PB2016 vol.4〜秋のポストシーズン

進化が加速する秋のポストシーズン

 レギュラーシーズンが終了し、各大学少しずつ来季へ向けた動きを見せるポストシーズン。香川県にて開催された社会人交流戦では、約2週間後に中四国大会を控えた秋季優勝校の愛媛大学と、今年度よりリーグ戦優勝校に並んで社会人交流戦への参加が決定した特別編成チームの四国六大学選抜が参加。秋季2位校の松山大・井上監督、田原主将を筆頭に社会人へと挑む。
相手は都市対抗野球選手権出場の四国銀行、日本選手権出場のJR四国と、ワンランク上のチームとの対戦に両チーム一層団結を増したのではないだろうか。
 交流戦1日目、愛媛大対JR四国は中盤まで両者譲らず均衡な戦いを見せていたが、JR四国野尻の適時打で先制点を上げる。対する愛媛大は、6回に西島が四球で出塁すると得意の足を絡めた攻撃ですぐさま同点に。しかしそこは社会人チーム、JR四国は3番小林の二塁打ですかさず1点を追加し、愛媛大に隙を与えずそのまま勝利をおさめた。
第2試合。四国銀行対四国選抜は、先発の左腕平山(松山)が5回を投げ、140km越のストレートとキレのある変化球を武器に7奪三振の好投をみせる。短期そして即席のチームではあるが、各大学の主力選手が集められただけあって、各々が常に周りを意識し、補い合う力に長けていたように思う。勝利とまではいかなかったものの、社会人を相手に引き分けへと持ち込むことができた。
 2日目は場所を移し四国学院大グラウンドにて開催。前日の雨天の影響でグラウンド状態が心配されたものの、早朝からの整備によって予定通り定刻に開始することができ、連盟員・部員共に運営面においても年々スムーズな動きが出来るようになっていく。
第1試合は四国銀行対愛媛大学。昨日は敗戦に終わったものの、先制点をあげたのは愛媛大。愛媛大投手陣を率いる一角となった佐藤の好投により、四銀はなかなか得点をあげられない。愛媛大は中盤に追加点を重ね四銀を突き放したかのように思えたが、その裏に同点へと追いつき、試合は振り出しへ。同点のまま試合は終了し、愛媛大は1敗1分の成績に終わる。四国六大学 社会人交流戦
第2試合、四国選抜対JR四国は四学大エースの小久保が先発。4回まで無失点の好投をみせるがスクイズで先制点を奪われ、中盤から追う展開に。動きを見せたのは8回、今年度の四国選抜を主将として牽引する田原(松山大)が代打で打席に立つと、同店犠飛打で繋ぎ自分の役割を果たしたが、惜しくも逆転には及ばず、前日同様引き分けで試合を終え、2日間の特別チームは終了した。
 社会人交流戦を終え、自チームを離れて他大学選手・スタッフと交流を深めたことにより、連盟員も含め学びの多い2日間となった。このような活動が連盟全体のレベルアップに繋がることを期待する。だがしかし戦力では、食らいつく力強さ・安定した投手力は感じられたものの、打撃面にやや課題が残る試合だったように思う。四国六大学選抜(社会人交流戦)
 中四国大会を終え迎えた11月。この時期の恒例行事となった新人戦。近年、勢力伯仲となった四国六大学リーグにおいて、秋季で惜しくも二部降格となってしまった香川大が、若いチームながら一部大学を差し置き優勝を決め、最短でのT部復帰の決意が感じられた。
 初戦の徳島大に勝利すると、そこからテンポ良く高知大に大差でコールド勝利。インカレ優勝・秋季2位と着々とチーム力を向上させてきた松山大相手にも一得点も許さず、決勝戦へとコマを進める。同じく勝ち上がった四学大は準決勝・愛媛大との熱い投手戦を制し、香川大との同県対決で新人戦初優勝を目指す。
初回こそ無得点で終えたものの両大学着々と点を重ね、4対4の同点で迎えた5回。四学大が野選と失策で2点を追加し均衡を破ると、試合はそのまま最終回へ。攻めの姿勢で相手の隙を突き2点差まで詰めよった香川大は、中心選手の一人である春名のサヨナラ安打で、香川大に軍配が上がった。
PicsArt_11-13-09.10.23.jpg IMG_7546.JPG
 四国地区連盟は集客・運営・広報、様々な面で他連盟に比べてまだまだ未熟といえるが、徐々に学生主体の動きへと移り変わり、連盟員同士で話し合いの場を設け、新たな取り組みやアイデアを練る機会を生んだりと、積極的な活動を行っている。来季はより一層、各々が「自分にできることは何か?」を考え、向上心を持って運営に取り組み携わっていきたい。少しずつではあるが、どんどん生まれ変わっていく四国の野球・四国連盟に期待してほしい。
(記事作成=四学大 猪野)
IMG_9133.jpg IMG_4445.jpg
posted by 四国六大学 at 03:00 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PB2016 vol.3〜秋季リーグ

