2017新人戦高知大対四学大1回戦第2試合結果

11月11日(土)久万ノ台グラウンド9:27開始(試合時間 2時間11分)主管 四国学院大学観客数30人イニングスコア高知大学=110|020|1||5四国学院=020|000|0||2(大会規定により時間制限で7回終了)バッテリー高知大学=○森山ー尾谷四国学院=●伊與木、濱川ー榎二塁打=尾谷(高大)三塁打=大石(高大)本塁打=なし暴投=なし捕逸=榎②野選=なし打撃妨害=なし守備妨害=なしMVP=森山(高大)VP=尾谷(高大)、なし(四学)審判(福住、大西、早川)記事=1.2年生のみのチーム編成で今年から行われる新人戦。高知大対四学大の試合、先制したのは高知大。1番柘植がセンター前ヒットで出塁し、すかさず盗塁しチャンスを広げると、3番尾谷がライトオーバーツーベースで先制する。2回表にも相手のミスで追加点を挙げ試合を高知大ペースに持ち込む。しかし2回裏に四学大が反撃に出る。四球とヒットでランナーを溜め7番藤本のタイムリーヒットで同点とし試合を振り出しに戻す。その後両チームともに投手が踏ん張りスコアボードに0が並ぶ。再び試合が動いたのは5回の高知大の攻撃。大石の左中間スリーベースヒットでチャンスを作り、相手のパスボールの間に生還し中盤で追加点を挙げる。反撃したい四学大であったが、先発の森山の緩急を用いたピッチングを打ち崩すことが出来ず試合終了。MVPには粘り強いピッチングで強力四学打線を抑えた森山(高大)がVPには先制打を放ち捕手としてチームを牽引した尾谷(高大)が選ばれた。(報告者=高大 佐野)

続きを読む

2017新人戦徳島大対高工大1回戦試合結果

1回戦第1試合11月11日(土)、愛媛大学山越グラウンド9時54分開始(試合時間1時間08分)主管 高知工科大学     観客数 55人 イニングスコア徳島大学=020|00||2高知工科=302|25||12(五回コールド) バッテリー徳島大学=●金城ー岡本高知工科=○羽藤ー宮田 二塁打=枚田、當田、丸井、宮田(高工)三塁打=京川(徳大)、國分(高工)本塁打=河原、喜多(高工)暴投=なし捕逸=なし野選=なし打撃妨害=なし守備妨害=池田(高工)MVP=河原(高工)VP=喜多(高工)審判( 稲葉、小林、 鷲谷) 記事=先発投手は、高工大は羽藤、徳島大は金城。初回の高工大は無死満塁から4番河原の犠牲フライにより先制点を獲得。続く國分のライト前適時打により走者が2人生還し、3-0とする。2回の表、徳島大は先頭打者の京川がセンター前安打を放つと次打者が続き一点を返し、3ー1とする。無死一塁から高工大は捕失、中前打と続き無死満塁の場面で9番岡の併殺崩れの間に三塁走者が生還し3-2とする。流れに乗りたい徳島大であったが、3回以降はほとんど出塁ができなかった。高工大が本塁打2本を放つなど1部の意地を見せる打線で徳島大を圧倒し、12-2の試合規定により5回コールドで試合終了。MVPには1本塁打3打点と勝利に大きく貢献した河原とVPにはダメ押しとなる本塁打を放った喜多が選ばれた。 MVP=河原(高工)VP=喜多(高工) (報告者=高工 長江)

続きを読む

2017新人戦について

第6回新人戦(2017)を下記の要領にて開催いたします。 今回より、出場資格を1・2年生で、リーグ戦(直近2シーズン)にて規定打席(投球)未到達者のものとしており、その条件を満たす大学のみでの実施となります。ご了承お願いいたします。 日時 2017年11月11日~11月12日 場所 松山大久万ノ台G・愛媛大山越G 出場大学 愛媛大、高知工科大、徳島大      四国学院大、高知大、松山大 組合せ ◆また参加大学がより多くの実戦機会を持つようにできるように、下記の試合を実施致します。 三位決定戦 11/12 9:30 久万ノ台G    山1-2の敗者vs久1-2の敗者五位決定戦   11/12  9:30   山越G    山1-1の敗者vs久1-1の敗者交流戦  11/11   第三試合 山1-1敗者vs愛媛大(山越G) 久1-1敗者vs松山大(久万ノ台き) 以上

続きを読む