2019秋1部 松山大対香川大 第1試合結果

9月14日(土)室戸マリン球場14時40分開始(試合時間2時間31分) 主管 香川大学観客数 20人イニングスコア四学大=000|030|200||5香川大=010|000|000||1バッテリー松山大=○菊池、坂口、東ー田中、三好香川大=●平岡、岡谷、谷藤ー山本二塁打=なし、三塁打=小田原(松大)本塁打=田渕(香大)暴投=なし捕逸=山本(香大)野選=なしMVP=小田原(松大)VP=菊池(松大)、田渕(香大)審判=(秋友、亀井、武市、國澤)記事=優勝に向けて勝ち点を取っておきたい松山大学と、落とせば最下位であとがない香川大学の第1試合。試合は2回から動く。2回裏、香川大は、今季なかなか長打が見られなかった4番田渕が、先制の右越えソロホームランを放ち、流れを引き寄せるが、チャンスを生かせず追加点は得られない。5回表、松山大は反撃ののろしをあげる。先頭打者が四球で出塁すると、2者連続でセーフティーバントを決め、無死満塁とする。香川大にとっては危機的な場面だが、三塁手仲島、遊撃手三宅秀の好守により、二死満塁まで追い込む。しかし、本日のMVPである5番小田原が走者一掃の中越え勝ち越し三塁打を放ち、松山大は逆転に成功。この回3点を獲得する。さらに7回表、松山大の勢いは止まらず、四死球で溜めたランナーを9番村上の中前安打、1番古森のスクイズでかえし、2点を追加する。なんとか逆転したい香川大だが、松山大1年生投手菊池を攻略することができず、ランナーを溜めるも打線を繋げられない。そのまま試合は終了。5対…

続きを読む

2019秋2部 鳴教大対香高専 第2試合結果

9月14日(土)    鳴門教育大学野球場13時10分開始(試合時間2時間6分)主管鳴門教育大学 観客数20人イニングスコア鳴教大=034|000|02||9香高専=100|000|00||1(8回コールド)バッテリー鳴教大=○川村、高橋、岡村ー大野香高専=●石坂、藤井二塁打=柴田、上田(鳴)、吉田(香)三塁打=なし本塁打=なし暴投=石坂3(香)捕逸=なし野選=なしMVP=大野(鳴)VP=河村(鳴)、吉田(香)審判(西野、岡田、増富) 記事=1試合目の勢いそのままに勝利したい鳴教大となんとか勝利を挙げたい香専の対決第2戦。鳴教大は未だ防御率0.00と安定した投球を見せる川村、香専は石阪の先発でスタートした。初回香専は二死3塁のピンチを切り抜けると、1番清谷の内野安打の後、3番吉田のレフト越ツーベースで一点を先制する。早いイニングで追いつきたい鳴教大は2回、6番大野の内野安打、7番岡村のレフト前ヒットの後8番柴田の投手ゴロで三走大野が三本間で挟まれるが相手投手の暴投の間に二走岡村も返り逆転し、その後1番田中のタイムリーで一点を追加する。続く3回鳴教大は攻撃の手を緩めない。一死後3番安岡が出塁し、4番宇良の四球、5番福本のライトへのヒットで満塁とすると6番大野のセンター前で2点を追加、さらに7番岡村の内野安打等で一、三塁とすると8番柴田のセンター前で2点を挙げこの回4点をもぎとる。しかしその後は香専石阪、藤井の粘りのピッチングと鳴教大川村と高橋の安定した投球で両チーム無得点が続く…

続きを読む

2019秋2部 香高専対鳴教大 第1試合結果

9月14日(土)    鳴門教育大学野球場9時59分開始(試合時間2時間27分)主管鳴門教育大学 観客数20人イニングスコア香高専=000|000|010||1鳴教大=210|100|10x||5バッテリー香高専=●横田、宮下ー大林鳴教大=○竹村ー大野二塁打=大野(鳴)三塁打=吉田(香)、安岡(鳴)本塁打=なし暴投=竹村(鳴)捕逸=なし野選=なしMVP=大野(鳴)VP=竹村(鳴)、西村(香)審判(岡田、増富、西野)記事=9月になり秋風の感じるなかでの第4週、鳴教大は初回1アウトの後、2番谷村がヒットで出塁すると一挙5連打で2点を先制し流れをつかむ。対する香専は3回連続四球等で二死満塁とするも後一本が出ず得点を奪えない。すると4回鳴教大は6番大野のレフトへのツーベースをきっかけに二死3塁とし、9番上田のセンター前ヒットで追加点を挙げる。なんとか反撃したい香専は8回1番吉田のスリーベース、2番大河のレフト前ヒットの連打で一点を返すが最後は鳴教大先発竹村が9回を3人で締め5ー1で鳴教大が勝利した。MVPには3安打と気を吐く活躍を見せ好調を維持する大野(鳴)。VPには9回1失点完投勝利を収めた竹村(鳴)と香専で唯一マルチ安打を見せ活躍した西村(香)が選出された。鳴門教育大学 5勝0敗(報告者=鳴教大 長尾)

続きを読む

2019秋2部 新居浜高専対徳島大学 第2試合結果

9月14日(土)、三島球場、12時46分開始(試合時間1時間59分)主管 新居浜高専 観客数10人 イニングスコア新居浜高専=101|000|100|3徳島大学= 100|200|04×|7 バッテリー新居浜高専=●石村ー十亀徳島大学=○金城、吉田、川崎、大西ー岡本 二塁打=邨田③(徳大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=石村③(新専)捕逸=なし野選=なし MVP=邨田(徳大)VP=甲矢(徳大)、石村(新専)審判=(杉長、山下、石川) 記事=春季リーグで新専に好投を演じた徳大・金城、今季防御率0.00と安定している新専・石村の両先発で始まった。1回表、2番久米、3番岩﨑の連打でチャンスを作り、5番片座の適時打で1点を先制するがその裏、1番竹野が初球から死球、2番甲矢の犠打でピンチを招くと4番京川の適時打で1点を返し、すぐさま同点とした。徳大は1点ビハインドで迎えた4回裏、2アウトから7番吉田、8番邨田の2打席連続二塁打などで2点取り、逆転する。新専は5回に3番岩崎の死球、4番中川の安打でチャンスとし、初回から連続安打でこの場面でもう1本打ちたい5番片座は変化球をつまらされ、併殺となり、ここは先発金城に軍配があがる。5、6回は両先発ともに粘りのピッチングで無失点とした。7回表、1番十亀は四球で出塁すると、3塁まで進み、3番岩崎の犠牲フライでようやく同点とし、接戦で終盤を迎える。8回表、新専は1アウト2、3塁とし9番丸児がスクイズを試みるが失敗、満塁で2番久米が三振と、再三チャンスで逆転をしたい…

続きを読む

2019秋1部 愛媛大対高工大 第1試合結果

9月14日(土)室戸マリン球場12時07分開始(試合時間1時間58分)主管 高知工科大学観客数85人 イニングスコア愛媛大=000|000|100||1高工大=000|100|001×||2×               バッテリー愛媛大=●亀岡-宮本高工大=○大地-門田二塁打=門田(高工)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=なしMVP=大地(高工)VP=福田(高工)、宮本(愛媛)審判=(亀井、大崎、岩井、武市) 記事=勝ち点2で並んでおり、逆転優勝を狙う愛媛大と高工大の三位どうしの第1回戦。先発は愛媛大の亀岡と、高工大の大地。1回から毎回ヒットで出塁するも、高工大の捕手・門田に盗塁刺されるなどなかなか得点出来ずにいる愛媛大と、愛媛大の投手・亀岡に阻まれなかなかヒットが打てない高工大。ついにその試合が動きを見せる。4回裏、高工大の2番・杉野が内安打で出塁すると続く3番・河原は四球を選び4番・田邉へと繋ぐ。その4番・田邉は期待に応え右前安打をはなち満塁とする。続く5番・枚田は三振に倒れるが、6番・福田が犠打をきっちりきめ、2番・杉野が、ホームイン。もう1点追加したい高工大だが、三邪飛にたおれる。なんとかして追いつき、勝ち越したい愛媛大と、このまま逃げ切りたい高工大。7回表。愛媛大の4番・藤田の内安打をきっかけに試合が動きを見せる。続く5番・上原は、犠打で、送る予定が高工大の捕手・門田の失策でセーフとなり…

