2016四国インカレ1回戦四学大対徳文大試合結果

1回戦第2試合 7月2日(土) 春野総合運動公園野球場 開始 11:28(試合時間 01時間44分) 主管 四国学院 観客 86人 イニングスコア 四国学院=000|062|0|8 徳島文理=000|000|0|0 (7回コールド) バッテリー 四国学院=○土田-古谷 徳島文理=●小松、山本-山本、藤原 二塁打=桝田、古谷(四学) 三塁打=伊藤(四学) 本塁打=なし 暴投=山本2(徳文) 捕逸=山本(徳文) 野選=なし 審判=(秋友、川江、立野、小松) 記事= 2014年の四国インカレ以来、2年振りの対戦となったⅠ部2位校の四学大とⅡ部3位校の徳文大。 先攻の四学大は、四球や失策で毎イニング出塁を重ねるが、どれも得点に結びつかないまま試合は中盤へと差し掛かる。 ここまで拮抗していた両者だが、松堂・山城の沖縄コンビが単打で出塁し一死1・3塁とすると、本日2本目となる桝田の安打が適時打となり、ようやく1点を獲得。徳文大は捕手の山本を投手へシート変更するも、続くクリーンナップの原・古谷が連打で走者を帰し、その後四球と失策も重なってこの回一挙に6点を奪われる。更に6回、四学大は伊藤・古谷の長打と相手の失策が絡んで2点を追加。8-0となり、大会規定の7回コールドで四学大が勝利した。 徳文大は奮闘したものの、四学大先発の土田を打ち崩せず13個の三振を奪われ、準決勝進出へは届かなかった。 MVPには4打数3安打2打点の古谷(四学)が、VPには7回を完投し3安打13奪三振の土田がそれぞれ選ばれた。 上記の結…

続きを読む

2016四国インカレ1回戦高知大対徳島大試合結果

1回戦第3試合7月2日(金)、高知春野球場8:56分開始(試合時間1時間44分)主管 高知工科大学 観客数 60人イニングスコア高知大学=000|240|2||8徳島大学=000|000|0||0(7回コールド)バッテリー高知大学=○道原ー松下大徳島大学=●島、吾郷ー酒井、谷岡二塁打=尾谷、薮井②(高大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=酒井②(徳大)野選=なしMVP=尾谷(高大)VP=薮井(高大)審判(大上、立野、久武、川江 )記事=四国インカレ2日目。高知大と徳島大の一戦。序盤はスコアボードに0が並ぶなか試合が動いたのは4回高知大の攻撃。2アウトから5番高木が内野安打で出塁すると、6番尾谷が左中間への二塁打を放ち先制する。続く薮井のレフト線への二塁打でさらに1点を追加する。5回には四球で出塁すると足を絡めた走塁で相手のエラーを誘いこの回一気に4得点とする。対する徳大は四球や安打でランナーを進めるもあと一本が出ずチャンスを逃してしまう。高大はその後も勢いを落とすことなく7回にも2点を追加しコールドゲームで試合を終えた。上記の結果、7回コールドで高知大学が準決勝進出。MVPには公式戦初出場で2安打2打点を挙げた1年生尾谷(高大)が、VPには2塁打2本、3打点を挙げた薮井(高大)がそれぞれ選ばれた。(写真はMVPに選ばれた高大 尾谷)(報告者=高大 鎌村)

続きを読む

2016四国インカレ1回戦高工大対香川大試合結果

1回戦第1試合7月1日(金)、高知春野球場11:53分開始(試合時間2時間01分)主管 高知工科大学 観客数 120人イニングスコア高知工科=001|130|4|9愛媛大学=001|100|0|2(7回コールド)バッテリー高知工科=○八原、青木ー宮田香川大学=●上西、大原、田内ー湯田二塁打=喜多(高工)三塁打=大和(高工)本塁打=なし暴投=上西(香大)捕逸=宮田(高工)野選=なしMVP=八原(高工)VP=山本卓(高工)車谷(香大)審判( 川江、大上、立野、伊藤)記事=四国インカレ1日目。高工大と香川大の一戦。先攻、高工大は思うようなバッティングが出来ずなかなか出塁が出来ない。後攻の香川大も1回の裏、山口のヒットが出るものの車谷のセンターフライを確実に捉えた先田竜がそのまま一塁に送球、山口をアウトにし、両者得点を許さず試合は進んだ。3回の表、大和が三塁打を打ち流れに乗ると、山川の単打で生還、先制点を獲得した。3回の裏に死球で出塁した國光が、藤本の犠打、失策、窪田の犠打により生還。高工大に追いつく形となる。4回表、先田竜の単打、西本大の犠打、土屋の単打などを重ね、追加点を獲得。一方、香川大も車谷の単打、濱田の単打などにより再び高工大に追いついた。両者一歩も引かず、緊迫した試合が続いた。5回の表、ついに試合が動き始める。高工大の大和が単打で出塁、その後失策や、暴投、四球により満塁となると喜多の二塁打で2点を追加。さらに先田竜の犠飛により、さらに1点獲得した。追いつきたい香川大だったが、テンポよく安定した…

続きを読む

2016四国インカレ1回戦松山大対鳴教大試合結果

1回戦第2試合 7月1日(金)高知春野球場 14時27分開始(試合時間2時間15分) 観客数 111人 イニングスコア 松山大学=120|002|000||5 鳴門教育=000|000|000||0 バッテリー 松山大学=○渡辺、平山、玉木-安藤、福田 鳴門教育=●安丸、山口、田原-岩崎 二塁打=安藤 (松大) 三塁打=なし 本塁打=なし 暴投=なし 捕逸=なし 野選=なし MVP=安藤(松大) VP=渡辺(松大)、なし(鳴教) 審判(秋友、立野、大上、川江) 記事=インカレ初日第2戦は新チームとなり今年こそは強豪復活の兆しを見せたい松山大と春の二部優勝校の鳴門教育大の対戦となった。 試合は初回から動く。先攻の松山大は先頭の藤堂が四球で出塁するとすぐさま盗塁を決める。その後パスボールにより三塁へ進むと3番田原が左前適時打を放ち先制する。松山大は続く2回にも2点を追加し鳴門教育大の好投手安丸から序盤に3点をもぎ取った。 反撃に出たい鳴門教育大は4回と7回に二死満塁のチャンスを作るが、あと一本が出ず点に結びかない苦しい試合運びとなってしまった。最終回にも鳴門教育大は児玉、宇良の単打で二死1、3塁のチャンスを作るももの最後は松山大玉木が三振で試合を締めくくり、結果5-0で松山大が準決勝へとコマを進めた。 MVPには3打数2安打3打点の安藤(松大)が、 VPには6回無失点の渡辺(松大)が選ばれた。 写真はMVPの安藤(松大)、VPの渡辺(松大)、先発の安丸(鳴教) (報告者=松大 檜垣)

続きを読む