2017春1部2部入替戦香川大対鳴教大第3試合結果

5月21日 (日)アークバリア津田球場12:31開始 (試合時間 1時間51分)主管 鳴門教育大学観客数 65人 イニングスコア香川大=000|000|000| 0鳴教大=000|001|00X| 1 バッテリー香川大= ●上西ー湯田鳴教大= ○安丸ー岩崎 二塁打=松村(鳴教大) 三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=安丸(鳴教大)VP=松村(鳴教大) 上西(香川大)審判=(堀田、前田、尾崎、筒井) 記事=昨秋に続き第3戦までもつれ込んだ鳴教大と香川大の入替戦。第1戦、第2戦とがっぷり四つの試合展開。この試合が来季の1部の座を懸けた最終決戦となる。鳴教大は第1戦完投勝利の安丸、香川大は第1戦、第2戦に続き上西が先発。両チーム共にエースに命運を託す。命運を託された両エースはその期待に応える。鳴教大先発安丸は初回を三者凡退に抑えると、5回まで四球は出すものの安打は2回表の春名の1本のみに抑え無失点。対する香川大上西も3戦連続の先発、午前中に行われた入替戦第2戦に完投したにも関わらずこの試合も好投。5回裏には味方の失策と鳴教大9番龍野の安打などで1死1.3塁のピンチを招くが、鳴教大の拙攻でこのピンチを抑えこちらも無失点。エースの意地の投げ合いで両チーム無得点のまま試合は後半戦へ。6回表、香川大は三者凡退。その裏、鳴教大は先頭の宇良が三遊間を破り出塁。犠打で2塁に進める。ここで4番の菊場に打順が回る。第2戦で複数安打の鳴教大4番対3戦連続先発の香川大エースの対…

続きを読む

2017春1部2部入替戦鳴教大対香川大第2試合結果

5月21日 (日)アークバリア津田球場9:54開始 (試合時間 1時間50分)主管 鳴門教育大学観客数 53人 イニングスコア鳴教大=010|000|000| 1香川大=020|101|10X| 5 バッテリー鳴教大= ●田原、山口ー岩崎香川大= ○上西ー湯田 二塁打=菊場(鳴教大) 濱田、春名(香川大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=田原2(鳴教大)捕逸=なし野選=なしMVP=上西(香川大)VP=濱田(香川大)審判=(前田、尾崎、堀田、筒井) 記事=1部残留をこの試合で決めたい鳴教大と、なんとしても入替戦3回戦に望みをつなぎたい香川大の入替戦第2戦。鳴教大は田原、香川大は前日に続きエース上西の先発で試合が始まる。初回は両チーム無得点に終わるが2回表、鳴教大は先頭の菊場がレフトフェンス直撃の二塁打で出塁すると、岩崎、児玉の連続安打で先制する。なおも無死1.2塁と好機は続いたが、香川大先発の上西が3者連続三振に抑え、鳴教大の得点は1点のみに終わる。2回裏、先制を許した香川大であったがすぐさま反撃に出る。先頭の7番山口がバント安打で出塁。犠打、暴投で三進し2死となるが、打順がトップに戻り1番の濱田が右翼線二塁打を放ちまず同点。続く河本から適時打が飛び出し逆転に成功する。2回裏に逆転に成功した香川大はその後も着実に得点を重ねる。4回裏、またも先頭の山口が安打で出塁すると、犠打と鳴教大の失策で1点追加。6回裏は先頭の春名が中越二塁打で出塁。四球、バント安打で満塁とし、1死から濱田の犠飛で1点。7…

続きを読む

2017春1部2部入替戦香川大対鳴教大第1試合結果

5月20日 (土)アークバリア津田球場12:56開始 (試合時間 1時間55分)主管 鳴門教育大学観客数 48人 イニングスコア香川大=000|110|000| 2鳴教大=000|005|00X| 5 バッテリー香川大= ●上西ー湯田鳴教大= ○安丸ー岩崎 二塁打=湯田(香川大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=安丸(鳴教大)VP=安岡(鳴教大)審判=(小林、尾崎、忰山、筒井) 記事=4季ぶりの1部リーグ戦は苦戦が続き最下位となった鳴教大と、2部リーグプレーオフを勝ち上がった香川大の3季続けての顔合わせとなった入替戦1回戦。 鳴教大・安丸、香川大・上西の両エースの先発で試合が始まる。 序盤は両エースの好投で互いにスコアボードに0が並ぶ。試合が動いたのは4回表、香川大の攻撃。2死3塁の好機で4番窪田が二塁強襲内野安打を放ち1点を先取。続く5回表の香川大。先頭の春名が右前安打を放つと犠打で二進。この好機で8番湯田がレフトフェンス直撃の適時二塁打を放ち1点を追加。その後2死となるも走者2塁と好機は続き、香川大トップの濱田が中前安打を放つ。この一打で一気に本塁を狙った香川大であったが、鳴教大の中継プレーの前に本塁憤死する。鳴教大はこの回の香川大の追加点を最少失点の1で食い止めた。2対0でグラウンド整備を挟み試合は後半戦へ。6回裏、試合序盤は主導権を握れなかった鳴教大が反撃に出る。1死から5番岩崎が左前安打で出塁すると、児玉も左前安打で続き1死1.…

