2010秋リーグ戦全日程終了

2010秋のリーグ戦は、四国学院の三連覇で幕を閉じた。
 春の主力が多く残り走攻守ともに高いレベルを維持するとともに、新たな選手も期待に応えるという好循環のチーム体制となり、勝点5で他の追随を許さなかった。山口・竹田・馬詰が先発を担い、実績のある河野が中継抑えにまわるという強力な投手陣。藪、中尾、牧野を中心としてどこからでも得点ができる強力打撃陣。各大学ともに四国学院との試合に照準を合わせ追いすがるものの、この投手陣・打撃陣が立ちはだかり、跳ね返される形となった。
 松山大は、勝負強い打線が復活し、スキのない野球に磨きがかかってきた。投手陣も和多をはじめとする新戦力が台頭し、後一歩のところまで詰め寄った。ただ、四国学院との第三試合、後半に失点を重ね勝機を逃したことが悔やまれる。高知大は連敗スタートの苦しい中、打線が奮起し投手陣の弱さをカバーし勝点3を獲得した。最終週は四国学院から一勝して粘りを見せたが最後は力尽きた形となった。愛媛大は、西本を中心に総動員の投手リレーでの試合運びとなり、打線頼みとなる苦しいリーグ戦となった。四学戦では、復活を期す大野を擁し接戦に持込んだが、打ち崩せず惜敗し失速した。鳴門教育大は堅守により各大学と接戦を展開するものの試合後半に失点により競り負ける展開が続いた。ただ最終週には勝点をあげ前期順位を確保した。香川大は前期同様に勝ち星・勝ち運に見放される苦しいリーグ戦となった。二部は全勝で徳島大が覇権を奪還した。香川大との入替戦は第三戦までもつれたが、最後は香川大の意地に屈することとなった。
 四国学院大は、今月末に行われる明治神宮野球大会中国・四国地区代表決定戦に四国代表として出場する。広島六大学、中国地区の優勝大学の三大学による巴戦となる。今秋リーグで発揮された力を持って挑んでもらいたい。

◆リーグ戦順位
一部
①四国学院 勝点5 10勝2敗
②松山大学 勝点4 9勝2敗
③高知大学 勝点3 7勝4敗
④愛媛大学 勝点2 4勝6敗
⑤鳴門教育 勝点1 2勝8敗
⑥香川大学 勝点0 0勝10敗
二部
①徳島大学 8勝0敗
②高知工科 6勝2敗
③香川高専 4勝4敗
④徳大医学 1勝7敗
④徳島文理 1勝7敗

◆今後の予定
○四国地区社会人・大学交流野球大会 (10/16~17)
10/16 四国学院大グラウンド
    JR四国 VS 四国学院
    四国銀行VS 松山大
10/17 レクザムスタジアム(変更の場合あり)
    四国銀行 対 四国学院
    JR四国 対 松山大
○理事会・マネージャー会議(10/24 松山大学)
○明治神宮野球大会中国・四国地区代表決定戦
   四国学院大学が出場
   場所 東広島アクアスタジアム
   日時 10/30

以上

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック