2012秋1部香川大対松山大第2試合結果

9月14日(金)、観音寺市総合運動公園野球場、9:56開始
主管 香川大学 観客数32人
イニングスコア
香川大学=100|002|000|3
松山大学=100|221|00X|6
バッテリー
香川大学=●楠本、大西(孝)、家吉-安藤
松山大学=○赤松、宮森、西岡-政岡
二塁打=植田、春名(香大)、政岡(松大)
三塁打=岡田(松大)
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=安藤(香大)
野選=家吉(香大)
MVP=小原(松大)
VP=政岡(松大)
記事=初回、香川大学は一番植田が二塁打でチャンスメイクすると、四番春名の適時二塁打により幸先良く先制する。しかし、松山大学も続く1回裏に四番吉田が適時打を放ちすぐに同点に追いつく。松山大学は、4回には岡田、北尾の連続適時打が、また5回にも妹尾、小原の連続適時打がでてリードを広げる。追う香川大学は、6回に一死満塁のこの試合最大のチャンスを迎えると、春名が押し出しの四球を選び、続く川村の犠牲フライにより2点を返すものの、反撃はここまで。これで、松山大学は全勝で四国学院大学が勝ち点を取れなかったため、単独首位に浮上した。なお、松山大学は第5週に、四国学院大学から1勝した時点で優勝が決まる。
香川大学 0勝2敗(通算 勝点0 2勝7敗1分)
(報告者=香大 室山)