第三週見所~2016秋

2016秋季リーグも前半戦である第二週目まで終え、今後の各大学の動向を左右するであろう第三週目に差し掛かろうとしている。ここまで、愛媛大学が勝ち点2(通算4勝1敗)で首位を独走しているものの、松山大学、高知大学、高知工科大学、香川大学の4大学が勝ち点1で並んでおり、まさに”乱世の秋”と呼ぶにふさわしく今後の勝敗の行方が楽しみなところである。一方、今春の同リーグ戦で二位の四国学院大学は、対松山大学戦・対高知工科大学戦で勝ち点を奪うことができず、勝ち点0(通算1勝4敗)と出遅れを見せているもののこのターニングポイントともいえる第三週で勝ち点を奪取し後半戦での追い上げに拍車をかけられるかどうかが見ものである。

 勝ち点1同士であり、また共に格上から勝ち点を奪い、勢いに乗っている香川大学と高知工科大学との一戦は双方ともに投手陣がいかに失点を抑え、四死球を与えることなくリズムの良いピッチングができるかが勝敗の鍵を握ると考えられる。香川大学は、上西・井島・田内のそれぞれのピッチングをうまく生かすような継投で高知工科大学の打線に火をつけることのない試合展開へと持っていきたい。また、1、2年生を中心とした若いチームであるものの春よりもパワーアップした打線での得点量産を期待したいところだ。一方、Ⅰ部リーグに昇格したときとは比べものにならない程守備、攻撃ともに力をつけめきめきとその頭角を現しているのが高知工科大学である。第一週での対高知大学戦では勝ち点こそ奪えなかったもののチャンスでの一本をものにできる打線もあり、また第二週での対四国学院大学戦では安打を量産し攻撃力も十分にあることを見せつけた。投手陣を見ても、先田、青木、中村、尾崎など先発で起用し試合メイクのできるメンツが出揃い、香川大学の攻撃に勢いを与えない投球に期待したい。
 今春同リーグの優勝校である愛媛大学と二位である四国学院大学の一戦は、四国学院大学の打線が振るわない限りやや愛媛大学が有利に試合を運べるのではないか。ここぞという場面での一本や足を使った攻撃のできる愛媛大学は、西島・南・西久保の上位打線に加え、中軸を担う乗松、下位打線の山脇などどの打者を見てもここぞというときの勝負強さに長けた選手が多い。投手陣を見ても佐藤・亀岡・田中という好投手に加え、左投の勝田を抱える愛媛大学はさすが優勝校といったところか。一方の四国学院大学は何としてでも勝ち点をあげ、後半戦につなげたいところ。四国学院大学は、初回から打線をつなぎ流れをチームに持ってきたいところだが、やはりここで攻撃の要となるのは今春の同リーグ戦で首位打者、最多打点を誇る原だろう。原を筆頭に四国学院大学の打線を復活させ愛媛大学の投手陣に一泡吹かせることができるか期待したい。
 四国学院大学を破り、王者愛媛大学と接戦を見せた今年度インカレ優勝校の松山大学と、高知工科大学との苦しい戦いを制したものの香川大学の前に惜敗した高知大学の一戦は、勢いに乗っている松山大学の快進撃に期待したいところ。高知大学は、投手をサポートしつついかに攻撃をつなぐことができるかが重要になる。対香川大学戦で見せた下位打線の大羽・松下大・薮井の長打で大量得点できるか見ものである。対する松山大学は玉木・平山などの豊富な投手陣を有し、いかに失点の少ない試合にしていくかが勝利の鍵を握る。松山大学の足を絡めた攻撃にも注目したいところだ。

全試合、どの大学が勝利してもおかしくない第三週は後半戦へと直結する戦いであり、各校どのような野球を見せてくれるのか非常に楽しみだ。


◆Ⅰ部 春野総合運動公園野球場(一か所開催)
9/3土 09:30 高知工科vs香川大学
9/3土 12:00 愛媛大学vs四国学院
9/3土 14:30 高知大学vs松山大学
9/4日 09:00 愛媛大学vs四国学院
9/4日 11:30 高知大学vs松山大学
9/4日 14:00 高知工科vs香川大学
9/5月 予備日
※全試合ライブ配信を予定


◆Ⅱ部(ダブルヘッダー)
9/3土 徳島大学vs徳島文理 池田球場
9/3土 徳大医学vs香川高専 津田総合公園野球場

IMG_7573.jpg IMG_6669.jpg image-c20ab.jpeg S__168992771.jpg