2013秋2部徳大医対高知工第2試合結果

8月23日(金)志度球場 12:45開始
主管 徳島大学医学部

イニングスコア
高知工科 823|010|3|17
徳大医学 001|000|0|1
(7回コールド)
バッテリー
高知工科=奥浦○、森津、樋野-松原、田中
徳大医学=末政●、木下-肥田
二塁打=なし
三塁打=松原(高工)、山中(高工)
本塁打=なし
暴投=末政4(徳医),木下(徳医)
補逸=なし
野選=なし
MVP=森津(高工)
VP=奥浦(高工)、肥田(徳医)
徳大医学 0勝2敗(通算 0勝2敗)
記事=一回表、徳医先発末政を攻めたてた高工打線は、相手の拙守をからめ一挙8点を奪い、一気に試合をワンサイドゲームに持ち込むことに成功。その後も着実に得点を重ね、7回で計17点をたたき出した。一方、徳医打線は高工投手陣の前に7回でわずか散発1安打と沈黙。形勢を立て直すには初回の大量失点が重く響いた。

(報告者=徳医 金井)