2019四国インカレ1回戦 香川大対松山大試合結果

1回戦第2試合2019年6月21日(金)坊っちゃんスタジアム14時05分開始(試合時間2時間02分)主管 香川大学観客数 65人 イニングスコア香川大=000|000|000||0松山大=002|000|03x||5 バッテリー香川大=●谷藤、宮﨑―山本松山大=玉木、○河野、大東―田村、三好 二塁打=三宅秀(香大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=谷藤、宮﨑(香大)捕逸=なし野選=なし MVP=田村(松大)VP=大東(松大)、三宅秀(香大)審判=(室野、上田、早川、弓立) 記事=春季リーグ戦では最下位争いとなった香川大と松山大の新チーム初の公式戦。香川大の攻撃は、松山大先発の玉木をなかなか打ち崩すことができない。3回表に8番三宅秀がレフト前に2塁打を放ち、9番山﨑のセカンドゴロの間に3塁まで進塁。さらに1番青木が四球で出塁し、2死1・3塁と得点圏にランナーを進めるもあとに続けず無得点に終わる。対する松山大は3回裏、9番児玉が四球で出塁し、さらに盗塁を成功させる。1番田村のレフト前ヒットで児玉が生還して先制点を挙げると、続く2番石川も内野安打で出塁。香川大先発の谷藤の暴投によりさらに1点が追加されるが、何とか持ちこたえてこの回を2点に抑える。4回表、松山大はリリーフで河野が登板。香川大は5回表に7番三宅壮がレフト前ヒットで出塁し、9番山﨑もセンター前ヒットで出塁。2死1・2塁とランナーをためるが、ここでも還すことができない。7回裏、松山大は9番児玉のセンター前ヒット、1番田村のレフト前ヒットで…

続きを読む

2019四国インカレ1回戦 愛媛大対聖カ大試合結果

1回戦第1試合2019年6月21日(金)、坊っちゃんスタジアム、10時58分開始(試合時間2時間33分)主管 愛媛大学 観客数 150 人 イニングスコア愛媛大学=011|020|0||4聖カ大学=000|300|5||8(大会規定2時間半制により7回終了) バッテリー愛媛大学=清水、中村、黒羽、松本(健)、●立岩-澤、浜本聖カ大学=藤井、○山﨑-樋渡 二塁打=藤田、三宅(愛大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=藤井②捕逸=樋渡野選=なし MVP=古和田(聖カ)VP=山﨑(聖カ)、なし(愛大)審判(小林、早川、弓立、室野) 記事=新チームとなって初めての公式戦で景気良くスタートダッシュを切りたい愛媛大学と公式戦初出場初勝利を狙う聖カタリナ大学の試合。公式戦初登板の右腕同士の初物づくしの1戦は愛媛大清水、聖カ大藤井の両先発となった。2回表愛媛大学の攻撃で試合が動く、4番藤田が左中間への二塁打を放ち暴投で3塁に進塁、5番宇田賀のセンターへの犠牲フライで幸先よく先制した。このまま流れをつかみたい愛媛大学だが、4回裏聖カの公式戦初安打を2番樋渡が放ち、次打者がエラーで出塁、4番今村が三遊間を破るタイムリーヒットを打ち、聖カ公式戦初打点を上げ1点差に。6番島田が四球で出塁したところで愛媛大学清水から中村へ継投した。しかし、継投策実らず7番横田がヒットを打ち同点に追いつき、8番古謝が犠牲フライを放ちこの回逆転に成功する。 すぐにでも追いついておきたい愛媛大学は、5回表に9番吉中が死球で出塁、1…

