2015秋1部松山大対四学大第1試合結果

8月29日(土) 丸亀市民球場
開始 12:55(試合時間 1時間50分)
主管 四国学院 観客数 110人

イニングスコア
松山大学=|000|000|000|0
四国学院=|000|010|000|1

バッテリー
松山大学=●玉木-桑内、田原
四国学院=○重村-大下
二塁打=なし
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=なし
野選=玉木(松山)
MVP=重村(四学)
VP=なし(四学)玉木(松山)
審判=(中田、片桐、細川、松岡)
記事=
初戦カードで互いに勝ち点を落としてしまった私学同士の一戦は、両者得点を許さない投手戦となった。
先攻の松山大は初回、1番岡田がヒットで出塁し犠打で一死二塁とするも四学大先発左腕の重村を相手に後続2者連続三振と、先制には至らない。対する四学大も、3回に山城のライト前ヒットと犠打で走者二塁の好機を生むが得点することはできなかった。
スコアボードに0が続く中、動きを見せたのは5回裏四学大の攻撃、この回先頭の曽我がレフト前へのテキサスヒットで出塁し、二盗に成功。犠打が野選となり一・三塁の好機を生むと、原のレフト前への適時打で1点を先制する。それ以降、両者一度も得点できないまま試合終了。四学大が勝利した。重村(四学)は9回を完投し111球3安打、12個の三振を奪い、完封勝利を挙げる。玉木(松山)も8回104球4安打と、安定したピッチングを披露したが、惜しくも敗戦投手となった。
MVPに重村(四学)、VPには玉木(松山)と試合をつくった両大学先発がそれぞれ選ばれた。

四国学院 1勝0敗(通算 勝点0 1勝2敗)
(報告者=四学 猪野)

写真は先発の重村(四学)と玉木(松山)、ホームインの瞬間。
PicsArt_1440850905039.pngPicsArt_1440850837771.pngPicsArt_1440851458477.png