PB2014 vol.5~遠く険しい神宮への道

遠く険しい神宮への道~2014中四国
 最後までどこが栄冠にたどり着くのかわからない秋季リーグの激戦を潜り抜けた愛媛大。実戦感覚を失ってしまう期間ではあるが、一ヶ月の準備を持って挑んだ中四国代表決定戦。2014年は四国地区がホームとなり、我らが聖地"坊っちゃんスタジアム"で行われた。秋季リーグでは幾多の際どいゲームを乗り越えてきた安定の投手陣を擁しており、「接戦の末、僅差の・・・」を期待したのだが、瀬戸内の限りなく深い海に行く手を阻まれてしまった。第一試合を制した徳山大の実力と試合巧者ぶりに振り切られ、惜敗し、2014年、神宮へ続く扉は硬く閉ざされてしまった。
 春の全日本選手権、秋の中四国代表決定戦、2014年も全国未勝利となった。春秋ともにリーグ戦は例年にない混戦・激戦となり、加盟大学のせめぎ合いで、レベルアップしてきたのではないかとの自負もあったのだが、その望みも脆くも崩れ去った。「全国との歴然としたレベルの差」を思い知らされ、挫けそうな思いを胸に2014年の四国地区大学野球連盟の戦いは幕を下ろした。ただ、。
 「過去」と「実力不足」を嘆いていてはチャレンジは始まらない。いかなる状況・環境でも自分たちのポテンシャルを最大限に発揮して、道を切り開こうとするチャレンジャースピリットを持ち続け、来るべき2015年のシーズンに向かわなければならない。

中四国代表決定戦の模様
1414220573750.jpg 1414220580382.jpg DSC_3552.JPG DSC_3551.JPG DSC_3527.JPG 1414204653726.jpg IMG_3774.jpg