2018秋2部香川高専対徳島文理大第1試合結果

9月22日(土)、番の州G9時57分開始(試合時間1時間58分)主管 香川高専イニングスコア徳島文理=100|201|0|4香川高専=230|061|X|12(7回コールド)バッテリー徳島文理=●蓮井、澤田-藤原香川高専=○宮下-大林二塁打=斎藤(徳文)、澤田(徳文)、藤原(徳文)、蓮井(徳文)、大河(香専)、西村(香専)三塁打=藤原(徳文)、宮下(香専)本塁打=なし捕逸=なし野選=なしMVP=宮下(香専)VP=大林(香専)、澤田(徳文)記事=徳島文理は初回、1番岡田が安打で出塁しチャンスを作ると、4番斎藤の適時二塁打で1点を先制する。対する香川高専はその裏、1番吉田が四球で出塁し、2番大林が安打でチャンスを広げると3番西村の犠飛と4番宮下の適時打で2得点。すぐさま1点の勝ち越しに成功する。勢いに乗った香川高専はその後も得点を重ね、6回までで12得点。徳島文理打線は香川高専の先発・宮下を捉えきれず12-4で香川高専が勝利した。MVPには徳島文理打線を4点に抑え、勝利投手となった宮下(香専)が選出され、 VPには大林(香専)と澤田(徳文)が選出された。香川高専1勝0敗(通算2勝3敗)(報告者=香専 浜)

続きを読む

2018秋2部鳴教大対徳島大第2試合結果

9月22日(土)鳴門教育大学グラウンド12時57分開始(試合時間2時間22分)主管 鳴門教育大学観客数 50人イニングスコア鳴教大=032|000|000||5徳島大=002|001|000||3              バッテリー鳴教大=○田原、安丸-安岡徳島大=●河野、大西-岡本二塁打=菊場、谷村(鳴教大)岡(徳島大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=田原(鳴教大)河野(徳島大)捕逸=なし野選=なしMVP=児玉(鳴教大)VP=田原(鳴教大)、大西(徳島大)審判=(尾崎、井ノ内、蔵本) 記事=一戦目で勝利を挙げ,勢いのある鳴教大と,入れ替え戦に進む為,絶対に負けられない徳島大との二戦目。先発は田原(鳴教大),河野(徳島大)によるプレイボールとなった。 試合が動いたのは二回,鳴教大は谷村の好走塁で一点を先制し,児玉の適時打で更に二点を追加する。三回,鳴教打線の勢いは止まらず,菊場が長打で出塁すると,谷村,権藤の連続適時打で二点を追加する。徳島大はその裏,竹野が四球で出塁すると,橋本,岡の連打で二点を返す。七回にも,徳大打線の勢いは止まらず,ヒットを重ね二死一,三塁で橋本に打席を回す。しかし鳴教大の田原は,直球で押す強気の投球で橋本を見逃し三振に抑える。徳島大は抑えで登板した安丸から点を挙げられず,五対三で鳴教大が勝利した。 MVPは適時打を含む三安打の児玉(鳴教大)が,VPには,序盤から強気…

続きを読む

2018秋2部徳島大対鳴教大第1試合結果

9月22日(土)鳴門教育大学グラウンド10時00分開始(試合時間2時間3分)主管 鳴門教育大学観客数 50人イニングスコア徳島大=000|001|000||1鳴教大=003|000|00x||3               バッテリー徳島大=●島、大西-谷岡鳴教大=○安丸-安岡二塁打=橋本(徳島大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=島(徳島大)捕逸=なし野選=なしMVP=安丸(鳴教大)VP=田中(鳴教大)、橋本(徳島大)審判=(蔵本、尾崎、井ノ内) 記事=入れ替え戦に進む為,両チーム共に勝利を掴みたい一戦。先発は安丸(鳴教大),島(徳島大)のエース対決となった。 試合が動いたのは三回,鳴教大の児玉が二死から四球を選ぶと,古野,田中の連打で先制した後,守備のミスを誘い三点を挙げる。中盤,徳島大の竹野,友居,橋本の脅威的な上位打線が安丸にたたみかけるも,鳴教大の要所要所の投球とセンターラインの守備が光り,最少失点に抑えられた。終盤,尻上がりに調子を上げた安丸に,徳大打線は封じられ,三対一で鳴教大が勝利した。 MVPは,九奪三振で完投勝利の安丸(鳴教大)が,VPには,先制打を放った田中(鳴教大),長打と適時打を含む二安打の橋本が,共に選出された。 写真は、MVPの安丸とVPの田中、橋本である。 (報告者=鳴教大 和田)

続きを読む

2018秋1部高工大対四学大第1試合結果

9月22日(土) 志度球場12:59開始(試合時間2:26)主管 四国学院大学 観客数70人イニングスコア高工大=000|202|03|7四学大=000|000|00|0(大会規定により8回コールド)バッテリー 高工大=○尾崎-門田四学大=●照屋、富田-松村二塁打=水上(四)三塁打=なし本塁打=河原(工)暴投=富田3(四)捕逸=なし野選=なしMVP=河原(高工大)VP=尾崎(高工大)       なし(四学大)       審判=(高木、永山、山脇、磯野)記事=悲願の初優勝を目指す高知工科大学と4季連続優勝を目指す四国学院大学、勝ち点3同士の直接対決。試合は高工大強力打線が力を見せる。四学大先発照屋は序盤、ランナーを出しながらも無失点に切り抜ける。しかし4回、1死から7番河原がリーグ最多本塁打タイとなる今シーズン4本目のソロホームランを放ち1点を先制する。さらに単打と四球でチャンスを作ると内野ゴロの間に1点を加える。6回には3番杉野の適時打と続く喜多の内野ゴロの間に2点を追加する。8回には相手の暴投と7番河原、9番新宅の適時打で3点を加える。一方四学大打線は高工大先発尾崎のテンポの良い投球に手が出ない。8回に代打攻勢を仕掛け2死から河野、怪我から復帰の水上が安打でチャンスを作るも最後は1番知念が右飛に倒れ試合終了。大会規定により8回コールドで高工大の勝利となった。2017年春と同じ状況となった今季、四学大と高…

