2014春1部松山大対鳴教大第1試合結果


4月25日(金)、マドンナスタジアム、11:00開始(試合時間2時間35分)
主管 松山大
観客数75人

イニングスコア
鳴門教育=000│000│400│4
松山大学=300│000│101×│5x

バッテリー
鳴門教育=●安川‐矢島
松山大学=西岡、○金枡-政岡
二塁打=中川(鳴教)
三塁打=矢島(鳴教)
本塁打=なし
暴投=金枡(松大)
捕逸=矢島(鳴教)
野選=政岡(松大)
MVP=政岡(松大)
VP=柴(松大)、中川(鳴教)
審判=(小林、石川、伊井、細川)
記事=松大は鳴教先発の安川が制球が定まらず押し出しで先制する。さらに二死満塁の好機に柴が中前適時打を放ち初回に3点を先制する。その後西岡、安川両先発が好投を続け試合は進んでいく。鳴教の反撃は7回、相手ミスなどで無死満塁の好機に矢島が走者一層の適時三塁打を打ち同点とする。さらに、中川も適時打も打ち鳴教が逆転に成功する。しかし、松大はその裏に相手逸球ですぐさま同点に追いつく。9回表に鳴教は好機を作るが8回から登板した松大金枡の気迫の投球の前にあと1本がでない。すると9回裏松大は二死から坂本、妹尾が出塁する。ここで今日ここまで当たりのなかった主将政岡がサヨナラ中前安打を放ち5ー4で松大が勝利した。この試合、試合を決めるサヨナラ安打を放った政岡(松大)がMVPに。初回に適時打を打った柴(松大)と中川(鳴教)がVPに選ばれた。
松山大学 1勝0敗(通算 勝点1、5勝3敗)
(報告者=松大 光田)
写真は適時打を打つ柴(松大)と同点打を打つ矢島(鳴教)とサヨナラ打を打つ政岡(松大)
1398409892102.jpg1398409889782.jpg1398409887640.jpg