激闘の連続、波乱に満ちた秋

天候に恵まれず、第7週目までもつれ込んだ秋季リーグ。悪天候に泣かされながらの激動の結果、「乱世の秋」と題されるにふさわしいリーグとなった。
春季リーグに続いて優勝を手にした愛媛大学はリーグ8勝で勝点4を得たものの圧倒的な勝利ではなく苦戦を強いられた仲、安定した攻撃スタイルで結果を残した。ベストナイン(二塁手)及び驚異の18盗塁数で最多盗塁を獲得した西島、投手陣を的確な指示で支えた乗松などの経験豊富な上級生のリードが、春季リーグに続いての優勝をもたらしたといえよう。同じく8勝を上げ、優勝まであと一歩というところで惜しくも手の届かなかった松山大学。1敗からの高工大との対戦ではコールド2連勝と底力を見せつけ、2位へと漕ぎつけた。打率0.468という首位打者の田原を筆頭に、最多タイの4勝を挙げた平山、ベストナイン(一塁手)の小松たちの活躍により着実にあと一歩という差を埋め復活に向けて確実に上向いている。3位の高知大学は持ち前の守備力と、細かい継投で試合展開をした。それに加え愛大1回戦対戦時に初回先頭打者ソロ本塁打を放つなど前評判通りの好打者の柴田、最多打点を獲得した藤田など定評のある攻撃陣の連打でチャンスを確実に物にし、最下位争いを見事に脱し巻き返しに成功した。春季リーグ2位からこのリーグ4位と順位を落としてしまった四国学院大学。3割を超える打率を残した主将の原、テンポの良いピッチングと圧倒する気迫でリーグ最多タイ4勝を挙げた小久保、153qを計測し注目を浴びた岡上などタレント揃いであったが、今一つ歯車がかみ合わず厳しいリーグ展開となった。しかし、相手の隙を見逃さず一気に畳みかける攻撃力の高さは健在であり、2017年は四国学院中心の戦いとなることが予想される。得点リーグトップの70得点を獲得するも、それと同時にリーグワーストの73失点を許し結果5位となった高知工科大学。打率リーグ2位0.449の西本大(三塁手)、0.392の打率と盗塁刺10を記録した山川(捕手)、新戦力の山本卓(遊撃手)、外野手、投手と二刀流をこなした先田竜(外野手)が1部に昇格し初のベストナインを獲得した。このままの熱い打線に加え、投手陣の立て直しが来春のリーグでの勝利の鍵を握るだろう。高工大との闘いの末、リーグ最下位となった香川大学。上西を皮切りに試合を作れる投手が多く、試合の基盤となった。切れ目のない打線を活かした試合展開が魅力の香川大学。あと一本という場面を多く迎えるも、力及ばずの入替戦に臨む結果となった。
入替戦、絶対に負けられない香川大学との対戦は1部復帰を悲願する鳴門教育大学。第1回戦、鳴教大のエース安丸を前にあと一本が出ず、先制のチャンスを逃す。その反面、四球による出塁、一死二塁の場面で1番岩崎の中安打が相手のエラーを誘い、先制をした鳴教大。勢いに乗り4回にも1点追加、その後さらに2点を追加し流れを引き寄せそのまま勝利した。続く2回戦、香川大学は1部の意地を見せる。鳴教大に3回裏0-3と差をつけられてしまうが、4回表に3番車谷が左前安打で出塁、4番久保田の右線二塁打、5番吉門が死球で出塁し無死満塁のチャンスを作る。それを逃すことなく6番大杉の犠飛、8番春名の右前安打で2点を返し、9番近藤の左線への三塁適時打で追加点2点を獲得し逆転勝利を収めた。
 1勝1敗で迎え、勝者が1部リーグへの切符を手にする運命の3回戦。1.2回両者得点を許さず緊迫した試合となる。動いたのは3回表、鳴教大は先頭四球から無死満塁のチャンスを迎える。そのチャンスを逃すことなく5番岩崎、6番大石で2点獲得。指名打者菊場を抑え、その後も抑えたい香川大だったが、8番児玉に走者一掃の満塁本塁打を浴びた。投手を井島に変えるもさらに2点を追加され、8得点を許してしまった。その裏、追いつきたい香川大1番濱田が左安打で出塁し、満塁のチャンスを作る。相手の死球と失策も重なり、3点を返した。この流れのままいきたい香川大は6回で1点追加、7回に3連続安打で出塁と1部の意地をみせ、併殺打の間に1点を返すもその後追加点が得られず8-5で鳴教大が逃げ切った。

 上位チームの接戦、鳴教大の1部復帰など、天候に左右されながらも終えたこのリーグはまさに乱世の秋であった。上位チームと下位チームの差はまだあるものの、各大学は着実に力をつけておりその差は以前よりも縮まっているように感じる。好機をいかにモノにできるか、また、安定したパフォーマンスがどれだけできるかが重要になってくるだろう。このリーグで学んだことを以降のリーグに活かすことが出来れば今秋以上に心を弾ませるものになるだろう。
 また、リーグ運営では情報の共有、共通認識の重要性を改めて感じることが出来た。予期せぬ事態に素早く対応したりスムーズな運営をしたりするためには大学間での連携をしっかりとり、先を予測しておくことの大切さを学んだ。四国六大学リーグを盛り上げていくために、徹底しなければならないものの共通認識を大切に新しい発想も交え、今後、実現出来るように話し合いを重ねていきたいと思った。よりよいものとなるようにこのリーグの運営で学んだことをリーグ戦の面と共に以降のリーグに活かしていきたい。
(記事作成=高工 別宮)
無題.png IMG_20160917_164452.jpg IMG_20160916_175731.jpg image-b7efe.jpeg image2.JPG image3.JPG
posted by 四国六大学 at 04:00 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PB2016 vol.2〜四国インカレ

