PB2015vol.6~【2016の戦い】2016の戦いへ 一斉開催拡充

【2016の戦い】2016の戦いへ 一斉開催拡充
 2015年は、愛媛大・高知大の国立二強が上位を独占し、リーグを牽引し続ける松山大・四国学院が苦杯をなめるという誰をも予想しない結果となり、波乱の四国六大学となった。当然、2016年はこの私立二強が虎視眈々と巻き返しを狙うものと思われる。また、上位と常に互角の戦いを続ける香川大、新たにⅠ部に昇格し戦力が充実しつつある高知工科も、一気にリーグの様相をひっくり返す可能性を秘めている。Ⅱ部からの逆襲を狙う鳴門教育も捲土重来を目指しており見逃すことはできない。2016年も熾烈を極める群雄割拠の戦いとなるだろう。
 戦力の拮抗と相まって、リーグ戦の開催方法も年々進化を遂げてきている。2016年春は、愛媛、香川、高知にそれぞれ2大学が位置する陣容となっている。その利点を活かして、香川、高知、愛媛でそれぞれ決戦(一箇所一斉開催)の場を設けることが画策され、調整が進められている。全国の他連盟の行っているリーグ戦形式に少し近づいた形となるだろう。遠征増による費用負担、要領の変更によるストレス、変化には色々と苦労が伴うが、一斉開催による緊張感や盛り上がりがレベルアップに近づくと信じ、連盟理事、マネージャーらの連盟員らが智恵を絞り、実現に向けて動きだしている。
 リーグ戦以外の運営面でも進化を図る。選抜チーム編成の機会創出、新人戦の要領見直しが直近での課題でもある。また昨年は大学野球の規約も変更になり、独立リーグとの交流も条件を満たせば可能な状況になった。野球のレベルで言えば雲泥の差はあり実現には程遠いが、四国地域に根ざすことを考えれば将来的には交流も必要となるだろう。
 冬季休業が終われば、各大学は春季リーグを見据え、レベルアップに励むこととなる。昨年より一段も二段も進化したチームの凌ぎを削る戦いを期待したい。

二月初旬には、リーグ日程調整、パンフレット原稿作成、など春季リーグ開催に向け、運営は動き出します。このブログでも出来うる限り早く、春季リーグ情報を掲載していきます。連盟員・各大学のマネージャーらの努力により記事も充実しつつあります。今年は管理人が投稿している記事の一部は連盟員らが受け持つようになり、より臨場感溢れる記事となります。2016年もご愛顧いただきますとともに、四国六大学へのご声援・ご観戦、お願いいたします。

1429357253035.jpg 1428812658317.jpg DSCF3967.JPG DSCF2678.JPG temp1358818554.jpg