続きを読む

2019秋1部 四学大対高知大 第1試合結果

9月14(土)  室戸マリン球場8時59分開始(試合時間2時間26分)イニングスコア四学大=020|100|030|6高知大=000|000|000|0バッテリー高知大=●松藤、西川ー上田四学大=○水上ー石川二塁打=松本②、石川、知念(四学)、上田、岡田(高大)三塁打=なし本塁打=宇座(四学)暴投=なし捕逸=なしMVP=松本(四学)VP=水上(四学)審判(川江、秋友、大﨑、岩井)記事=高知大、四学大共に優勝するには絶対に落とせないチーム同士の第1試合。試合が動いたのは2回表。四学大5番黒岩が9球投げらした上に四球で出塁し、6番北山の送りバントで2塁へ進塁。7番倒れるが、8番現在リーグ打点トップの山田倫。2球目ストレートをセンター前へ弾き返し四学大が先制する。さらに9番松本がライト線へタイムリーツーベースを放ちこの回2点を挙げる。追いつきたい高知大は3回裏にチャンスが来る。一死から8番上田がレフト線へツーベースヒットを放ち、9番吾郷が四球、1番中山が進塁打を放ち二死2塁3塁。2番大石が粘りの末四球を選び満塁になるが3番が三振に倒れチャンスを作るもこの回無得点。4回にも四学大9番松本2打席連続タイムリーツーベースを放ち1点を追加する。また8回表四学大の攻撃。先頭4番山田晃が四球で出塁すると5番黒岩がライトへヒットを放ち無死1塁3塁の場面6番北山に代わり代打宇座。6球目甘く入ったストレートを完璧に捉え、ライト方向へスリーランホームランを放つ。このままでは終われない高知大は9回裏、ここまで4安打…

続きを読む

2019秋2部 徳島大学対新居浜高専 第1試合結果

9月14日(土)三島球場9時54分開始(試合時間2時間4分)主管新居浜高専 観客数10人 イニングスコア徳島大=000|030|000||3新高専=000|000|010||1 バッテリー徳島大=○河野ー岡本新高専=●中村ー十亀 二塁打=吉田、竹野(徳島大)十亀、久米(新高専)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=十亀(新高専)野選=なしMVP=河野VP=竹野(徳島大)、中村(新高専)審判(石川、杉長、山下) 記事=快晴の下始まった第4週のこの対戦は両投手により引き締まった戦いとなる。2019春季リーグ優勝の徳島大学の先発河野は球威のある直球と変化球を織り交ぜながら、コースをつくピッチングで新居浜高専に的を絞らせず1失点の好投。対する新居浜高専中村は変化球を軸に丁寧なピッチングで要所を締める。試合が動いたのは5回の表、徳大の攻撃。1死8番甲矢の左安から盗塁でチャンスを作る。9番岡本を三振に切る中村(新専)だが、捕手十亀のパスボールと1番竹野に対する四球で2死1,3塁とする。流れを引き寄せた徳大。ここで迎えるバッターは2番吉田。初球を弾き返し、先制。3番田中も続きこの回一挙3得点。このままでは終われない新専は8回の攻撃、ここまで好投手河野に苦しむ展開だったが、1死から1番十亀と2番久米の連続二塁打で河野を捉え、1点を返すも後続が倒れる。このまま最終回も試合は動かず3-1で徳大が勝利を収めた。9回1失点11奪三振の好投で勝利に貢献した河野がMVPに選出された。(報告者=新専 石村)   

続きを読む