PB2013 vol.4~秋の風物詩~新人戦など

vol.4 秋の風物詩~新人戦など 
二年目となった新人戦。マドンナスタジアム・松山大Gで開催された。この新人戦においても秋のリーグ順位を元に組合せを決め、1部2部の対戦が行われるような配慮を行っている。夏のインカレには出場資格のない香川高専が初参加したこともあり、1部2部との交流促進の意味合いも強いものとなった。試合は2部大学が1部大学を撃破する波乱、リーグ戦で苦しんだ香川大が優勝するなど、見所も多くリーグ戦に勝るとも劣らない緊張感のある有意義な大会となった。社会人交流戦、中四国決定戦、入替戦、理事会と日程が過密する時期の開催であり、苦心することが多いが、連盟の秋の恒例行事に育てなくてはならない。
 招待を受けている社会人交流戦は、秋季優勝の松山大と開催地元の高知大が出場した。優勝大学にとっては中四国決定戦前の重要な実戦の場でもある。対戦成績は1分3敗と格の違いがくっきりと現れているが、現状を認識し、レベルアップに繋げていける格好の場となっている。
 今回、新人戦初日の夕刻に、事務局の計らいで、各大学の運営スタッフの懇親懇談会を実施した(参加希望者のみ)。日頃はライバルではあるが、運営の苦労を共有するメンバーであり、懇親の場は早々に盛り上がった。それぞれが持つ悩みや課題について、教えあい、学びあうことのできた有意義な時間となった。その翌週に行われた理事会においても、グランド内外での品格についての議題も上り各大学が真摯に取り組むことがスタッフ全員で確認された。各大学のスタッフはこの一連の交流の中で、我がチームの運営に加え、連盟全体でレベルアップしていこうとする自覚が芽生えることとなった。

新人戦
DSCF1284.jpg DSCF1308.jpg
DSCF1467.jpg DSCF1375.jpg
DSCF1269.jpg DSCF1268.jpg

主務・マネの懇談会
DSCF1236.jpg DSCF1239.jpg

次回vol.5は12月22日を予定。