第6週 観客動員の可否・球場受付について

Ⅰ部10月10日(土)徳島大学 vs    四国学院大学試合開始時刻 10:00 13:00球場名 浜公園川之江野球場観客動員 有観客球場受付 3塁側内野席入り口 外野席は封鎖(受付にて、氏名、連絡先のご提供をお願いします。)受付開始時刻 8:45 高知工科大学 vs 高知大学試合開始時刻 10:00  球場名 香美球場観客動員 有観客球場受付 駐車場入って、左手にある工科大野球部倉庫前(受付にて、氏名、連絡先のご提供をお願いします。)受付開始時刻 8:45 10月11日(日)愛媛大学 vs     徳島大学試合開始時刻 10:00    13:00球場名 野村球場観客動員 有観客球場受付 3塁側観客席入り口 (受付にて、氏名、連絡先のご提供をお願いします。)受付開始時刻 9:00 Ⅱ部10月10日 (土)①香川大学  vs  新居浜工業高等専門学校②聖カタリナ大学  vs  徳島大学医学部試合開始時刻   ①10:00   ②13:00球場名    新居浜市営球場観客動員    有観客球場受付    球場入り口の階段前   (受付にて、氏名、連絡先のご提供をお願いします。)受付開始時間  9:30 【観戦における注意事項】原則有観客としますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、観戦におけるガイドラインを作成しました。みなさんに観ていただくため、いくつかお願いがございます。 ① マスクの着用球場、施設内ではマスクの着用をお願いします。部員との会話はご遠慮…

続きを読む

2020秋1部 高知大対愛媛大 第2試合結果

10月4日(日)、香美球場、14時36分開始(試合時間2時間55分)主管 高知大学 観客数 30人 イニングスコア高知大=070|000|000|7愛媛大=013|000|10X|5 バッテリー高知大=松藤、〇西川-山崎愛媛大=●永山、谷本、松本-浜本 二塁打=黒瀬、藤本、岡川(高大)、浜本2、梶野(愛大)、三塁打=拝志(愛大)本塁打=なし暴投=西川捕逸=なし野選=なし MVP=西川(高大)VP=黒瀬(高大)審判(小川、秋友、岩井、西村) 記事=昨日の試合の勢いを保ち連勝をとりたい愛媛大と1勝勝ち取りたい高知大との第2回戦。初回は両者ともに点を許さなかったが、2回表、一気に連続点を生み出す。この回の先頭打者5番藤本が2塁打を放つと、続く6番岡川も2塁打を放ち1点。その後、犠打や四球、失策により連続点のチャンスを生み出す。2番岡田、3番黒瀬も安打を放ち、計7点高知大が獲得する。高知大の流れを止めたい愛媛大は2回裏1点、3回裏で2番吉中、3番藤田、6番浜本の安打等により3点、7回裏で5番拝志の3塁打と暴投により1点を獲得し、得点差を縮めていく。その後、愛媛大は谷本や松本の好投により高知大の好打撃を阻止することに成功する。しかし高知大2番手、西川が好リリーフを見せ、7-5で高知大が逃げ切り勝利した。 高知大学 1勝1敗(通算 3勝4敗) (報告者=高大 田中)

続きを読む

2020秋1部 松山大対徳島大 第2試合結果

10月4日(日) 、香美球場、12時01分開始(試合時間1時間24分)主管 松山大学 観客数 35人 イニングスコア松山大=200|72||11徳島大=000|00||0(大会規定により5回コールド) バッテリー松山大=〇菊池-田中徳島大=●鏡石、栗栖、白井-岡田 二塁打=大西、山岡(松大)三塁打=なし、本塁打=なし、暴投=なし、捕逸=なし、野選=なし、 MVP=菊池(松大)VP=古森(松大)、岡田(徳大)審判(岩井、武市、池知、森田) 記事=2020年秋季リーグ戦、第5週松山大対徳島大の2回戦は高知県の香美球場で行われた。前日8回コールドで勝利し流れに乗ってそのまま勝利を掴みたい松山大と、嫌な流れを断ち切りたい徳島大との試合は初回から動きを見せる。先行の松山大は先頭打者大西が右二塁打で出塁すると、続く2番古森の犠打の際、徳島大先発投手鏡石が一塁に暴投。守備の乱れで先制すると、再びチャンスを作り4番大村(侑)の中適時打で2点目を加える。反撃を見せたい徳島大は2回、3回とチャンスを作るが松山大先発の二年生左腕菊池のキレの良い直球と打者のタイミングを外す変化球の前に無得点に終わる。流れを食い止めた松山大は4回、先頭打者宮下の三塁ゴロの失策を皮切りに、2番古森の中適時打、6番山岡の右越二塁打などで一挙7点を奪い試合を決定づけた。続く5回にも3番田中の右適時打で2点を奪い11対0とし、大会規定により5回コールドで徳島大を下した。なお、この試合のMVPは5回を無失点と好投した菊池(松山大)、VPは…

