リーグ展望~2014春

リーグ展望2014春
「群雄割拠の戦い」
 4月2日より四国六大学春季リーグが開幕し、全日本大学野球選手権への出場権を賭けた春の戦いが始まる。昨秋は勝ち点5で松山大が駆け抜けたが、各大学とも戦力の入れ替えもあり、凌ぎを削る戦いが予想され群雄割拠の様相となる。上位が予想される松山大・愛媛大・四国学院においても大きな力の差はなく、もつれる展開となるだろう。
 秋の覇者・松山大は、松本(松山北・4年)・西岡(高松北・4年)の二本柱を中心にディフェンスの確立は言うまでもなく、攻撃面でも、二死からでも得点できる長打力・小技を絡めた緻密さを併せ持ち、接線を勝ち抜ける力は健在である。攻守ともに高いレベルの陣容で、松山大が覇権争いの軸となる。対抗となる愛媛大・四国学院も戦力は充実している。愛媛大は打線の破壊力は健在のまま、失点の計算のできる投手が揃い、戦力は充実している。秋からの選手の入れ替わりも少なく勝つ術を身に着けた陣容となり脅威となるだろう。四国学院は2割8分を超えるチーム打率を誇り、上位下位関係なく得点できる能力を持つ打線に細田(川之江・4年)・児玉(伊予・3年)らの投手陣も安定感抜群である。選手個々の能力は高く波に乗れば手のつけられないものとなるだろう。高知大・香川大・鳴門教育大は苦しい戦いが予想されるが、ディフェンス面で大きな穴はなく、上位陣に食い込んでいく能力は充分あり、台風の目となる可能性は秘めている。
 松大・愛大・四学の競り合い、高大・香大・鳴教の虎視眈々と上位を狙う戦い、と見所のあるリーグ戦となる。大きく抜きん出るチームはなく群雄割拠して覇権を争うこととなるだろう。最終週のクライマックスとなる「坊っちゃん決戦」で覇権を手にするのはどこになるのか、一週目から目の離せない展開となる。

★各大学戦力分析
<<松山大学>>
松本(松山北・4年)・西岡(高松北・4年)を中心に実績・経験ともに十分な二枚看板が健在で、ディフェンス面での穴はない。しっかりと一点を積み重ねる精度の高い打線は健在な中、政岡(土佐・4年)、末廣(今治西・2年)、北尾(阿波・4年)らの中軸が機能すれば、変幻自在な打線となり、他大学には脅威なるであろう。昨秋の中四国決定戦の雪辱を晴らすため、チームの士気も高く、覇権争いの軸となることは間違いないだろう。
<<愛媛大学>>
吉田(高松桜井・3年)・宇野(大津・3年)・田中宏(洲本・2年)らの実戦経験の豊富な投手陣が揃い、厚みが増している。ディフェンス面から見ればここ近年にない充実ぶりである。後迫(広島国泰寺・3年)・高橋(西条・2年)が中心となる打線は勢いに乗ると一気に試合を決めてしまう得点力を持ち爆発力は大きく他を引き離している。投打ともに戦力は充実しており、このバランスが噛み合えば、混戦を抜け出すであろう。
<<四国学院大学>>
秋からの入れ替りの少ない四国学院は、攻守に充実している。細田(川之江・4年)・児玉(伊予・3年)を筆頭に多彩かつ安定感に優れる投手陣が揃い、硬いディフェンス陣となっている。攻撃陣も昨秋チーム打率2割8分を超え、どこからでも得点のできる打線であるはゆう言うに及ばず、岩田(寒川・4年)・福山(香川西・4年)・橋本(高知商業・3年)を中心に一打で局面を打開できる役者が揃っている。選手個々の能力も高く、期待通りの働きをすれば、他の追随を許さない独走も可能となる。
<<高知大学>>
高知大は、得点力が低い分、井筒(松江北・4年)を中心とする投手陣の活躍か必須となるだろう。身上の粘りで勝つためには、最小失点に押さえ込む投球とディフェンスの精度が必須となる。そうすれば機動力を絡めた攻撃が生きてくることになる。
<<香川大学>>
野手登録でもある大西(丸亀・3年)が先発の軸となるだろう。昨秋は上位大学とも接戦を展開しており、ディフェンス力は上がってきている。打撃面では安藤悠・高岩らの中軸の前にチャンスを作る打線となれば、上位へ食い込む可能性が出てくるだろう。
<<鳴門教育大学>>
新入部員を待つ鳴門教育は最少人数で挑む苦しいリーグ戦が予想される。ディフェンス面では派手さはないものの、堅実なプレーが確立されてきており、投手陣が奮起が必須となる。人数が少ない分選手はリーグ経験を積み重ねており、その勝負強さが発揮できれば一泡を吹かせる存在となるであろう。

★二部リーグ展望
 二部リーグは、徳島大と高知工科大のマッチレースと予想される。香川高専、徳大医学、徳島文理ともに僅差の勝負も展開しており、この二強に分け入る大学で出てくれば、波乱の展開となる。高知工科と徳島大は最終戦の直接対決までは星を落とさずに行きたいところだろう。


2013秋投手成績(規定投球回到達者)
氏名 大学--試合--投球回--勝-敗-安打-三振-四死球-防御率
西岡 杜斗(松)-8---57.333--5--1--43--42---14-----0.47
細田 英城(四)-6---44.666--5--1--37--30---07-----0.81
児玉 健史(四)-5---32.333--2--2--18--13---05-----0.84
増田 浩汰(愛)-5---24.666--2--1--13--14---13-----1.09
井筒 健太(高)-9---69.000--4--3--46--50---18-----1.30
宇野 祐士(愛)-7---43.000--4--2--40--17---23-----2.09
松本 将幸(松)-5---29.333--4--0--27--15---12-----2.15
中野竜太郎(鳴)5--24.666--0--3--21--07---19-----2.19
大西 孝明(香)-7---56.666--2--4--45--23---32-----2.86
安川 達(鳴)-4---26.000--0--2--22--15---21-----3.12
楠本 将貴(香)-6---23.666--0--3--35--11---06-----4.56
村上 太朗(鳴)-6---39.333--1--5--55--20---30-----6.64

2013秋打者成績(打率上位20名)
高橋大和(愛)----18----07-------0.429
後迫計人(愛)----18----06-------0.391
佐藤俊介(高)----10----05-------0.370
末廣朋也(松)----10----01-------0.345
岩田修治(四)----14----08-------0.341
鈴川源史(四)----12----10-------0.324
岡本丈聖(鳴)----11----00-------0.306
田中勇士(松)----12----10-------0.300
村上祐規(四)----09----02-------0.300
橋本元気(四)----11----03-------0.297
政岡隆志(松)----10----02-------0.294
黒木彰太(高)----12----00-------0.293
福山翔太(四)----10----03-------0.286
北尾賢人(松)----11----07-------0.282
渡部元輝(高)----07----02-------0.280
高岡拓也(四)----10----04-------0.278
安藤 悠(香)----10----05-------0.278
矢島良樹(鳴)----09----03-------0.257
安藤 輔(香)----11----02-------0.256
高岩佑貴(香)----10----02-------0.250


DSC06649.jpg