2016春2部鳴教大対徳島大第2試合結果

4月30日(土)、JAバンク蔵本球場
11時55分開始(試合時間1時間51分)
主管 鳴門教育大学 観客数45人

イニングスコア
鳴門教育 = 000 | 000 | 007 | 7
徳島大学 = 200 | 000 | 000 | 2

バッテリー
鳴門教育= ○高畑、山口ー岡本
徳島大学= 藤田、●吉野、島ー酒井
二塁打=大石、岡本、中川(鳴大)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=なし
野選=なし
MVP=高畑(鳴大)
VP=岡本(鳴大)、藤田(徳大)
審判=(佐竹、木下、佐古)

記事=
鳴門教育大学と徳島大学の吉野川ダービー2回戦。一回裏、徳大は制球の定まらない鳴教大の先発、高畑を攻め福本の右前適時打と押し出し四球で2点を先制する。徳大先発の藤田は丁寧なコーナーワークで鳴教大打線を寄せ付けない。鳴教大先発の高畑も初回は制球が定まらなかったもののその後立ち直り、初戦と同様に試合は投手戦となる。八回まで徳大投手陣に3安打に抑え込まれた鳴教大打線だったが、九回表先頭の菊場が死球で出塁すると岡本の左翼線二塁打などで無死満塁のチャンスを作り、岩崎の右前適時打で1点、安丸が押し出し四球を選び同点、児玉の押し出し死球で逆転に成功しその後も中川の走者一掃の中越適時二塁打と菊場の中前適時打でこの回一気に7点を挙げる。九回裏、反撃したい徳大打線であったが鳴教大の高畑、山口の前に三者凡退に抑えられ、吉野川ダービー2回戦も鳴教大が勝利した。
MVPには粘りの投球で勝利に導いた鳴教大の高畑が、VPには逆転のチャンスメイクをした鳴教大の岡本と、七回途中まで鳴教大打線を寄せ付けない投球を見せた藤田がそれぞれ選出された。
この結果、吉野川ダービーを制した鳴門教育大学が二季連続でⅡ部全勝優勝を果たし、入れ替え戦進出が決定した。

鳴門教育大学 2勝0敗(通算 8勝0敗)

(報告者=鳴大 小林)
1462008485620.jpg1462008487855.jpg