総括~2014春

 同率首位の松大・四学でさえも4敗、9年振りに行われたプレーオフ(同勝点・同率による順位決定戦)と、激戦となった2014春季リーグ戦。松山大学は愛大戦で勝ち点を落とし、最終四学戦でも第一試合を落とし、瀬戸際まで追い詰められながらもそこからの五連勝で覇権を手繰り寄せ、松大にとっては平成18年以来の連覇となった。優勝の松山大学の戦いぶりを見ると、息詰る展開の試合がほとんどを占め、圧倒的な強さを示すことはなかった。先発陣の西岡・松本に加え金枡を中心とする救援陣を加えたバッテリーが再三のピンチでも踏み止まり、決定的な失点を食い止める粘りを見せた。打撃陣もその粘りに応えるようにチャンスに強い打撃を見せた。主将・政岡が攻守ともに引っ張るチームではあるが、それに続く選手が負けず劣らずの活躍を示し、試合毎に殊勲をあげる選手が代わるという"レベルの高い"全員野球で、群雄割拠の激戦を切り抜けた。
 首の差をかわされた四国学院。若い選手が台頭し、苦しむ展開が多かったのだが、岩田・高岡らのリーグを牽引してきた打撃陣の粘りの一打で試合の流れを変え、試合をものにしてきた。あと一勝と迫りながらも、全員野球の松山大の前にその粘りもわずかに届かなかった。三位となった愛媛大。田中宏が一本立ちし、松山大学から勝ち点を取り、6勝を挙げるなど、宇野・吉田らの投手陣がしっかりと試合を作り、香川・高橋らを中心とする打撃陣も好調で私学二強を脅かし続けたが、第四週に四学戦で仕留めきれず、悔しい結果となった。高知大は打線が振るわず苦しい試合が続いた。上位との対戦でも投手陣が踏ん張るものの粘りきれずに押し切られ、連続の四位に沈んだ。香川大は勝ち点は1と振るわなかったが、松大・四学からも勝利を挙げる奮闘を示し、混戦の立役者となった。最少人数で挑んだ鳴門教育、リーグ戦では無念の未勝利に終わったが、上位相手に後一歩のところまで追い詰める試合も多く、対戦相手も星勘定ほどの差を感じるものはいないであろう。
 第三戦にもつれ込む対戦が7つ、9回(最終回)で動く試合もあり、6試合がタイブレークになるなど熱戦、混戦が繰り広げられた。
 一部同様に混戦となった二部は、徳島大が優勝し入替戦に出場した。その入替戦も二試合ともに息詰る投手戦となった。その中で最後まで粘りきった鳴門教育が連勝で残留を果たした。
 6月から始まる全日本選手権。1回戦は北陸地区の福井工業大学に決定している。福井工業大学は毎年春に四国へ合宿にきており、いくつかの大学はオープン戦などの対戦の経験はある。強豪であり、格上のチームであることは身を持って体験しており、チャレンジャーであることは間違いない。われわれの代表として出場する松山大学は、現在更なるレベルアップを目指し、精力的に調整を進めている。群雄割拠の激戦を勝ち抜いた誇りを持って、チャレンジしてもらいたい。

◆今後の予定
 5/31 松山大愛媛大硬式野球定期戦(坊っちゃんスタジアム)
 6/10 全日本大学野球選手権大会(初日・9:00~松山大vs福井工業大学)
 6/21 理事会・マネージャー会
 6/27 四国インカレ(香川県志度球場・~29日)

image.jpeg 1400043465038.jpg
DSCF2722.JPG DSCF2564.JPG DSCF2235.JPG 1398581431106.jpg 1397980404032.jpg image.jpeg