松山大学(監督・主将)からのコメント~2014春

2014春季リーグ 群雄割拠の戦いを制し、松山大学は四国地区大学野球連盟の代表として全日本大学野球選手権大会に出場する。その松山大学の監督・主将よりコメントが届いたので、紹介する。


◆井上監督のコメント
先日の春季リーグ戦は、四国学院大学との優勝決定プレーオフを制し、5年ぶりの全日本選手権出場が決まりました。御父兄の方々やOBの皆様からの惜しみない御支援、御声援は選手1人1人の力となりました。誠にありがとうございました。全日本選手権では、今リーグで見せた粘り強さを充分に発揮し、全部員84人の意識を常に高くもち、チームが一丸となって目の前の一戦に向かっていきたいと思っています。これからも変わらぬ御声援をよろしくお願いいたします。

◆政岡主将のコメント
今リーグ戦は、崖っぷちの状況からの連勝で優勝することが出来ました。これは、日々の練習の成果、また、応援してくださった皆様のおかげであると思います。これからは、全日本選手権まで時間がありませんが、個々の今出来ることを考え、行動することでチームの勝利に結びつくと思っております。部員84人の思いを一つにして、初戦の東京ドームで戦います。大会では、「全力疾走」と「凡事徹底」を貫き、勝利を目指したいと思います。更なる御支援、御声援をどうぞよろしくお願いします。


全日本選手権に向け調整に励む松山ナイン
IMG_4067.jpg IMG_4681.jpg IMG_4971.jpg