続きを読む

ポストシーズン見所〜2017春

ポストシーズン見所〜2017春1部2部すべての試合が終了し、遂に勝てば1部、負ければ2部という注目必至のポストシーズンが幕を開ける。昨秋、3季ぶりに1部へ昇格し、今春は1部でのスタートをきった鳴門教育大学。絶対的エースの安丸を中心に全員野球で挑んだものの、1部の大学の壁は非常に固く、打ち砕くことはできなかった。一方で2部からのスタートとなった香川大学は、第1週から順調に勝ち進んできたものの、最終週の対徳島大学戦では苦しい試合展開となり、プレーオフ戦にもつれこむ。手に汗握る接戦の末、何とか入替戦進出の切符を手にした。このカード、注目すべきはやはり鳴門教育大学のエース安丸と香川大学のエース上西の両エースがどれだけの好投を見せられるかではないか。そして、両エースにどれだけ食らいつけるかが見ものである。鳴門教育大学は、長打も打てる児玉や菊場、そして俊足の宇良を軸に持ち味の全員野球を見せて欲しいところだ。他方、香川大学は濱田、車谷、春名、河本、大杉など1番から9番まで打線好調な選手が揃う。入替戦でその実力を発揮できるか。3季連続顔を合わせることになった鳴門教育大学と香川大学。この大一番で勝利を手にすることができるのはどちらか。両大学の全身全霊をかけた試合に期待したい。◆入替戦鳴教大 対 香川大場所 さぬき市津田総合公園野球場1回戦 5/20(土) 13:00〜2回戦 5/21(日) 10:00〜予備日 5/21(日) 13:00〜※全試合ライブ配信予定

続きを読む

2017春 入替戦日程について

入替戦についてお知らせ致します。 1部6位の鳴門教育大学と2部1位の香川大学の入替戦の日程が決定致しました。 会場アークバリア津田球場 日時第1試合  5/20 (土) 13:00〜第2試合  5/21 (日) 10:00〜予備日程 5/21 (日) 13:00〜 日時、会場については上記の通りです。宜しくお願い致します。 報告者=(鳴教大 山口)

続きを読む

2017春1部高工大対松山大 第2試合結果

5月14日(日)香美球場試合開始9時56分(試合時間2時間12分)主管 高知工科大学観客数 97人 イニングスコア高知工科=000|000|201||3松山大学=000|001|000||1 バッテリー高知工科=◯中村、八原ー山川松山大学=●平山、鴻上ー安藤悠 二塁打=土屋(高工)、大和(高工)三塁打=なし 本塁打=なし暴投=なし野選=なし捕逸=なしMVP=中村(高工)VP=大和(高工)審判=(小松、立野、石本、秋友) 記事=ともに今リーグ最後の試合。勝ち点を獲得して最終戦を飾りたいところ。高工大の先発は中村、松山大は平山。初回から両先発投手の好投が光る。6回裏、松山大は先頭打者の岡本が中前安で出塁。その後一死1,3塁とし、この好機に3番奥田が左前安を放ち0-1。均衡を破る。7回表、高工大は5番先田竜が右前安、続く土屋が右越二塁打、さらに7番大和も右方向への二塁打を放ち、2-1、逆転に成功。9回表には山川が三内野安で出塁すると、続く先田竜が四球を選択。8番山口の一ゴロが失策を誘いその間に1点を追加。7回裏から登板した高工大八原も松山大に流れを譲らず、3-1で高工大が勝利した。MVPには6回被安打4本に抑えた中村(高工)、VPには逆転打を放った大和(高工)がそれぞれ選ばれた。 MVP=中村(高工)VP=大和(高工) 高知工科大学(通算 勝ち点3 8勝2敗) (報告者=高工 佐藤)

続きを読む

2017春2部プレーオフ香川大対徳島大第2試合結果

5月14日(日)、志度総合運動公園 12時41分開始(試合時間1時間55分) 主管 香川大学 観客数 65人 イニングスコア 香川大学 = 000 | 100 | 031 | 5 徳島大学 = 101 | 001 | 010 | 4 バッテリー 香川大学= 藤本、井島、○田内ー湯田 徳島大学= ●圓藤ー酒井 二塁打=橋本(徳大) 三塁打=春名(香大) 本塁打=濱田(香大) 暴投=井島(香大) 捕逸=なし 野選=なし MVP=濱田(香大) VP=井島(香大)、滝口(徳大) 審判=(尾崎英、尾崎勇、筒井) (香川大 2勝0負) (報告者 河野)

続きを読む