全日本大学野球選手権 福工大ー愛媛大 試合結果

6月6日(月)、東京ドーム
17:20開始(試合時間2時間12分)
観客数 900人
イニングスコア
福井工大=100|110|001|4
愛媛大学=001|000|000|1
バッテリー
福井工大=○谷﨑-鈴木
愛媛大学=●田中、佐藤-乗松
二塁打=樋口、笹岡(福工)
三塁打=山中(愛大)
本塁打=なし
暴投=田中②(愛大)
捕逸=なし
野選=なし
審判(坂本、高橋、田中、大庭)
記事=四国地区を制覇し、2年連続4度目の全日本大学野球選手権大会への出場となった愛媛大学。去年の雪辱、そして四国勢として悲願の勝利をかけた挑戦は去年と同様、東京ドームにて行われた。
試合は初回から動いた。福井工業大学の1番樋口がレフト線への二塁打で出塁すると、犠打で進みゴロで生還し、先制点を挙げる。愛大は3回に8番山中がレフト越えの三塁打を放ち、1番南の中前適時打で1点を返し同点に追いつく。しかし慣れないドームでの試合で緊張もあったのか、固さの残る守備が続き、4回5回と失点を許してしまう。何とか追いつきたい愛大であったが、その後打線は奮わず1-4で福井工業大学の勝利となった。
今回も保護者、OB、選手の知人など多くの方々が球場まで駆け付けて下さり、選手の晴れの姿を東京ドームという大舞台で見届けた。全国での勝利という形で、関わって下さった全ての皆様に恩返しをしたかったが、一歩届かなかった。
(報告者=愛大 今田)
1465223563583.jpg1465223561636.jpg1465223568469.jpg1465223558384.jpg