PB2016 vol.4〜秋のポストシーズン

進化が加速する秋のポストシーズン

 レギュラーシーズンが終了し、各大学少しずつ来季へ向けた動きを見せるポストシーズン。香川県にて開催された社会人交流戦では、約2週間後に中四国大会を控えた秋季優勝校の愛媛大学と、今年度よりリーグ戦優勝校に並んで社会人交流戦への参加が決定した特別編成チームの四国六大学選抜が参加。秋季2位校の松山大・井上監督、田原主将を筆頭に社会人へと挑む。
相手は都市対抗野球選手権出場の四国銀行、日本選手権出場のJR四国と、ワンランク上のチームとの対戦に両チーム一層団結を増したのではないだろうか。
 交流戦1日目、愛媛大対JR四国は中盤まで両者譲らず均衡な戦いを見せていたが、JR四国野尻の適時打で先制点を上げる。対する愛媛大は、6回に西島が四球で出塁すると得意の足を絡めた攻撃ですぐさま同点に。しかしそこは社会人チーム、JR四国は3番小林の二塁打ですかさず1点を追加し、愛媛大に隙を与えずそのまま勝利をおさめた。
第2試合。四国銀行対四国選抜は、先発の左腕平山(松山)が5回を投げ、140km越のストレートとキレのある変化球を武器に7奪三振の好投をみせる。短期そして即席のチームではあるが、各大学の主力選手が集められただけあって、各々が常に周りを意識し、補い合う力に長けていたように思う。勝利とまではいかなかったものの、社会人を相手に引き分けへと持ち込むことができた。
 2日目は場所を移し四国学院大グラウンドにて開催。前日の雨天の影響でグラウンド状態が心配されたものの、早朝からの整備によって予定通り定刻に開始することができ、連盟員・部員共に運営面においても年々スムーズな動きが出来るようになっていく。
第1試合は四国銀行対愛媛大学。昨日は敗戦に終わったものの、先制点をあげたのは愛媛大。愛媛大投手陣を率いる一角となった佐藤の好投により、四銀はなかなか得点をあげられない。愛媛大は中盤に追加点を重ね四銀を突き放したかのように思えたが、その裏に同点へと追いつき、試合は振り出しへ。同点のまま試合は終了し、愛媛大は1敗1分の成績に終わる。四国六大学 社会人交流戦
第2試合、四国選抜対JR四国は四学大エースの小久保が先発。4回まで無失点の好投をみせるがスクイズで先制点を奪われ、中盤から追う展開に。動きを見せたのは8回、今年度の四国選抜を主将として牽引する田原(松山大)が代打で打席に立つと、同店犠飛打で繋ぎ自分の役割を果たしたが、惜しくも逆転には及ばず、前日同様引き分けで試合を終え、2日間の特別チームは終了した。
 社会人交流戦を終え、自チームを離れて他大学選手・スタッフと交流を深めたことにより、連盟員も含め学びの多い2日間となった。このような活動が連盟全体のレベルアップに繋がることを期待する。だがしかし戦力では、食らいつく力強さ・安定した投手力は感じられたものの、打撃面にやや課題が残る試合だったように思う。四国六大学選抜(社会人交流戦)
 中四国大会を終え迎えた11月。この時期の恒例行事となった新人戦。近年、勢力伯仲となった四国六大学リーグにおいて、秋季で惜しくも二部降格となってしまった香川大が、若いチームながら一部大学を差し置き優勝を決め、最短でのT部復帰の決意が感じられた。
 初戦の徳島大に勝利すると、そこからテンポ良く高知大に大差でコールド勝利。インカレ優勝・秋季2位と着々とチーム力を向上させてきた松山大相手にも一得点も許さず、決勝戦へとコマを進める。同じく勝ち上がった四学大は準決勝・愛媛大との熱い投手戦を制し、香川大との同県対決で新人戦初優勝を目指す。
初回こそ無得点で終えたものの両大学着々と点を重ね、4対4の同点で迎えた5回。四学大が野選と失策で2点を追加し均衡を破ると、試合はそのまま最終回へ。攻めの姿勢で相手の隙を突き2点差まで詰めよった香川大は、中心選手の一人である春名のサヨナラ安打で、香川大に軍配が上がった。
PicsArt_11-13-09.10.23.jpg IMG_7546.JPG
 四国地区連盟は集客・運営・広報、様々な面で他連盟に比べてまだまだ未熟といえるが、徐々に学生主体の動きへと移り変わり、連盟員同士で話し合いの場を設け、新たな取り組みやアイデアを練る機会を生んだりと、積極的な活動を行っている。来季はより一層、各々が「自分にできることは何か?」を考え、向上心を持って運営に取り組み携わっていきたい。少しずつではあるが、どんどん生まれ変わっていく四国の野球・四国連盟に期待してほしい。
(記事作成=四学大 猪野)
IMG_9133.jpg IMG_4445.jpg
posted by 四国六大学 at 03:00 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする