2016秋1部四学大対高工大第1試合結果

8月27日(土)香美球場12:56開始(試合時間2時間7分)主管 高知工科大学 観客数47人イニングスコア四国学院=000|000|000|4|4高知工科=000|000|000|0|0(延長10回)バッテリー四国学院=○小久保、藤岡ー古谷高知工科=●中村ー山川二塁打=原(四学)、西本大(高工)三塁打=山本卓(高工)本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=小久保(四学)VP=桝田(四学)、中村(高工)審判(秋友、立野、高橋、伊藤)記事=第一戦で勝ち点を奪えなかった同士の一戦。勝ち点を取って流れに乗りたい両チームの先発ピッチャーは、四学大の小久保、高工大は中村。1回の表、流れを掴みたい四学大の先頭山城は中前ヒットで出塁するも、後続が断ち切られ無得点。同様に、高工大の先頭平岡が中前ヒットで出塁するも無得点に終わる。3回終了まで両者一歩も譲らない。 4回の表、四学大の原のレフト線二塁打、桝田のセカンド内野安打で走者1,3塁のチャンスを作る。しかし、高工大の中村が気迫あふれるピッチングで得点を許さなかった。先制点を取りたい高工大は、四球により先田竜が出塁すると続く西本大のレフト線二塁打、続く清水が四球により満塁となる。本日2打席2安打好調の平岡にチャンスが回るも三振に抑えられ、続く山本卓も左フライに打ち取られ、チャンスをものに出来なかった。 8回の裏に二死から山本卓が右中間を切り裂く三塁打を放ち、再び得点のチャンスを作るも、またも小久保に喜多が左フライに打ち取られた。両者無得点のまま、9回を終了…

続きを読む

2016秋1部松山大対愛媛大第1試合結果

8月27日(土)坊っちゃんスタジアム 9:57開始(試合時間 2時間 32分) 主管 松山大学 観客数 56人 イニングスコア 愛媛大学=020|110|100| 5 松山大学=000|020|000|2 バッテリー 愛媛大学=(勝)田中宏、勝田ー乗松 松山大学=(負)平山、越智、篠原ー安藤 二塁打=乗松、栗林(愛大) 三塁打=南(愛大) 本塁打=なし 暴投=勝田(愛大)、平山(松大) 捕逸=なし 野選=なし MVP=南(愛大) VP=西島(愛大)、鵜足(松大) 審判=(高木、上田高、上田幸、早川) 記事= 松山大対愛媛大との第1回戦は試合は愛媛大がペースを握る。 2回表、5番今村の四球をきっかけに6番乗松の左二塁打で好機を作り、7番山本の右前適時打で2点を先制する。4回、5回にも着々も追加点を重ね7回にも、6回からマウンドに上がった越智(松山大)から2本の安打で追加点を奪い、ペースを愛媛大に持ち込んだ。 一方、松山大は相手先発の田中宏(愛媛大)から5回裏に2死から6番山西の右前安打で出塁し、続く7番鵜足も中前安打を放つ。安藤が三塁手の失策を誘い山西が生還。宗岡も左前安打で繋ぎ2死満塁とすると奥田の左前適時打によりさらに1点を返すも、生還を狙う2塁ランナーを愛媛大の堅い守備が流れを簡単に渡さなかった。その後田中宏を引き継いだ勝田(愛媛大)にも封じ込まれ序盤からペースを握った愛媛大が逃げ切り1戦目を勝利した。 MVPは長打を含む2安打2打点の活躍をみせた南(愛媛大)が、VPはダメ押しのきっかけを…

続きを読む

2016秋2部香高専対鳴教大第2試合結果

8月27日(土)、番の州球場、12:15開始主管 香川高等専門学校イニングスコア香川高専       =000|100|0|1鳴門教育大学=013|071|12バッテリー鳴門教育大学=○山口ー岩崎、高畑ー岩崎、桂ー岩崎香川高専       =●吉成ー村北二塁打=菊場(鳴教)×2、岡本(鳴教)、児玉(鳴教)三塁打=大石(鳴教)本塁打=なし暴投=なし捕逸=村北(香専)野選=なしMVP=宇良(鳴教)VP=大石(鳴教)、安藤(香専)香川高専 0勝4敗(通算 0勝4敗)(報告者=香専 武澤)

続きを読む

2016秋2部香高専対鳴教大第1試合結果

8月27日(土)、番の州球場、9:54開始主管 香川高等専門学校イニングスコア鳴門教育大学=330|710|2|16香川高専       =000|000|0|0バッテリー鳴門教育大学=○安丸ー岩崎、田原ー岩崎、吉田ー安岡香川高専       =●川崎ー濱口、加藤ー濱口二塁打=岡本(鳴教)、大石(鳴教)、児玉(鳴教)三塁打=高畑(鳴教)×2、花増(鳴教)、宇田(鳴教)本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=高畑(鳴教)VP=安丸(鳴教)、大塚(香専)香川高専 0勝3敗(通算 0勝3敗)(報告者=香専 武澤)

続きを読む

2016秋2部徳文大対徳大医第2試合結果

8月27日(土)みろく球場 試合開始12時45分 主管 徳島文理大学 イニングスコア 徳島文理=|000|010|021|4 徳大医学=|101|000|000|2 バッテリー 徳島文理=○山本-藤原 徳大医学=●別所、甲斐、肥田-平野 二塁打=加納(徳大医学)、小松(徳文)、山本(徳文)、 三塁打=花崎(徳大医学)、蓮井(徳文) 本塁打=なし 暴投=山本(徳文)、別所(徳大医学)、甲斐(徳大医学) 捕逸=宮前(徳文)、足立(徳大医学) 野選=なし MVP=山本(徳文) VP=別所(徳大医学)、小松(徳文) 徳島文理 1勝1敗(通算1勝1敗) (報告者=徳文 加村)

続きを読む

2016秋2部徳文大対徳大医第1試合結果

8月27日(土)みろく球場 試合開始10時00分 主管 徳島文理大学 イニングスコア 徳大医学=013|103|5|13 文理大=001|001|1|3 バッテリー 徳島文理=●小松、笠原、岡田-山本 徳大医学=○足立-肥田 二塁打=山本(徳文大) 三塁打=加村(徳文大) 本塁打=なし 暴投=足立(徳大医学)、小松(徳文大) 捕逸=木花(徳文大) 野選=なし MVP=足立(徳大医学) VP=花崎(徳大医学)、加村(徳文大) 徳島文理 0勝1敗(通算0勝1敗) (報告者=徳文 加村)

続きを読む

第二週見所~2016秋

夏の暑さ漂うマドンナスタジアムにて幕を上げた秋季リーグ戦は、愛媛大が香川大に2試合コールド勝利という結果で如才ない王者の安定感を見せつける中、最右翼であった四国学院が松山大に二連敗と早々に勝ち点を落とし、高知大と高工大は3戦目まで縺れ込んだ結果、高知大が勝ち点奪取。正に"乱世"を匂わせる荒れた開幕週となった。  今後の順位を左右し始める第2週は、坊っちゃんスタジアムにて松山愛媛・高知香川の4大学バトル。開幕戦を落としスタートダッシュに出遅れた四国学院と、1勝をとっている点で半歩前を行く高知工科は、香美球場にて“絶対に落とせない一戦”が繰り広げられる。  やはり注目すべきはともに開幕二連勝同士の愛松戦。早くもここで星の潰しあいとなり、負けられない戦いとなる。近年低迷に悩む松山大であったが、開幕2連勝という良い流れで私立カードをものにしたことから、このままの勢いで波に乗っていきたい。玉木・渡辺ら投手陣を軸として、松山大の特徴とも言える足を絡めた攻撃をどれほど発揮できるかが勝利への鍵となるだろう。開幕試合にて10奪三振の完封劇を見せ復活の左腕・平山の活躍にも期待がもてる。しかし、相手は王者愛媛大。佐藤・亀岡の新たな2本柱に加え、エース田中の登板も有り得る。打撃面では西島・南・西久保ら安定感ある上位打線、勝負強い乗松が中軸を締め、下位へ回っても繋ぐ意識が強い。第1週の戦いぶりから、走塁面においても警戒が必要。両校の機動力にも注目だ。  高知大と香川大は、厳しい試合展開を乗り切った高知大がやや優勢か。…

続きを読む