2016春1部高工大対愛媛大第1試合結果

4月22日(金)
マドンナスタジアム
13:56開始(試合時間1時間57分)
主管 愛媛大学
観客数 80 人
イニングスコア
高知工科=100|000|000|1
愛媛大学=000|113|00x|5
バッテリー
高知工科大学=●中村、八原-山川
愛媛大学=○田中-乗松
二塁打=平岡、先田(高工)、山中、山本(愛大)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=中村(高工)
捕逸=山川(高工)
野選=なし
MVP=田中(愛大)
VP=山中(愛大)、平岡(高工)
審判(室野、小林、弓立、早川)
記事=先週勝ち点をあげ、勢いに乗りたい高知工科大学と、優勝に王手をかけたい愛媛大学との第一試合。先制したのは、高知工科大学。一回表、1番平岡がレフト線への二塁打により出塁すると、続く大和の犠打、喜多の犠飛によって先制する。
後攻の愛媛大学は打線が振るわず、思うように得点圏へランナーを進めることができない。
同点に追いついたのは、4回裏。先頭の南がセンター前ヒットにより出塁すると、盗塁、相手の捕逸などで塁を進め、乗松の適時打で得点。
その後5回裏、8番山中のレフト線への痛烈なツーベースヒットにエラーが重なり、三塁まで進むと、1番西島の犠飛によりさらに得点。
対する高知工科打線は、調子の上がってきた愛大の田中の好投により、ランナーを出すことが出来ず、厳しい展開が続く。
その後も愛大は9番山本の2点適時二塁打などでさらに点差を開き、1-5で愛大の勝利となった。

MVPには10奪三振の好投をみせたエース田中(愛大)、VPには全打席出塁の山中(愛大)、レフト線へのツーベースヒットで出塁し、先制点に貢献した平岡(高工)が選ばれた。

愛媛大学 1勝0敗(通算 勝点3 7勝0敗)
(報告者=愛大 吉原)
1461318574062.jpg1461318570541.jpg1461318569071.jpg