2014新人戦松山大対徳島大試合結果〜準決勝

11月1日(土)、久万ノ台グラウンド、9:53開始(試合時間 1時間 51分)
主管 松山大学
観客数 63人

イニングスコア
松山大学=000|00|000|2 2
徳島大学=000|00|000|1 1

バッテリー
松山大学=加藤、(勝)高橋、石塚−桑内
徳島大学=(負)井上-大西
二塁打=なし
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=なし
野選=なし
MVP=桑内(松大)
VP=加藤(松大)、大草(徳島)
審判=(早川、小林、岡田、山脇)
記事=試合は投手戦となる。松山大学先発、加藤省はフォアボールでランナーを出すも、要所を締め、ダブルプレーなどでピンチを切り抜け、7回を無失点に抑える。2番手高橋も粘りのピッチングをみせた。徳島大学先発の井上は、10回1四球という安定した内容で、松山大打線を内野ゴロの山に打ち取る。10回タイブレークでついに均衡が破られる。松山大学は四番桑内の中前適時打で2点を先制した。その裏、徳島大学は7番山口の犠牲フライで1点を取るも、反撃は及ばず2対1で松山大学が勝利した。
(報告者=松山大学 平松)

写真は、松山大先発の加藤、徳島大先発の井上、決勝打を打つ桑内(松大)、犠飛を放つ徳島大の山口
IMG_0803.jpgIMG_3965.jpgIMG_1952.jpgIMG_1852.jpg