2015四国インカレ決勝戦松山大対高知大試合結果

決勝戦
 
7月5日(日)、坊ちゃんスタジアム、14:44開始(試合時間 1時間40分)
主管 高知大学
観客数 125人
 
イニングスコア
松山大学=000|022|22|8
高知大学=000|000|00|0
(8回コールド)
 
バッテリー
松山大学=三好、○鴻上、高橋、山下-田原、桑原
高知大学=●白石、伊藤-田中、西林
二塁打=なし
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=伊藤2(高大)
捕逸=なし
野選=田中(高大)
MVP=正月(松大)
VP=三好(松大)、なし(高大)
審判=(室野、久保田、上田幸、早川)
記事=3日間続いた四国インカレもいよいよ決勝戦。試合が動いたのは5回、前の試合から連投の白石が松山打線に捕まる。2死1,3塁の場面で1番宇野がレフト前適時打で、先制すると続く1,3塁、盗塁した1塁ランナーへのセカンド送球間に3塁ランナーが生還し、この回2得点とする。続く6回、交代した高大ピッチャー伊藤は5球で2死とするも続くバッターをファーストの補給エラーで出すと、2者連続四死球と悪い流れを切ることができず、9番正月に2点適時打を放たれ、これが駄目押しの得点となった。
対する高大は松大4投手の前に2安打と最後までチャンスを作ることが出来ず優勝を逃した。
 
(写真は勝投手の鴻上選手)
 
 
 
上記の結果、松山大学が優勝。高知大学が準優勝。
 
 
(報告者=高大 立野)