第五週見所〜2018春〜

春季リーグ戦の流れを左右した4週目。 共に勝ち点が取れず最下位を脱するには負けられない鳴門教育大学対高知工科大学の試合は、高知工科大の打撃陣がついに目覚め、2試合ともコールド勝ちで快勝した。 優勝への天王山となった愛媛大学対四国学院大学との一位、二位対決は3戦目までもつれ込むも連覇を目指す四国学院大学が粘りを見せ辛勝した。 逆転優勝するには後がない高知大学と1つでも上位進出を目指す松山大学の試合は今リーグ初となるタイブレークまでもつれ込むも、優勝への意地を見せた高知大学が勝利した。 優勝校が未だ決しない混戦の春季リーグ戦は松山・坊ちゃんスタジアムで終末を迎える。 愛媛大学対高知大学の一戦は優勝の可能性があるだけに負けられない戦い。先週接戦をものにし勝ち点をあげた高知大学は流れに乗り、愛媛大学に襲いかかる。Wエースの上ノ薗、道原に加え、新たに左腕の松藤が加わり、高知大学の投手陣は幅が出た。今リーグ一番安定している投手陣と言っても過言ではない。一方打撃も1番名嘉真、2番薮井の足のある2人をクリーンナップがいかに返せるかが勝敗を分ける。下位打線に厚みが出たらさらに怖い打線になりそうだ。 レクザムで四国学院大学に負け勝ち点を落とした愛媛大学は切り替えて最終戦に挑めるかが重要である。地元ということで沢山の応援が予想されるなか応援の後押しで勝利を掴みとりたい。澤谷、太田らの強力、かつ俊足の上位打線、意地でつなぐ関口、吉森、田上の下位打線の機能が期待される。お家芸となった足技で高知大学の守備陣をかき乱し、四…

続きを読む