2016春1部愛媛大対高工大第2試合結果

4月23日(土)
マドンナスタジアム
9:58開始(試合時間1時間54分)
主管 愛媛大学
観客数 150 人
イニングスコア
愛媛大学=000|002|100|3
高知工科=000|000|000|0

バッテリー
愛媛大学=○佐藤-乗松
高知工科=●先田、尾崎-山川
二塁打=なし
三塁打=山本(愛大)
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=なし
野選=なし
MVP=佐藤(愛大)
VP=山脇(愛大)
審判( 弓立、上田、早川、鷲谷)
記事=
勝ち点を取るためにも負けられない高知工科大学と優勝を射程圏内とした愛媛大学の第二回戦。両大学先発投手、佐藤(愛媛大)のストレートと変化球で低めを丁寧に突くピッチング、先田(高工大)の遅球を織り混ぜながら打たせて取るピッチングの前に5回までスコアボードに0が並ぶ。6回表、香川(愛媛大)がサードのエラーで出塁すると、西久保、山脇、乗松(愛媛大)の3連打で2点を先制し、ついに試合の均衡が破れる。対する高知工科大学は6回裏、西本(高工大)がサードへの内野安打で出塁し、送りバントで一死二塁のチャンスを作るも後続が続かず、反撃することができない。愛媛大学は7回表に山本(愛媛大)のスリーベースから1点を追加する。追い付きたい高知工科大学だったが先頭打者を次々と打ち取られ、チャンスというチャンスを作らせてもらえないままゲームセット。2連勝で愛媛大学が勝ち点を得た。
MVPは被安打3完封勝利を収めた佐藤(愛媛大)が、VPには先制タイムリーを放った山脇(愛媛大)が選ばれた。
写真はMVPの佐藤(愛媛大)

愛媛大学 2勝0敗(通算 勝点4 8勝0敗)
(報告者=愛大 橋元)
1461385886735.jpg1461385889832.jpg