2016秋1部四学大対香川大第2試合結果

9月17日(土) 観音寺総合運動公園野球場
開始 09:55(試合時間 02時間08分)
主管 四国学院 観客 40人

イニングスコア
四国学院=101|020|001|5
香川大学=020|010|000|3

バッテリー
四国学院=○岡上、土田侑、小久保-森口
香川大学=●上西-春名
二塁打=松堂、山城、中嶋(四学)濱田(香川)
三塁打=なし
本塁打=原(四学)1回ソロ
暴投=なし
捕逸=森口(四学)
野選=なし
審判=(松岡、平口、大西、津村)
記事=
四学大対香川大の2回戦は、昨日敗戦投手となったものの奮闘した上西(香川)と今季初勝利を狙う岡上(四学)の両先発で幕が上がった。
四学大は初回、3番原のソロHRで1点先制。しかし2回裏、窪田・國光の連打と捕逸で一死2・3塁とすると、7番上杉のセカンドへの打球が2点タイムリーエラーとなり逆転に成功。対する四学大も次回、8番黒岩がライト前安打で出塁、二死から2番松堂のライト線を抜ける適時打で同点へと追いつき、取っては取り返しのシーソーゲームの展開に。
均衡が破られのは5回、四学大は二死から森口・山城・松堂の連打で勝ち越しに成功。その裏、香川大も同じく二死から1番濱田の適時二塁打で1点を返すが四学大が逆転を阻止、試合は終盤迎える。
他大学の動き次第で優勝の可能性を残し、この試合を落とせない四学大は7回からエース小久保が登板。テンポの良さと、相手を圧倒する気迫のピッチングで香川大打線を抑えていく。
迎えた最終回、松堂の適時打で1点を追加した四学大に対し、何としてでも3回戦へ持ち込みたい香川大であったが小久保を捉えられずそのまま試合終了。四学大が勝点を奪取し、第6週へと優勝の望みを繋げた。
MVPには今季初勝利の先発岡上(四学)が、VPには5打数3安打4打点の松堂(四学)がそれぞれ選ばれた。

(報告者=四学大 猪野)

写真は先発しMVPに輝いた岡上(四学)、VPの松堂(四学)
IMG_20160917_164452.jpgIMG_20160917_164537.jpg