2019新人戦 一回戦 松山大学対高知工科大学

11月16日(土)  伊予三島運動公園野球場11時1分開始(試合時間2時間24分)主管松山大学観客数 100人 イニングスコア高工大=020|001|021||6松山大=010|000|010||2 バッテリー高工大=○萩森、中嶋、中北ー島内松山大=●亀井、亀岡、東ー乗松二塁打=宮下(松大)三塁打=なし本塁打=なし暴投=なし捕逸=なし野選=亀井(松大) MVP=政門(高工大)VP=萩森(高工大)、亀井(松山大)審判(小林、高橋、丸児) 記事=両チーム、秋季リーグで守護神を務めた投手が先発として臨む一回戦屈指の好カードとなった。 松山大の先発、亀井は初回、ランナーを出すも得意の直球で無失点に抑える。高工大、萩森も三者凡退と、お互い上々の立ち上がりでゲームを作る。  二回表、高工大はヒット、四球などで満塁のチャンスを作る。しかし亀井もキレのあるピッチングで二者連続で三振に取り、流れを渡さない。 そして、迎えた九番政門との対決。やはり高工大の遊撃手レギュラーとしての勝負強さが光った。軍配は政門に上がり、低めの球威のある直球をしぶとくセンター前に転がし、高工大が二点を奪う。早い段階で追いついておきたい松山大はその裏、五番宮下が変化球を泳ぎながらも左線二塁打でチャンスを作り、七番生宗が140キロ近くの直球をセンターに弾き返し、離されまいと食らいつく。 三回以降は、両投手ランナーを出しながらも切り抜け、スコアボードに0を並べていく。 再び試合が動き出したのは、六…

続きを読む

2019新人戦〜見所〜

激戦の秋季リーグが幕を閉じ1ヶ月半、優勝した四国学院大学は、中四国代表決定戦に進出した。代表決定戦では、中国地区大学野球連盟、広島六大学野球連盟の強豪に善戦を演じたが、惜しくも敗れ明治神宮大会への出場は叶わなかった。秋の戦いを終え、各大学が見据えるは春季リーグの頂点。各大学は、長い冬の期間に突入する。その冬の突入を前に、愛媛県の三島球場、川之江球場を舞台に令和元年度新人戦が行われる。新人戦では、リーグ戦出場機会の少ない1、2回生がレギュラー奪取を目指して試合に臨む。各大学が新戦力の発掘を目指す。 注目の1回戦の対戦カードは以下の通り。 四国学院大学ー聖カタリナ大学秋季リーグで破竹の勢いで勝利を積み重ね優勝した四学大。新人戦では、新戦力の台頭に期待したい。投手陣は、磐石の2枚看板に次ぐ3番手の育成が急務。打撃陣は、秋季リーグで1回生がベストナインを獲得するなど活発である。次なる主軸候補の発掘に向け、新人戦に臨む。対する聖カ大は、春季リーグよりリーグ戦に本格参戦する。その前哨戦となる新人戦。1回生のみのチームながら、インカレでは1部所属の大学を破るなど、その実力は侮れない。秋王者の四学大新戦力陣を相手に聖カ大がどのような戦いを見せるのか目が離せない。 香川大学ー鳴門教育大学秋季リーグでは、苦しい戦いをしいられ、その後徳島大との入替戦に敗れ2部降格となった香川大。2部で優勝し、再び1部で戦うため、投打の柱の育成は必須条件である。秋季リーグでチームの核となった4回生は軒並み引退。チームに所属する3回…

続きを読む

2019新人戦交流戦球場変更について

2019年11月17日(日)に行われます新人戦交流戦の球場が変更となりましたのでお知らせいたします。 変更前︰四国学院大学G変更後︰香美球場 お間違えのないようお気をつけください。

続きを読む

2019新人戦について

第8回新人戦(2019)を下記の要領にて開催いたします。 日時:2019年11月16日(土)~11月17日(日)場所:伊予三島運動公園野球場、浜公園川之江野球場出場大学:四国学院大学、高知工科大学、愛媛大学、香川大学、徳島大学、鳴門教育大学、聖カタリナ大学、松山大学(以上8大学)組合せ  ◆また参加大学がより多くの実戦機会を持つようにできるように、下記の試合を実施致します。【三位決定戦】川之江球場 12:30 【交流戦】四国学院大学G → 香美球場10:00~ [A]①・②の敗者-[B]③・④の敗者12:30~ [C]⑤・⑥の敗者-[D]⑦・⑧の敗者※交流戦は、香美球場で行います。四国学院大学Gから変更となっております。 ~駐車場のおねがい~11月16日(土)は、伊予三島運動公園内で、四国中央市産業祭が開催され混雑が予想されます。駐車場については、指定の駐車場の利用になりますので当日、誘導の指示に従ってください。ご協力お願いします。以上 HP2019新人戦.pdf

続きを読む