続きを読む

2019四国インカレのご案内

第70回四国地区大学総合体育大会【硬式野球】組合せ・要綱日程:2019(令和元)年6月21日(金)・22日(土)・23日(日)場所:坊っちゃんスタジアム 【組合せ】 【試合方式】①試合は2時間30分制とし、2時間30分を越えた場合は新しいイニングに入らない。②9回終了時または、所定の時間を経過して同点の場合は、次の回よりタイブレークを適用する。*タイブレーク制(無死1・2塁継続打順)無死1・2塁から試合を行う。打者は、前イニングからの継続打順とし、一塁走者は前位の打順の者、二塁走者は一塁走者の前位の打順の者とする。代打、代走を起用してもよいが、通常のルールと同様、代打、代走を送られた選手は退いた形となり、代打者、代走者が打順を引き継ぐ。③コールドゲームは、5回10点差以上、7回7点差以上とする。④先攻後攻はメンバー交換時にジャンケンにより決定する。 【試合速報】四国インカレの全試合、ライブ配信・イニング速報を行う予定。(「一球速報」は速報のため、公式記録とは異なる場合がございます。ご了承ください)一球速報 提供:Omyu Technology株式会社  【プログラム(PDF)】2019_四国インカレ_硬式野球プログラム.pdf

続きを読む

2019春 春季表彰者選手一覧

2019年6月15日(土)の理事会・マネージャー会議にてベストナインなどの表彰選手が選出されましたので報告致します。 優勝大学1部 高知工科大学2部 徳島大学 首位打者1部 0.411  黒岩 海碧 四国学院大学2部 0.591  田上 絢哉 徳島大学 最多打点1部 15打点 松本 拓也 高知大学2部 14打点 田中 里繁 徳島大学 最多本塁打1部 該当者なし2部 該当者なし 最多盗塁1部 7盗塁 杉野 彰彦 高知工科大学2部 11盗塁 田上 絢哉 徳島大学 最多勝利1部 7勝 尾崎 修志 高知工科大学2部 4勝 河野 龍也 徳島大学           大西 貴如 徳島大学 最優秀防御率1部 1.15 尾崎 修志 高知工科大学2部 0.36 河野 龍也 徳島大学 最多三振奪取賞1部 47回2/3 49個 上ノ薗 慎伍 高知大学2部 該当者なし 記録賞1部 該当者なし2部 該当者なし 最優秀新人賞 該当者なし ベストナイン(1部)投手 尾崎 修志 高知工科大学捕手 門田 泰征 高知工科大学一塁手 太田 俊輔 愛媛大学二塁手 黒岩 海碧 四国学院大学三塁手 中山 駿 高知大学遊撃手 新宅 真弥 高知工科大学外野手 杉本 武蔵 高知工科大学         山田 晃 四国学院大学         牧田 怜 高知工科大学D・H  川満 春輝 四国学院大学 (2部)投手 河野 龍也 徳島大学捕手 十亀 太一 新居浜工業高等専門学校一塁手 田中 里繁 徳島大学二塁手 権藤 貴士 鳴門…

続きを読む

第68回全日本大学野球選手権大会 第三試合高工大対大体大 試合結果

6月11日(火) 神宮球場15:51開始(試合時間 2時間21分)観客数:1,500人 イニングスコア高知工科=002|000|000|0||2大阪体育=000|002|000|1x||3x(タイブレーク10回) バッテリー 高知工科=尾崎−門田大阪体育=中村、位田−出雲二塁打=なし三塁打=なし本塁打=木村(大体大)暴投=なし捕逸=なし野選=なし       審判=(平田、北村、三枝、高橋) 記事=2季連続優勝を収め初出場を決めた高知工科大学と名門大学の大阪体育大学の一戦。先に動いたのは、3回表高工大の攻撃。9番・丸井が相手の失策、1番・杉野の安打、2番・新宅の絶妙な内野安打で一死満塁とすると、死球により押し出し。高工大が先制する。さらに、4番・河原の犠飛により追加点を挙げる。しかし、6回裏に本塁打を放たれ同点とされる。その後は高工大・尾崎、大体大・中村による両先発の好投が続き、試合は延長タイブレークに突入する。代打で出場した福田の犠打が成功し、一死二三塁と得点の好機を作るも、後続が断たれ無得点とする。その裏、無死満塁の状況から二死まで追い込むも、あと一歩及ばず2-3で試合終了。大阪体育大学が2回戦へと駒を進めた。 写真は142球の力投で最後まで投げ切った尾崎、追加点の鍵となった河原。 (報告者=高知工科大学 木村)

続きを読む