8月後半からリーグ戦スタート。

前期試験も終了し各大学とも夏季休暇となり、各チームリーグ開幕に向けての調整も加速し始めた時期。春以降引退した四年生もいれば、新たに加わった一年生と、戦力は大きく様変わりしている。この秋のリーグは各大学とも新戦力での戦いとなり、春の結果をそのまま鵜呑みすることはできない。
 その中で優位なのは、やはり四国学院大。大学選手権という大舞台を経験した選手が多く残り、走攻守ともに高いレベルで充実している。四国学院大を中心にした優勝争いになることは間違いないだろう。
 その四学を追う他大学は、、。松山大は澤村が残る強力投手陣を擁しデイフェンス面でのより高い精度を誇り、スキを見せないチームとなってきており対抗馬となる。愛媛大はエース大野の復調がディフェンスでのカギを握るが、攻守とも高い能力を持ち優勝争いが期待できる。高知大は選手個々の能力アップに努め、攻守とも総合力は向上しており私学二大学を脅かす存在となっている。鳴門教育大は僅差をものにする守り勝つ野球スタイルを確立しつつあり、充分に上位が狙える。香川大は再起をかけ基礎から取り組み全員野球を目指している。投手陣・打撃陣の軸が定まれば波乱を生むだろう。
 二部では、エース湯浅を擁する高知工科大の連覇が注目される。初の入替戦を経験しチームの士気も高い。この高知工科大と一部経験のある徳島大との争いとなるであろう。
 春とは違い、夏の暑さが各選手に襲い掛かる。秋季といえど「夏」リーグといっても過言ではなく、勝敗を分けるポイントにもなるだろう。各大学・各選手とも、気力・体力を振り絞っての死闘が5週にわたって展開される。
 「神宮大会中四国代表決定戦」への出場権をかけての熱闘が8月後半からスタートする。熱い闘いへの声援をよろしくお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック