PB2016 vol.5〜2017展望

混戦予想の2017

 2017年の幕が開けた。4月、四国六大学野球が開幕する。2016年シーズンは愛媛大学が春、秋リーグを制し二冠を達成した。また、秋の入替戦でII部1位の鳴門教育大学がI部最下位となった香川大学を破り、2015春以来のI部リーグでの戦いとなる。チームによってはメンバーが様変わりし、今季は混戦になるであろうと思われる。
愛媛大学は何シーズンにも及び力投を見せた、田中宏が引退とともに卒業し、今季はチーム力の真価が問われる。佐藤(3年:福山誠之館)、亀岡(2年:松山東)、勝田(2年:津山)が四国随一の好捕手乗松(4年:松山東)とのコンビネーションでそれぞれの持ち味を発揮出来れば、選手権大会出場に大きく近づける。他5大学が最大に警戒してくるであろう昨秋盗塁王、ベストナインの西島(3年:広島新庄)が抜群の走力を武器に相手バッテリーを蹴散らせるか注目したい。
松山大学は、首位打者の主将田原(4年:大社)、ベストナインの小松(4年:宇和島東)、藤堂(3年:高知)が核となり、覇権奪取に挑む。W左腕の最多勝平山(4年:高知)と渡辺(3年:東温)、そして玉木(4年:高知)が投手陣の柱となり、ディフェンスを支える。
高知大学は、昨秋怪我のためリーグ戦前半は欠場となっていた遊撃手宮脇(4年:府中)が万全の状態で出場でき、打撃、守備で厚みが増す。主将の田中(4年:広陵)、昨秋最多打点王の藤田(4年:広島国泰寺)、片山(3年:松山東)などの気骨ある打撃と点差をものにしない驚異的な集中力で今春も格上を圧倒できれば上位に食い込むことだろう。上之薗(2年:小林)のピッチングにも注目したい。
四国学院は、昨秋4位となったものの、原(4年:日大三)、枡田(4年:小松島)、山城(4年:松山聖陵)など攻守のバランスが取れた野手と、小久保(4年:鹿児島玉龍)、重村(4年:樟南第二)、藤岡(4年:伊予農業)、土田(3年:丸亀城西)など経験豊富な投手が揃っており、戦力は四国No.1といえよう。毎シーズンの鍵である投打の歯車さえ噛み合えば王者復活の訪れはもうすぐだろう。
高知工科は、何と言っても昨季チーム打率1位の破壊的香美打線だ。昨秋に高打率を残した山川(4年:高知商業)、先田(4年:今治西)、西本大(3年:今治西)、山本(2年:岡豊)が今季‘‘神ってる’’活躍と、課題の投手陣が踏ん張りを見せれば初のAクラス入りが伺える。
鳴門教育は、1部昇格の立役者であるエース安丸(3年:川島)と、‘‘二刀流’’岩崎(4年:九州学院)がAクラス入りのキーマンだ。安丸は社会人交流戦で四国選抜の一員として四国銀行、JR四国を相手に好投し、さらなる自信をつけた。女房役、二番手投手もこなす岩崎のバックアップが重要となる。
昨年春秋王者愛媛大の圧巻か、ここ数年閉ざされている私立時代の幕開けか、それとも国公立が飛躍のシーズンとなるのか。大混戦必至の四国六大学。5週目の松山一箇所開催で明暗が分かれる。
これまで四国地区大学野球連盟を裏方として献身的に支えた94年世代のマネージャー陣が卒業となり、各大学マネージャーで構成する連盟員は、新たな船出となる。連盟企画会議や懇親会を通してマネージャー同士の交流が増え、結束が強くなりつつある。一丸となってリーグ戦運営を行い、過去の連盟員が積み重ねてきたものからさらにレベルアップを目指したい。
そして、今季こそは全日本大学選手権大会での一勝を成し遂げたい。

II部リーグは、今春から降格となった香川大が抜きん出ているといえる。新人戦では決勝で強豪四国学院をサヨナラで下し、優勝を成し遂げた。リーグ戦でもこの粘り強さを発揮できれば、1季でI部復帰の可能性も大いにある。対抗馬となるのは徳島大。昨季はプレーオフの末鳴門教育に敗れ、悔しい思いをした。今季は是が非でもII部優勝を目指したい。徳島文理、香川高専、徳島医大もこの2大学に食らいついていきたい。

DSCF2235.JPG
posted by 四国六大学 at 00:00 | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする