2016新人戦香川大対高知大2回戦

2回戦第4試合
11月12日(土)、松山大学久万ノ台グラウンド
14:09開始(試合時間1:24)
主管 高知大学
観客数70人

イニングスコア
香川大学=343|24|16
高知大学=000|00|0
(5回コールド)

バッテリー
香川大学=◯上西-湯田
高知大学=●尾谷、田中(利)、中山-矢須

二塁打=なし
三塁打=窪田、大杉、湯田(香)
本塁打=濱田、窪田A(香)
暴投=尾谷、田中(利)(高)、上西(香)
捕逸=なし
野選=なし
打撃妨害=なし
守備妨害=なし
MVP=窪田(香)
VP=濱田(香)

審判=(大西、高橋、小林、弓立)

記事=同日行われた徳島大との一戦を制し、勢いに乗った香川大は2回戦の高知大との勝負にも16-0の5回コールドと快勝した。先攻の香川大は、1回表、四球でランナーが出ると3番窪田の右線三塁打によって2点を先制し、更に盗塁など足を使った攻撃に加え、高知大の暴投、失策が吉となり計3点を奪う。更に、2回表、二死から9番吉門が中前安打を放つと、それに続く1番打者濱田の右超本塁打によって2点、四球でランナーが出ると、3番窪田が左超本塁打を放ち、この回も4点を追加し、7点差をつけた。追いつきたい高知大は、暴投や盗塁によって香川大の隙をつこうとしたものの、投手上西の好投の前に打線を機能させることができなかった。香川大は、その勢いを断ち切ることなく、3回にも5番大杉、6番國光の二者連続左前安打と7番春名の犠打で着実にランナーを進塁させると、8番湯田の右中間への三塁打と暴投によって3点を追加、4回には、5番大杉の右線三塁打、7番春名の右前安打で2点、5回には失策、四球に加え今試合2本目となる3番窪田の左越本塁打などによって4点を追加し、5イニングで計16点を奪い、高知大との勝負を制した。
MVPには、4打数3安打うち2安打は本塁打を放った窪田(香)が、VPには、足を積極的に使った攻撃に加え、本塁打を放つ長打力もある濱田(香)それぞれ選出されている。
IMG_7546.JPGIMG_7547.JPG

報告者=河野(香川大)
posted by 四国六大学 at 23:31 | 新人戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016新人戦松山大対香川高専2回戦

2回戦第4試合
11月12日 (土)、松山大学久万ノ台グラウンド
12:02開始 (試合時間1:45)
主管 松山大学
観客数 50人

イニングスコア
松山大学=101|221|5|12
香川高専=000|000|0|0
(7回コールド)

バッテリー
松山大学= (勝) 土佐 - 福田、平岡
香川高専= (負) 川崎、平松、加藤- 村北

二塁打=(松)斎藤、平岡
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=(香専)川崎、平松
捕逸=(松)福田
野選=(香専)武澤
打撃妨害=なし
守備妨害=なし
MVP=土佐(松)
VP=斎藤(松)

審判=(高橋、高木、小林)

1回表、松山大の攻撃は相手のエラーから1死1、2塁のチャンスを作ると、4番斎藤が左中間適時二塁打を放ち松山大が先制をする。2回以降も着々と追加点を奪い5回終了時で6-0とし、試合を有利に進めた。一方、香川高専の打線は松山大土佐の前に4回まで無安打に抑えられる。5回に初安打を放つも後続が続かず得点することが出来ない。その後も、松山大土佐は緩急をつけた投球で香川高専打線に付け入る隙を与えない見事な投球を見せた。松山大は6回に香川高専先発川崎に変わり2番手の平松の立ち上がりを攻め、先頭が四球で出塁し、送りバントで得点圏にランナーを進めると4番斎藤の右前安打の間にランナーが生還し7-0とさらにリードを広げる。7回にも追加点をあげた松山大が12-0と勝利を納めた。
この試合、MVPには2安打完封勝利の土佐(松山大)、VPには、4打数2安打の斎藤(松山大)が選ばれた。
報告者=山内(松山大)

写真はMVPの土佐(松大)と先制打を放つVPの斎藤(松大)、香川高専の先発の川崎
image1.JPGimage2.JPGimage3.JPG
posted by 四国六大学 at 22:26 | 新人戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016新人戦愛媛大対徳大医1回戦

11月12日(土)
愛媛大学山越グラウンド
12:00開始(試合時間1時間18分)
主管 愛媛大学 
観客数 50人

イニングスコア
愛媛大学=352|02||12
徳島大医=000|00||0
(5回コールド)

バッテリー
愛媛大学=○田中涼、勝田−村瀬、吉森
徳島大医=●福間、小丸、椿野−平野

二塁打=今村、宇和川(愛大)
三塁打=山田、澤谷(愛大)
本塁打=澤谷(愛大)
暴投=なし
捕逸=平野A(医大)
野選=なし
MVP=澤谷(愛大)
VP=田中涼(愛大)、なし(医大)
審判( 石川、室野、上田)

記事
平成28年度新人戦トーナメント 愛媛大学と徳島大学医学部の初戦 。 先攻の愛媛大は相手のミスで満塁のチャンスを作り4番・今村の犠牲フライ、6番・山田の左中間適時三塁打で3点を先制する。続く2回もチャンスで4番・今村 5番・宇和川の二者連続適時二塁打で5点を追加する。愛媛大の勢いを止めたい徳島大医は3回に先発投手・福間から小丸に交代するが先頭・村瀬が左前安打を放ち、1番・澤谷の左中間適時三塁打により追加点を上げる。徳島大医の椿野の好投により愛媛大の4回の攻撃は無得点に抑えられるが、5回澤谷の左越本塁打により追加点を上げる。徳島大医の攻撃は愛媛大の守備のミスでランナーを出すも先発・田中涼、最終回に登板した勝田の好投により無安打に抑えられ無得点となった。よって打線が爆発した愛媛大が12-0で5回コールド勝ちとなった。MVPには全打席出塁、本塁打を含む2本の長打で攻撃に勢いをつけた澤谷が、VPには4回を無安打無得点に抑えた田中涼がそれぞれ選ばれた。(報告者=愛大 石丸)
1478953886790.jpg1478953884994.jpg
posted by 四国六大学 at 21:41 | 新人戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016新人戦 高工大対徳文大1回戦


1回戦第1試合
11月12日(土)、愛媛大学山越グラウンド
9:20開始(試合時間2:04)
主管 高知工科大学     観客数 55人

イニングスコア
高知工科=000|001|502|8
徳島文理=000|000|000|0

バッテリー
高知工科=○八原、岩城、鶴岡ー宮田
徳島文理=●小松、笠原、山本ー高木

二塁打=岡本祥(高工)、山口(高工)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=小松(徳文)
捕逸=なし
野選=なし
打撃妨害=なし
守備妨害=なし
MVP=八原(高工)
VP=岡本祥(高工)
審判( 稲葉、弓立、室野 )

記事=
先発ピッチャーは、高工大は八原、徳文大は小松。高工大は5回まで毎回ランナーを出すものの得点が遠い。対する徳文大も好投する高工大八原を前に5回までヒット2本に終わる。6回表、高工大は1死からクリーンナップに打順が回る。死球、二失、四球で満塁とすると、6番宮田の中前安により先制点を獲得。7回表には、先頭打者の下元が四球で出塁。一失でランナー1・3塁のチャンス。直後、小松の暴投で追加点を獲得。その後、四球により、尚もランナー1・3塁の場面が続く。続く2番山口が左二塁打を放ち3-0とする。その後四死球、犠飛により高工大はこの回一挙5点を追加。流れを変えたい徳文大は8回裏、2死から、9番木花が四球を選び出塁。続く1番岡田、2番高木が四球を選び満塁、絶好の場面。しかし3番山本が遊ゴロに打ち取られ無得点に終わる。9回表、高工大はランナー1・2塁の場面で5番永野が犠打を成功させ、続く宮田の犠飛、また三失により2点を追加。9回裏、なんとかチャンスを作りたい徳文大だが、二者連続空三振に抑えられる。6番藤原が中前安打を放つが、7番浅井も空三振に封じられ試合終了。8-0で高工大が勝利した。
MVPには好投し流れを引き寄せた八原(高工大)、VPには全打席出塁の活躍をみせた岡本祥(高工大)がそれぞれ選出されている。

MVP=八原(高工大)
1478945006033.jpg
VP=岡本祥(高工大)
1478945282032.jpg

(報告者=高工 佐藤)


posted by 四国六大学 at 19:11 | 新人戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016新人戦香川大対徳島大1回戦

1回戦第2試合
11月12日(土)、松山大学久万ノ台グラウンド
9:23開始(試合時間2:10)
主管 香川大学
観客数40人

イニングスコア
香川大学=000|034|010|8
徳島大学=000|011|300|5

バッテリー
香川大学=◯藤本、佐々木-湯田
徳島大学=●圓藤、島-酒井、谷岡

二塁打=大原、春名(香)、滝口(徳)
三塁打=吾郷(徳)
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=なし
野選=なし
打撃妨害=なし
守備妨害=なし
MVP=吉門(香)
VP=春名(香)、滝口(徳)

審判=(高木、小林、大西)

記事=
松山大学久万ノ台グラウンドで行われた新人戦の1回戦第2試合、香川大対徳島大は8-5で香川大が勝利した。序盤、両校とも投手が粘りのピッチングを見せ無得点のまま5回をむかえると先攻の香川大は先頭打者春名の右線二塁打を皮切りに2番吉門、3番藤井の連続右前安打で3点を先制する。追いつきたい徳島大は、ボークと失策によって得点圏にランナーを進めると、7番滝口の左線の二塁打によって1点を返す。しかし、6回に六者連続安打によって更に4点を追加した香川大。なんとしてでも一矢報いりたい徳島大は6、7回に四死球による押し出し、失策によって4点を奪うも逆転打となる一本が出ず香川大がリードを守りきったまま、8-5で試合終了となった。
MVPには、先制の一打となるタイムリーヒットを放った吉門(香)が、VPには3打数3安打でチームに勝利を導いた春名(香)と、徳島大の攻撃に勢いを与える一本を放った滝口(徳)がそれぞれ選出されている。

報告者=河野(香川大)
posted by 四国六大学 at 14:44 | 新人戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする