2014春1部高知大対松山大第2試合結果

5月9日(金)、高知市営球場
11:00開始(試合時間2:19)
主管 高知大学 観客数 70人

イニングスコア
高知大学=000|000|000|0
松山大学=020|000|01x|3

バッテリー
高知大学=●井筒-伊藤
松山大学=◯西岡-政岡
二塁打=北尾(松大)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=井筒(高大)
捕逸=なし
野選=上田(高大)
MVP=西岡(松大)
VP=末廣(松大)、なし(高大)
審判(秋友、大野、立野、川江)
記事=松大が四学とのプレーオフに進出するのか、それとも高大がそれを阻止するのか。初夏のような暑さの中で行われた一戦。
松大は2回、末廣の内野安打、寺尾の送りバント、相手ピッチャーの暴投、相手の野選でまず1点。そして坂本の進塁打で2点目を追加する。その後はお互い譲らず、松大が突き放すのか、高大が追いつくのか、緊迫した試合展開が続いたが、試合が動いたのは8回。松大は清水の四球、続く政岡のレフト前安打、十河の犠飛、末廣の内野安打で更に1点を追加する。これで流れが松大へ向き、高大は反撃に繋げることができなかった。
MVPには、安定した好投を見せた松大の西岡が、VPには、得点のチャンスで活躍し、チームの勝利に貢献した松大の末廣が選ばれた。
(連盟より追記=松山大と四国学院のプレーオフは第一戦は5/13の12:30~、第二戦は5/14の9:30~行われる。一勝一敗となった場合は第二戦に引き続き開催する予定となっている。)

高知大学 0勝1敗 (通算 勝点3 6勝6敗)
(報告者=高大 平川)

写真は力投する西岡(松大)と攻撃中の末廣(松大)
image.jpegimage.jpeg