広島国際親善野球大会 四国地区対中国地区 試合結果

7月5日(日) 広島県総合グラウンド野球場
8:53開始(試合時間 2時間 13分 )
主管 広島六大学 観客数 100人

イニングスコア
中国地区=000|010|000|1
四国地区=000|000|010|1


バッテリー
中国地区=山田、桑木、宮本−秋好、高祖
四国地区=田中、吉田、平山、金枡、柴田翔−乗松、加賀爪
二塁打=なし
三塁打=なし
本塁打=菅元(中国地区)
暴投=なし
捕逸=高祖(中国地区)
野選=なし
記事=1戦目、中国地区と引き分けに終わり勝敗を決めたい最終戦。先発投手愛媛大学エースの田中は3イニングとも走者を得点圏にまで進められるが粘りの投球で無失点に抑え同じく愛媛大学の吉田に継投する。吉田は4回表を三者凡退に抑えるが5回表に先頭の菅元(中国地区)に本塁打を浴び1点を先制される。一方、打撃陣は7回まで好機を作るもののあと1打が出ず無得点。しかし、悪い流れを消すかの如く2部リーグ首位打者の津吉(工科大)が先頭に代打を送られた。すると、期待に応え右前安打で出塁すると犠打、四球などで1死2,3塁。ここで四国選抜の大黒柱、4番で主将の高橋(愛媛大)がバットを折られながらもしぶとく中前安打を放ち同点に追いつく。しかし、5回2死から平山、金枡(松山大)、柴田翔(高知大)への無安打リリーフ、杉山(愛媛大)のダイビングキャッチなどの好プレー、ベンチ入り選手全員出場の総力戦になったが流れに乗りきれずまたもや中国地区と勝ちを分け合った。

報告者=福田(松大)



広島国際親善野球大会を通して
今回、四国選抜として国際親善大会に出場して来ましたが、四国の連盟として改めて誇れる部分がありました。それは攻守交代のダッシュや試合中のベンチでの声、挨拶などです。今回参加していたチームで一番学生らしく謙虚な姿勢を示していたと私は思います。これらは誰にでも出来る当たり前のことかもしれませんが、選手全員が連盟の代表という自覚を持っていたことは素晴らしいことだと思います。今回の目標である4戦全勝は惜しくも叶いませんでしたが1勝2分けと負けない試合を展開できたことは良い点でした。
勝負強さ、接戦を勝ち切るという点では広島六大学、中国地区に劣る部分があるのでそこを追求していけば連盟としてさらにレベルアップ出来ると思います。
選抜練習会を含め4日間のチームでしたが、それ以上の日数を今まで共に過ごしてきたかの様な統制の取れたチームでした。今回限りで解散とはなりますが、これを選手たちが各チームに持ち帰り、良い影響力を与えられれば四国地区の連盟自体のレベルアップにも繋がるのではないでしょうか。
今後はこのような親善大会が開催されなくなるようですが、何かしらの形でまた四国選抜というチームが結成される機会を是非とも作って頂きたいと思います。
各選手に刺激のある充実した3日間でした。

報告者=兼山(四学大)