2012春季リーグ展望

「球春到来!」 四国学院の連覇か、それとも、、、
★展望
3月末から開幕する春季リーグは6月に行われる全日本大学野球選手権への出場権を賭けた戦いとなる。その中でも五連覇中の四国学院大学が連覇を伸ばせられるかが大きな見所となるであろう。
 優勝争いは四国学院大学を軸に、昨秋勝ち点3の松山大学、愛媛大学、高知大学の二番手グループが挑む展開となるであろう。四学大は、第三週から高大・愛大・松大とそれぞれ対戦する日程。一方リーグ前半はこの二番手グループがそれぞれ対戦する日程。リーグ前半は四学大への挑戦権を争う構図、そして中盤以降はその挑戦権を得た大学と四学大との優勝争いとなる。ただ全大学とも決定的な実力差はないため、鳴門教育大学・香川大学の戦い方次第では大混戦となる可能性も充分にある。 
 今季の春季リーグ、最終週には六大学全てがそろい踏みする「坊っちゃん決戦」が控えている。三月末から開幕し、この最終週の「坊っちゃん決戦」まで激戦が続くことは間違いない。球春を締めくくる決戦の地「坊っちゃんスタジアム」で栄冠を手にする大学は、どこか!。
poster2012spjpeg.jpg
春季リーグポスター

★各大学戦力分析

<<四国学院大学>>
 連覇のかかる春季。140Kを超える球速を持つ竹田、高野の2枚看板に加え、実績充分の馬詰など豊富な陣容を持つ投手陣。投手陣を中心にディフェンス面は他大学を凌駕している。攻撃陣においては、岩田・小阪・横山といった巧打者に加え、長打力を持つ福山ら、それぞれに特徴を持つ布陣は健在である上、どのような投手と対戦しても対応できる選手層の厚さを持ち、穴は見当たらない。五連覇中の実績が物語る通り、チーム・選手ともに勝つ術を身につけており、優勝候補の筆頭である。

<<松山大学>>
 投手陣においては、松井が軸となる。その中で昨秋の桑田が抜けた穴を他の投手陣がどれだけカバーできるかが、ポイントである。リーグ経験を重ねてきた松本の働きが浮沈のカギをにぎるであろう。攻撃陣においては、この数シーズンは、決定力に苦しんでいることが気がかりではある。覇権奪還へはこの攻撃力の厚みを増していくことが必須条件となる。勝負強い田中の前後に打つ打者の働きに期待をしたい。

<<愛媛大学>>
 投手陣は、実績のある重川・西本に加え、昨秋は丸岡・中本という新戦力が活躍し、計算のできる投手が揃い充実してきている。投手陣を中心としたデイフェンス力は確立しつつあり、失点の計算が立つ陣容である。攻撃陣においては、丹下・寺内・十亀の巧打者が揃う上位陣に死角はなく、得点力は四国学院に匹敵するであろう。リーグ前半で、投打の歯車の噛み合い勢いがつけば、四国学院の対抗の一番手となるであろう。

<<高知大学>>
 投手陣は、美島・井筒が主戦となるだろうが、故障からの復帰を目指す渡辺や門田など、陣容は揃いつつある。ただ、打たせて取る投手が多く、堅守がディフェンスのポイントとなる。攻撃陣は、長打を期待できる選手は少なく、多くの得点は望めないが、藤田・矢野らの足のある選手が揃い、機動力を絡ませられるかがポイントとなる。2-3点勝負の試合展開に持ち込むスタイルの確立が上位大学と勝負するために必要となる。

<<鳴門教育大学>>
 昨秋からの野手陣の主軸が抜け、得点力は多くが見込めない。芦原・村上の主戦の二投手への負担は大きくなるであろう。打撃陣では、昨秋勝負強さを発揮した秋津が中心の打線となることが予想されるが、彼に続く打者が頭角を現し打線のレベルアップをしなければ、上位との対戦は厳しくなる。

<<香川大学>>
 投手陣ではプレーオフ・入替戦を投げぬいた古味・家吉の若い投手が軸となるだろう。打撃陣では古谷・片山・白鳥らは一部での経験もあり、中心選手としての役割を果たせば一泡吹かせることも可能である。一季で返り咲いた勢いを持つ香川大がどのような戦いを見せるのか楽しみである。

★二部リーグ展望
 徳島大学と高知工科大学の二大学が中心になった争いとなるであろう。両大学は最終決戦までに取りこぼしをしない戦いが必須となる。全試合がダブルヘッダーとなるリーグ戦。体力・集中力がカギを握るリーグ戦でもある。ディフェンス力の差が勝負を左右する戦いとなるであろう。 

★前リーグ個人成績<1部のみ、学年は2011秋季時>

◇投手成績一覧(規定投球回数到達者一覧・防御率順)
氏名(大学・学年)-勝敗-投球回-安打-三振-四死-防御率
桑田_翔(松大4)-5-0-43.000-21-40-13-0.00
高野圭佑(四学2)-5-1-45.000-21-34-08-0.40
竹田隼人(四学3)-2-1-23.666-22-20-07-1.14
井筒健太(高大1)-1-2-38.000-30-31-13-1.42
松井佑二(松大3)-2-3-53.666-42-27-16-1.68
重川和真(愛大2)-3-2-45.333-27-26-21-1.79
美島_涼(高大2)-3-2-44.666-41-19-28-2.42
村上太朗(鳴教2)-1-5-46.666-45-20-30-2.51
加統昂平(徳大1)-0-4-29.666-34-06-08-2.73
濱田大輔(徳大4)-2-5-52.000-51-24-41-4.85
芦原慎平(鳴教3)-2-4-50.333-64-19-22-5.19

◇打者成績(打率ベスト20)
氏名(大学・学年)-安打-打点-塁打-得点-三振-四死-盗塁-本塁-打率
小阪有貴(四学1)-14-10-19-09-03-04-00-00-0.467
岩田修治(四学1)-18-09-25-12-03-10-05-00-0.450
十亀貴洋(愛大3)-16-13-20-10-10-02-06-00-0.381
田中勇士(松大2)-19-07-20-05-04-08-05-00-0.380
寺内晃生(愛大2)-12-03-17-08-06-10-02-00-0.375
横山亮太(四学2)-13-11-24-08-03-11-00-00-0.361
丹下喬介(愛大1)-14-03-21-07-07-06-03-00-0.350
秋津久範(鳴教2)-12-00-16-06-06-08-01-00-0.324
矢野敬典(高大3)-09-03-11-06-06-13-02-00-0.321
溝口_諒(徳大2)-12-00-14-01-08-03-00-00-0.316
高橋大地(高大4)-10-03-15-07-05-06-01-00-0.294
福山翔太(四学1)-10-07-14-08-04-08-01-00-0.294
大継達也(四学3)-11-04-12-08-03-08-04-00-0.289
原田_隆(徳大3)-10-01-10-00-07-03-00-00-0.278
川原裕貴(愛大2)-09-06-13-01-02-05-00-00-0.273
岡田雄太(高大2)-12-05-12-02-06-02-02-00-0.267
今瀬雄太(鳴教4)-10-04-13-03-09-07-01-00-0.263
藤原亮太(松大4)-12-08-13-03-04-03-01-00-0.261
下山達也(高大2)-10-05-13-01-09-05-00-00-0.256
小林晴太(鳴教1)-08-03-08-03-08-07-03-00-0.235


以上