2016秋1部高工大対四学大第2試合結果

8月28日(日)
香美球場
9:59開始(試合時間 2時間34分)
主管 高知工科大学 観客数 65人

イニングスコア
高知工科=010|140|025|13
四国学院=023|000|000|5

バッテリー
四国学院=岡上、●重村、土田-村井、森口
高知工科=八原、○尾崎-山川
二塁打=西本大(高工)、山城(四学)、清水(四学)、伊藤(四学)、松浦(四学)
三塁打=先田竜(高工)
本塁打=なし
暴投=岡上(四学)
捕逸=森口(四学)
野選=なし
MVP=西本(高工)
VP=尾崎(高工)、山城(四学)
審判( 大上、久竹、立野、常石)

昨日タイブレークを制した四学大と後がない高工大。先制点は高工大の2回の攻撃で二死からの西本(高工大)の右前打から土屋(高工大)の連打などで1点を奪う。しかしその裏、村井(四学大)の右前打と四球で一死一二塁となり、山城(四学大)と原(四学)大の適時打で逆転に成功。続く3回先発の八原(高工大)から尾崎(高工大)に変え、流れを変えたかったが先頭の伊藤(四学大)、松浦(四学大)に連続長打や山城(四学大)の長打も加えこの回一挙に3点を追加され一対五となる。4回表はヒットを重ね清水(高工大)の適時打で1点を返す。5回表、山本卓(高工大)と岡本祥(高工大)の四死球から山川(高工大)、先田竜(高工大)、西本(高工大)、土屋(高工大)の4連打で4点を取り逆転し六対五とする。6回裏四学大は先頭清水(四学大)が中前打で出塁するが、原(四学大)を併殺打に抑え流れを掴めなかった。8回表先頭の山本卓(高工大)の左前打からすぐさま喜多(高工大)が犠打を決め一死二塁。その後相手のミスで二死満塁とし、西本(高工大)のこの日4本目となる左前適時打で2点を追加。9回表はヒットや足も絡めた攻撃で試合を決めた。

MVPには、5打数5安打5打点で勝利に貢献した西本(高工大)、VPには、立ち上がり失点したもののその後4回から2安打無失点に抑え勝利投手の尾崎(高工大)、3安打3打点の山城(四学大)が選ばれた。

MVP 西本(高工大)

image-4fff9.jpeg

VP 尾崎(高工大)
image-7361a.jpeg

VP 山城(四学大)
image-de2b9.jpeg


高知工科 1勝1敗(通算 勝点0  2勝3敗)
(報告者=岡林)