、上田高、上田幸、弓立) 記事=連日の激戦を終え1勝1敗で迎えた松山大学対香川大学の第3回戦。2回裏香川大学の攻撃、先頭の河本が四球で出塁すると犠打、安打で1,3塁の好機を作る。ここで連日守備が光る湯田が打席に立つと左前安打で1点を先制する。もう1点も失えない松山大学ベンチはすかさず動く。2番手投手越智をマウンドに送ると気持ちに応え0点に抑えた。反撃に燃える松山大学に香川大学楠本が立ちふさがる。再三にわたりピンチを抑え9回を1失点に抑え勝ち投手になった。松山大学はあと1点が遠く香川大学に及ばなかった。 MVPは勝ち投手の楠本(香大)、VPには先制適時打を打った湯田(香大)、ピンチを防いだ越智(松大)が選ばれた。 報告者=福田(松大) 松山大学 1勝2敗 通算(勝点0 1勝2敗) 写真はMVPの楠本(香大)、適時打を打った湯田、春名(香大)、VPの越智(松大) 、猛打賞の小松(松大)

続きを読む

2015秋1部愛媛大対高工大第2試合結果

8月22日(土) マドンナスタジアム 13:56開始(試合時間3時間5分) 主管 愛媛大学 観客数 120人 イニングスコア 愛媛大学=400|014|000|9 高知工科=201|100|210|7 バッテリー 愛媛大学=松本、○増田、佐藤、田中-乗松 高知工科=●中村、青木-岡崎 二塁打=乗松(愛大)、山川、岡崎(高工) 三塁打=姫田(愛大) 本塁打=なし 暴投=増田(愛大)、青木(高工) 捕逸=乗松(愛大) 野選=なし MVP=姫田(愛大) VP=なし(愛大)、久保田(高工) 審判(石川、室野、岡田、弓立) 記事= 昨日行われた一回戦とは一転、打撃戦となった愛媛大学と高知工科大学の二回戦は初回から動く。先攻愛大は1番南の好走塁により先制点入れると、その後も安打、四球で出塁した走者を6番西島、7番乗松が適時打を放ちこの回一気に4点を挙げる。対する工科大も初回に四球から出た走者を4番山川、6番岡崎の適時打で2点を返し、その後も相手のエラーの隙をついた攻撃で追加点を入れ4回に同点に追いつく。追いつかれた愛大は5回に高橋を代打から起用。期待に応え右前安打で出塁した高橋を犠飛で返しすぐさま1点を追加。そして6回には四死球による無死一二塁の場面で9番姫田が適時三塁打を放ち走者一掃し、工科大の投手が乱れた隙に5点差に突き放す。工科大は9番久保田の適時打や山川、岡崎の二塁打で8回までに3点を返し2点差に追いつくが、愛大はピンチを投手の継投で凌ぎ、そのまま逃げ切った。 工科大は一回戦では出せなかった持ち前の…

続きを読む

2015秋2部徳大医対鳴教大第2試合結果

8月22日(水)アークバリアボールパーク津田 12:45開始 主管 徳島大学医学部 イニングスコア 徳大医学 040|000|0|4 鳴門教育 252|010|1x|11 (7回コールド) バッテリー 徳大医学=木下●、真鍋-足立 鳴門教育=山口○、桂-岩崎 二塁打=なし 三塁打=伊藤(鳴教) 本塁打=なし 暴投=木下(徳医)、真鍋(徳医) 補逸=足立(徳医) 野選=なし MVP=高畑(鳴教) VP=花増(鳴教)、木下(徳医) 徳大医学 0勝2敗(通算0勝2敗) (報告者=徳医 真鍋)

続きを読む

2015秋2部徳大医対鳴教大第1試合結果

8月22日(土)アークバリアベースボールパーク津田 10:00開始 主管 徳島大学医学部 イニングスコア 鳴門教育 520|302|1|13 徳大医学 000|000|0|0 (7回コールド) バッテリー 鳴門教育=安丸○-岩崎 徳大医学=末政●、足立-真鍋 二塁打=大石(鳴教)、別所(徳医) 三塁打=中川(鳴教)、岩崎(鳴教)、大石(鳴教) 本塁打=なし 暴投=足立(徳医) 補逸=なし 野選=なし MVP=安丸(鳴教) VP=大石(鳴教)、別所(徳医) 徳大医学 0勝1敗(通算 0勝1敗) (報告者=徳医 真鍋)

続きを読む

2015秋1部四学大対高知大第2試合結果

8月22日(土) マドンナスタジアム 開始 11:20(試合時間 1時間52分) 主管 四国学院 観客数 130人 イニングスコア 四国学院=|100|000|000|1 高知大学=|010|400|000|5 バッテリー 四国学院=●小久保、重村-大下 高知大学=○柴田翔-加賀爪 二塁打=黒田、原、平山(四学)小笠原(高知) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=なし 野選=小久保(四学) MVP=柴田翔(高知) VP=小笠原(高知)重村(四学) 審判=(大西、石川、早川、弓立) 記事= 先攻の四学大は初回、1番黒田が左中間を破る二塁打で出塁し、犠打で一死三塁とするも、ファーストゴロで本塁アウトとなり好機を逃す。しかしその後、4番原の打席がライト前へのテキサスヒットとなり二塁へ。再び好機を作り出し、死球と失策を経て1点を先制する。対する高知大は2回、四球で出塁し犠打で一死二塁とすると、8番小笠原が右中間への適時二塁打を放ち同点に追いつく。 試合が動いたのは4回。高知大は連打で無死二塁の好機を作り出す。7番田中の犠打が野選となり無死満塁とすると、次打者小笠原が四球を選び、押し出しで逆転に成功。続く薮井のレフト前適時打と、藤田の犠牲フライ、片山のレフト前適時打、加えて相手の失策が絡み、計4得点。一気に四学大を突き放した。その後先発の小久保に変わって重村が登板。5回以降継続を一安打に抑える。 反撃を狙う四学大は、6回に先頭出塁・走者二塁、と2度…

続きを読む