続きを読む

2020秋2部 徳大医対香川大 試合結果

10月4日(日)、豊中サンスポーツランド野球場12時58分開始(試合時間1時間40分)主管 徳島大学医学部 観客数 40人 イニングスコア徳大医=100|00|1香川大=097|⑪×|27(規定により5回コールド) バッテリー徳大医=竹倉、松崎、會田、松崎ー工藤香川大=平岡、中川、谷藤ー稲谷 二塁打=三宅、井上(香大)三塁打=山本、柳島(香大)本塁打=柳島(香大)暴投=竹倉2、會田(徳医)捕逸=なし野選=なし MVP=柳島(香大)VP=中川(香大)、工藤(徳医)審判(合田、竹田、山脇) 記事=昨日鳴教大とのタイブレークを制しこのまま連勝したい香川大と、今日が秋季リーグ初試合でまず1勝をあげたい徳大医の一戦。初回、まずチャンスを作ったのは徳大医。四死球により無死満塁の好機を作ると、4番會田の内野ゴロの間に1点を先制する。その裏、香川大は無死二塁の好機を作るが点には繋がらず、徳大医が幸先良い出だしを見せたに思われた。しかし2回に状況は一変する。2回表、二死三塁のピンチを二ゴロで凌ぐと、裏に香川大の打線が大爆発。打者一巡、二本の二塁打と柳島の三塁打も重なり、この回一挙9点。その後も打線の勢い衰えず、5回には柳島の特大の一発でとどめ。終わってみれば27得点と猛打を見せた。徳大医は香川大投手陣の前に三回以降1人のランナーも出塁できず、1試合通じてノーヒットで抑えられた。規定により5回コールドで香川大が大勝した。MVPには二本の長打を放ち大量得点に貢献した柳島(香川大)が、VPには2番手として登板し…

続きを読む

2020秋2部 新高専対鳴教大 試合結果

10月4日(日)、鳴門教育大グラウンド、10時00分開始(試合時間2時間14分)主管 新居浜高専 観客数 数名 イニングスコア新高専=000l000l010l1鳴教大=220l200l00Xl6 バッテリー新高専=●加藤、中岡-高橋、塩崎鳴教大=〇竹村、川村、星野、高橋-大野、横田 暴投=加藤2(新専)捕逸=高橋、塩崎(新専)野選=なし MVP=川村(鳴教)VP=横田(鳴教)、茎田(新専)審判(フラモト、ノブチ、オザキ) 記事=新高専と鳴教大の第2戦。初回、新高専は失策や3番高橋のバントヒットなどで無死満塁のチャンスをつくるが、併殺打と右飛で無得点に終わる。その裏、鳴教大は同じく失策や四球でチャンスをつくり、捕逸と失策で2点を先制した。その後、2回、4回に鳴教大が2点ずつ得点し、迎えた7回、得点圏に走者を置き失点すればコールドゲームが成立するという場面で、新高専の投手加藤が打者を三振に切ってとり、粘りを見せる。8回表、鳴教大の代わった投手を相手に、新居浜高専が安打を重ね、再びチャンスを迎える。この試合2度チャンスを迎えるも、ものにできていなかった6番茎田が初球を捉えてレフト前に運び、1点を返す。しかし、後続が続かず三者残塁となる。最終回に登板した鳴教大高橋がピシャリと抑え、ゲームセット。6-1で鳴教大が勝負を制した。MVPには鳴教大の川村、VPには鳴教大の横田、新高専の茎田が選ばれた。 新居浜高専 0勝1敗(通算 0勝2敗) (報告者 新専 茎田、長井)

続きを読む

2020秋1部 高工大対四学大 第2試合結果

10月4日(日)、香美球場、8時57分開始(試合時間2時間34分)主管 高知工科大学 観客数 160人 イニングスコア高工大=000|001|001|2四学大=025|000|00X|7 バッテリー高工大=●金本、玉井、岡林-門田四学大=○加藤、山﨑、下里-河野 二塁打=河原(高工)三塁打=岡本(高工)、知念、下地(四学)本塁打=なし暴投=山﨑(四学)捕逸=なし野選=なし MVP=加藤(四学)VP=下地(四学)、岡林(高工)審判=(西村、石元、小川、池知) 記事=このまま勝ちきって優勝に王手をかけたい高工大とここで1勝しておきたい四学大の目が離せない一戦。初回は両チームとも安打を出すものの投手の好投に得点出来ず終了する。2回裏、試合は動きを見せる。下地、知念、川満の三塁打を含む安打により2点を先制する。その後も勢いに乗った四学大は攻撃の手を緩めることなく3回裏、石川、山田晃の安打で高工大の金本を降板させ、その後も松本が安打、下地が三塁打を放ちこの回5点を奪い取った。反撃に出たい高工大は好投を見せる加藤を相手に打線が繋がらないが、6回に四球と岡本の三塁打で1点をもぎとる。さらに得点したい四学大だが、今リーグ好投の岡林に抑えられ8回まで得点出来ず、9回を迎える。最後の攻撃で逆転したい高工大だが9回から登板した下里に抑えられ1点追加で試合終了。打線で繋がりを見せ、且つ投手陣の好投が光った四学大が逃げ切り勝利をものにした。MVPには7回と1/3を投げて1失点の好投を見せた加藤(四学大)、VPには…

続きを読む