続きを読む

2018秋1部 松山大 対 香川大 第1試合結果

9月22日(土)志度球場9時28分開始(試合時間2時間1分)主管 松山大学観客数 92人イニングスコア香川大=010|020|000||3松山大=000|000|200||2               バッテリー香川大=◯上西-湯田松山大=●大東-三好二塁打=大杉(香川大)、山岡②、浦上(松山大)三塁打=なし本塁打=田渕(香川大)暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=田渕(香川大)VP=上西(香川大)、山岡(松山大)審判=(大西、山脇、上田、弓立)記事=リーグ戦もいよいよ大詰めを迎えた第5週目。松山大学と香川大学、両者の負けられない戦いの火蓋が切って落とされた。試合は序盤から動いた。2回表、1アウトから5番和久利が右前ヒットで好機をつくると6番湯田に四球を与え、松山大先発の大東は序盤から苦しい展開となる。続く7番濱本もチャンスを広げ1アウト満塁で迎えるは8番大原。主務と選手の二刀流として活躍する男が、この試合ではスタメン起用に応え先制の犠牲フライを放ち1点を先行する。さらに5回表、2アウトから3番大杉が四球で出塁し、この試合まだ快音が聞こえない香川大学4番の主砲田渕が打席に立つ。2ストライクからの3球目、狙っていたかのように真ん中高めのストレートを強く振りぬくと、打球は綺麗な放物線を描きながらフェンスを越えライトスタンドに突き刺さるツーランホームランとなり2点を追加する。松山大学は7回裏、こちらも選手兼主務として籍を…

続きを読む

第五週見所〜2018秋〜

第4週は天候も良く全日程を終了することができた。現時点で高工大と四学大が勝ち点3、松山大、高知大、香川大が勝ち点1、愛媛大は勝ち点0と下位は大混戦の秋季リーグとなっている。第5週は志度球場にて1ヶ所開催で行われる。まず、第1カード松山大対香川大。勝ち点1同士の戦いは乱打戦となるだろう。松山大の田渕(3年・土佐塾)、大東(2年・徳島城南)を中心とした投手陣は経験豊富で手強い。打線では第4週でホームランを放った川又(2年・西条)勝負強い山岡(2年・今治北)を筆頭に粘り強い打線が持ち味である。対する香川大は大杉(3年・倉敷商業)田渕(3年・観音寺第一)濱田(4年・創志学園)の左の強打者がどこまで松山大の投手陣に通用するのかが見所である。また三村(3年・岡山操山)、上西(4年・香川中央)が強力松山大打線をどこまで抑えることが出来るかが勝負のカギとなる。第2カードは愛媛大対高知大。未だ勝ち点が取れず苦しい戦いが続く愛媛大と、第4週で松山大に勝ち、勝ち点1を取った高知大の国立大学頂上決戦である。愛媛大の剛腕左腕勝田(3年・津山)と高知大のWエース上ノ薗(3年・小林)、道原(4年・西京)の投手戦となるだろう。高知大は好調の高木(3年・西条)、第4週で逆転打をはなった田中瞭(大阪府立池田)、1年生ながらにショートを守り攻守共に好調の岡川(1年・広)と好打者が揃う。対する愛媛大はリードオフマン澤谷(3年・金光学園)を中心に切れ目のない打線と勝負強い宇田賀(1年・岡山城東)、太田(2年・加古川西)が魅力的である。第3…

続きを読む

2018秋1部高工大対香川大 第3試合

9月17日(月)  高知東部球場13時10分開始(試合時間1時間51分)主管 高知工科大学観客数 40人イニングスコア高知工科=110|200|000||4香川大学=010|000|100||2               バッテリー高知工科=◯尾崎、山上-門田香川大学=●三村、大森、上西-湯田二塁打=杉本、河原(高工)             和久利、濱田、田渕(香大)三塁打=山本卓(高工)、山本(香大)本塁打=河原(高工)暴投=三村(香大)捕逸=なし野選=なしMVP=尾崎(高工)VP=杉本(高工)、上西(香大)審判=(竹葉、西村、久武、武市)記事=お互い一勝一敗となり何としても勝ち点を取りたい両校。先頭打者から試合は動いた。高工大の先頭山本卓が右越え三塁打を放つと続く大原の犠飛で1点を取る。1回裏、先発尾崎は香川大打者を三者凡退に抑えると、2回表にも四球と安打で追加点を取る。高工大が流れを掴んだかと思われたが、2回裏、香川大は和久利の二塁打と山本の三塁打で1点を獲得し、簡単には流れを渡さない。再び試合が動いたのは4回表。高工大の河原が本塁打を放つと杉本の右二塁打と山本卓の安打でこの回2点を取り香川大を突き放しにかかる。なかなかチャンスを掴めなかった香川大だが、7回裏、先頭山本が失策で二塁に出塁するとゴロと濵本の犠飛で…

続きを読む