リーグ展望~2013秋

リーグ展望2013秋
「夏は続く!~熱いバトルの予感」
 8月20日に愛大四学・松大鳴教のマドンナバトルで四国六大学秋季リーグが開幕し、11月の明治神宮大会へ繋がる長く険しい道のりがスタートする。最終試合までもつれた春季リーグ同様に凌ぎを削る戦いが予想される。その中で一歩リードするのは、春に完全優勝で雪辱し、経験豊富な選手が揃う四国学院。秋季リーグはこの四国の雄・四国学院を軸に覇権争いが繰り広げられるだろう。
 春の覇者・四国学院は、選手の入れ替わりも少なく、攻守ともに高いレベルの陣容で、期待通りの働きをすれば連覇は難しくないだろう。残りの5大学は、この王者・四国学院に照準を合わせ、戦いを挑むこととなる。高知大は、2-3点の勝負に持ち込む試合運びができるかどうかにかかる。愛媛大は巧打者の揃う左打線は健在で得点力は高く、覇権争いのカギを握るチームとなるだろう。屈辱の四位に沈んだ松山大は、投手陣の奮起が浮沈の鍵を握ることとなる。投手陣が機能し始めた香川大は今秋、ダークホースの存在となるであろう。鳴門教育大は、部員不足のハンディの中、堅実なプレーが確立が連年の最下位からの脱出には必須となる。
 今回の秋季リーグは、2カードを同一開催する日程が盛り込まれている。第一週の「マドンナ・バトル」、第二週の「坊っちゃん・バトル」と二週連続で行われる。春の「決戦」とは違いリーグ前半で行われることで、覇権争いにどのような影響が出てくるのかもまた見所となる。夏真っ盛りの8月下旬から一ヶ月に及ぶ秋季リーグ。神宮へ続く中四国決定戦への切符を手にする初秋の9月下旬まで、四国六大学野球の熱い夏は続く。

★各大学戦力分析
<<四国学院大学>>
入れ替りの少ない四国学院は、攻守に充実している。大黒柱の高野を筆頭に、細田・児玉・河野と多彩かつ経験豊富な投手陣が揃い、ディフェンスについては穴がない。攻撃陣も岩田・福山を中心に役者が揃っている。選手個々が期待通りの働きをすれば、磐石の体制となり、他の追随を許さないだろう。
<<高知大学>>
連続の2位となっている高知大は、身上の粘りを発揮できる試合運びとなるかにかかる。井筒・坂口らの投手陣が2-3点勝負に持ち込む投球ができれば、黒木・岡田・佐々木らの機動力ある打線が生きてくることとなる。
<<愛媛大学>>
経験豊富な吉田・宇野に加え、増田・田中宏らの1年生投手が加わりし、投手陣は厚みが増している。また久保・丹下らを中心とした左打線は健在で得点力は高い。この投打が噛み合えば、私学キラーどころか、波乱を起こすこととなる。ただ覇権争いのカギを握るチームであることは変わりはない。
<<松山大学>>
雪辱に燃える松山大。投手陣の奮起が大きな鍵を握る。先発が予想される松本・西岡は実績も十分である分、試合終盤を任せられる投手の出現が必要不可欠となっている。正岡、妹尾、田中ら巧打者が揃い、しぶとく一点を奪う打線は健在であるだけに、失点の計算ができるディフェンスとなれば、下馬評を大きく覆すこととなる。
<<香川大学>>
ダークホースの存在となることが予想される香川大。投手陣が揃いディフェンス面でムダ名失点を抑える体制ができつつある。また打撃面でも荒削りではあるが思い切りの良い打者が揃い、波に乗れば大量得点も見込める布陣となっている。
<<鳴門教育大学>>
部員不足のハンディを持ち、苦しい戦いが予想される。ただディフェンス面では派手さはないものの、堅実なプレーが確立されてきており失点は抑えられるだろう。相手のスキを突く攻撃ができれば、最下位からの脱出は難しくないだろう。

★二部リーグ展望
 二部リーグは、春季優勝の高知工科大と徳島大の争いであると予想されるが、徳島文理、香川高専、徳大医学ともに新戦力が充実してきており、ワンサイドのゲームにはならないだろう。勢いに乗るチームが現れれば、波乱を起こす可能性は十分に秘めており、二部も予断を許さないリーグ戦になる。


2013春投手成績(規定投球回到達者)
氏名 大学--試合数--投球回--勝-敗-安打-三振-四死球---防御率
西岡杜斗(松)-6---36.000--3--3--23--19---24-----1.50
高野圭佑(四)-7---50.000--5--1--24--44---22-----1.80
細田英城(四)-5---36.333--4--1--21--26---15-----1.98
寺内晃生(愛)-4---26.000--2--1--21--23---06-----2.08
宇野祐士(愛)-7---45.333--2--2--39--14---16-----2.18
井筒健太(高)-6---47.000--4--1--39--29---15-----2.49
村上太朗(鳴)-7---62.666--2--5--57--20---29-----3.02
吉田亮太(愛)-8---30.999--3--1--23--16---18-----3.48
松本将幸(松)-7---33.000--2--2--40--26---09-----3.55
中林洋輔(香)-4---23.666--0--2--24--16---25-----4.18

2013春打者成績(打率上位20名)
氏名----大学----安打---打点------打率
田中勇士(松)----20----15-------0.488
高岡拓也(四)----11----07-------0.440
清水宏樹(四)----16----07-------0.432
高岩佑貴(香)----15----06-------0.429
政岡隆志(松)----15----10-------0.405
小林晴太(鳴)----18----00-------0.400
橋本元気(四)----16----00-------0.390
下山達也(高)----14----10-------0.378
兼若宏規(四)----16----04-------0.372
福山翔太(四)----15----07-------0.366
黒木彰太(高)----15----03-------0.357
佐々木亮輔(高)--13----09-------0.342
上田大(高)------15----07-------0.319
空田直樹(四)----14----10-------0.298
矢島良樹(鳴)----12----04-------0.286
妹尾恭平(松)----08----04-------0.286
岡田大樹(松)----10----07-------0.278
岩田修治(四)----11----03-------0.275
佐藤俊介(高)----09----05-------0.265
羽原達弘(四)----09----03-------0.265

PICT0212.JPG