松山大がリーグ戦上位の大学を破り2年連続で栄冠をつかむ

四国4県持ち回りで開催される四国インカレが今年度は高知県春野球場で開催された。
四国インカレは新人戦と同様、年に2度しかない1部と2部が同じ大会で戦うトーナメント戦である。春季リーグ戦をもって4回生が引退した殆どの大学が新戦力を加えた新チームが編成されてから初めての公式戦となった。
一回戦全4 試合中3試合がコールドゲームとなった中、唯一コールドゲームにならなかった、一部4位の松山大対二部1位の鳴教大の試合。鳴教大が敗れはしたものの二死満塁、二死一、三塁など好機を作り1部相手でも十分に戦える実力があることを見せつけた。今思えば1部への復帰へのプロローグとなった試合であるだろう。来年度春季リーグでも飛躍が期待される。
準決勝は春季リーグ上位4大学が順当にベスト4へコマを進めた。松山大対愛媛大ではランナーが出塁すると長打で確実に得点につなげた松山大と出塁をするもあと一本が出なかった愛媛大とで命運が分かれ8回コールド、第二試合の高知大対四学大では2点適時打で先制した四学大に小技などで同点に追いついた高知大だったが失策による失点が決勝点となり松山大と四学大がそれぞれ決勝戦へ。前年度に引き続き2年連続の松山大と準決勝で高知大との接戦を制した四学大の私学対決となった。両チームとも打線が振るわず7回までスコアボードに0が並ぶ緊張感の続く投手戦となった。8回に均衡を破り先制した松大の1点が決勝点となり松山大1−0四学大という決勝戦にふさわしいゲーム展開となった。
春季リーグ戦4位と苦戦を強いられた松山大学が準決勝、決勝では春季リーグ1,2位の愛媛大、四学大を撃破し2年連続の優勝で栄冠を手にした。
年に1度の四国地区大学体育連盟が主催で開催される四国インカレ。今年度の運営担当は高知大だったため必要物品の準備や選手名簿の作成、当日の流れなど大学の職員の方と半年以上の打ち合わせを行い無事3日間ある大会のすべての日程を終えることができた。リーグ戦の1か所開催、インカレや新人戦のトーナメントの実施、1つの大会がどれほど多くの人の協力と準備があって成立しているのか、普段のリーグ戦で他大学の方がされている運営の大変さ、重要さをスタッフは実感し、四国六大学の運営面でのレベルアップしていかなくてはならない責任を身に染みて感じることのできる大会となった。

(記事作成=高大 立野)
shikokubaseball-2016-07-03T203A303A22-3[1].JPG

0703四国インカレ
松山大学VS四国学院大学
#優勝の瞬間 20160702  インカレ
高知工科大学vs愛媛大学
(撮影/四学MG・荒瀬)

#高知工科大学#愛媛大学#大学野球#野球
#baseball 20160703  インカレ
松山大学vs四国学院大学

四国学院大学
主将 /  原 (3年) (撮影/四学MG・荒瀬)

#四国学院大学#野球#大学野球
#baseball#キャプテン#主将 20160703  インカレ
高知大学vs四国学院大学

#高知大学#四国学院大学#インカレ#野球
#大学野球#baseball IMG_3127.jpg image3.JPG
posted by 四国六大学 at 03:00 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PB2016 vol.1〜春季リーグ

僅差の戦いの激戦を百戦錬磨の愛媛大が制す!

 丸亀決戦で幕を挙げた2016年春季リーグ。香川、高知、愛媛と各県で1ヶ所開催が行われるという選手、マネージャーともに責任と情熱に駆られたこのリーグ。天候には、球春を歓迎しているかのようにグラウンドを照らしてもらい、順延無く日程を消化できたため、選手は緊張感の途切れない一月となったのではないかと思う。第二週目にして、秋季リーグに優勝争いを演じた愛媛大学と高知大学に加え四国学院の3チームでの覇権争いがほぼ決まる。リーグ後半戦は直接対決があるため、どのチームも負けられない熱戦が繰り広げられた。その中でも、優勝を一気に引き寄せた愛大四学第2回戦は2016年春リーグを代表する試合になったに違いない。7回まで2点のリードを許すも、8回裏に3点を奪い返し愛大が勝利した試合。投手を中心とした守備で我慢し作った流れを攻撃につなげる、愛大らしさが存分に発揮された試合だったように思える。そして、緊迫の4週目、盤石な試合運びで高知工科大学から勝ち点を得た愛媛大学に対し、負けられない高知大学は四国学院との死闘となった。四国学院の先勝も2試合目は高知大学のコールド勝ち。第3試合、優勝への望みをつなぐゲームは両エースの意地とプライドがぶつかり合う試合となる。試合終盤、四球とエラーから四国学院がチャンスを作り勝ち越し。その後高知大学は追いつくことが出来ず終戦。この結果から愛媛大学の春季リーグ二連覇が決まり秋季リーグの雪辱を果たした。最終週、愛媛大学は高知大学に二連勝し、10連勝、勝ち点5の完全優勝で秋季リーグの後から掲げてきた第一目標を達成。次は、全国ベスト8というチームゴールに照準を定めた。
2年連続の全日本大学野球選手権出場となった愛媛大学。全国ベスト8という目標を立て、冬を乗り越えてきた。試合会場は昨年同様東京ドームとなり、一年前の涙を晴らす機会を得た。高知工科大学の協力もあり、人工芝対策も十分に行い四国勢悲願の勝利を背負って東京ドームへと乗り込んだ。対戦相手は福井工業大学、オープン戦を行ったこともある相手でデータ班も対戦相手研究に熱が入りチームを支えた。試合は序盤、ともに1点を奪い主導権を譲らない。しかし、試合中盤、愛媛大学は緊張からかミスが出てしまい勝ち越される。その後は、調子付いた福井工大の先発に押さえ込まれ、愛媛大学エース田中の粘投むなしく、愛大24年ぶりの勝利、そしてチームゴールとしていた全国ベスト8は叶わなかった。試合を通して、ディフェンス面では全国と勝負することが出来ると証明できた。やはり、まだ差が出るのが攻撃陣。素振りを見ているだけでも、レベルの違いを感じることが出来る。四国にも好投手は多い。打線は好投手に引っ張られレベルが上がるのでまだまだ向上していくはずである。打撃陣がこの壁を乗り越え、後輩たちが全国1勝を手に取れると期待して、数人を残し4回生は引退となった。四国勢のチャレンジャーとしての立場はまだまだ続く。
 全34試合中9試合が1点差の勝負となった春季リーグ。下位チームと上位チームの一点差ゲームもあった。つまり、一部の六大学間では埋められないほどの大きな差は無いということだろう。ゲームの流れ、選手の調子などその日に決まるものが試合を決める要因になったものも多かったのではないかと思う。試合運び、1ヶ月を戦い抜く戦略を万全にすることで、以降のリーグではさらに順位の変動があるのではと感じた。
 また、リーグ運営についても各県1ヶ所開催があったことで、この経験を活かせていけるのではないかと思った。当然のことながら、各大学間の連携は運営を行う上で非常に重要になってくる。一番意識しなければならないと思ったのは、共通認識、そしてその確認である。自分自身、全日本大学野球選手権へ学生スタッフとして派遣され、スタッフの話し合いの多さ、細かな連絡と確認、明確な役割分担など、どれも運営を改善するために徹底すべきものはあると感じ学ばせてもらった。それらで生まれる共通認識のおかげでそれぞれが考えて、動けるようになるのではと考えさせられた。四国六大学野球リーグでも、インフォメーションデスクの充実、ライブ配信の工夫、SNSでの情報拡散などが効果を発揮しさらに盛り上がりを見せている。
 リーグ戦の面でも、運営の面でも更なる変革の時を迎えているのでは感じ、その上で大きく期待が膨らんだ球春となった。

(記事作成=愛大橋元)
写真で振り返る2016春季
愛媛大学、全勝優勝を決めた歓喜の瞬間

20160402観客席 20160402インフォメーションデスク

20160403高知工科vs高知大 20160403  3回裏。松山大学田原、2点タイムリー二塁打を放つ

20160403松山大vs四国学院 20160403愛媛大vs香川大
posted by 四国六大学 at 13:00 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレイバック2016〜序章

先月の愛媛県野球フェスティバルの活動で今年の公式行事は終了となりました。一年間、ご声援変わらぬご声援を頂き感謝申し上げます。
 このオフ期間の恒例となりましたオフ企画「プレイバック2016」記事を12月に順次掲載していきます。プレイバック記事を見ながら、過去の試合結果などをご覧頂き、この一年間を振り返って頂けましたら幸いです。本年より連盟の学生スタッフらが持ち回りで記事を作成しています。管理人の記載とは一味も二味も違う、当事者としての思いも感じられるものと思われます。
 本年も全国での一勝は叶わず、悔しい思いが残る年末ではありますが、連盟並びに加盟大学はあきらめることなく挑戦を続けています。

shikokutop20130520.jpg
posted by 四国六大学 at 18:00 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする