2014愛媛県野球フェスティバル大学高校交流試合結果

11月23日(日)、坊っちゃんスタジアム

イニングスコア
大洲高校=000|000|001 |1
大学選抜=000|000|002x|2x

バッテリー
大洲高校=岳本、中本、久保、●金子、兵頭
大学選抜=金枡、村上、青木、○福田‐岡、乗松

二塁打=竹内(大洲)、重松(選抜)
三塁打=河野(大洲)
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=なし
野選=なし
審判(川本、早川、石川、久保田)
記事=愛媛県野球フェスティバルでは今年から愛媛県大学野球選抜(愛媛大学、松山大学、四国地区大学野球連盟愛媛県高校出身者)を組み交流試合を行った。本年度は南予地区一年生大会を制した大洲高校との高校、大学交流試合となった。愛媛県大学選抜の先発は金枡(松大)。金枡は落ち着いた投球で5回を無失点に抑える。その後も愛媛県大学選抜は村上(松大)、青木(愛大)が無失点リレーを見せる。一方、打撃は大洲の投手、岳本、中本祐、久保の前に好機は作るものの、あと一本が出ない。0ー0で迎えた9回、大洲高校は愛媛県大学選抜の4番手福田(愛大)から河野が右中間へ大きな飛球を放ち、一気にホームを狙う。しかしここで愛媛県大学選抜の遊撃手上田(松大)が中継プレーから好返球でアウトにし、八幡浜高校の先輩福田を助ける。その後大洲高校は安打と四球で好機を作ると菊池が中前適時打を放つ。しかしここでも愛媛県大学選抜の主将中堅手高橋が好返球で二塁走者を本塁でアウトにし、最小失点で切り抜ける。9回裏、愛媛県大学選抜は無死満塁の好機を作ると、重松(松大)が左中間へのサヨナラ適時二塁打を放ち、2ー1で勝利した。今回の選抜チームには愛媛大学、松山大学だけでなく高知大学、四国学院大、高知工科大の愛媛県高校出身者が集った。他チームと交流を図るとともに、連盟としてのレベルアップに向けて、良い機会となった。
(松大=光田)

写真は試合前にミーティングを行う様子、先発の金枡、サヨナラ打を放つ重松、高橋の好返球でアウトにした場面(捕手乗松)
1416730066535.jpg DSC_3616.jpg 1416727377374.jpg 1416730050019.jpg

少年野球教室の様子
DSC_3599.jpg IMG_0766.jpg

交流戦の様子
DSC_3631.jpg DSC_3650.jpg DSC_3684.jpg DSC_3661.jpg

選抜メンバー集合写真
DSC_3607.jpg