2017春1部四学大対松山大第2試合結果

04月16日(日) 高知市東部球場
開始 15:09(試合時間 02時間18分)
主管 四国学院大学 観客 230人

イニングスコア
四国学院=100|110|000|3
松山大学=000|000|100|1

バッテリー
四国学院=○土田侑、藤岡-森口
松山大学=●渡辺、平山-安藤悠、則兼
二塁打=中嶋、原、古谷、松堂(四学)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=なし
野選=なし
記事=
昨日の勝利の勢いそのまま四学大が初回から動きをみせた、四学大対松山大の第2戦。
先頭山城(四学)が三振に終わるも、四球と原(四学)のライト前安打で二死1・2塁の場面。古谷(四学)のセンター前安打が適時打となり先制点をあげる。松山大先発の左腕渡辺を上手く捉えた四学大は、4回に中嶋(四学)の左中間への適時打で1点、5回にも古谷の適時打で追加点を得、中盤までに3点のリードを奪った。
対する松山大は先発土田侑(四学)に抑えられ、なかなか三塁を踏むことができない。7回裏、4番小松(松山)がライト前安打で出塁。犠打で送り一死2塁の場面で、代打奥田(松山)がライト前への適時打を放ち1点を返す。徐々に巻き返しを図りたいところで、抑えの2番手藤岡(四学)が登板。継続して一死1塁だがピッチャーライナーの併殺に倒れ、追加点は奪えず攻撃を終えた。そのまま点差変わらず四学大が逃げ切り、勝点1を獲得。
松山大は悔しくも手痛い3連敗、四学大は4連勝の勝点2で、折り返し地点となる第3週を迎える。
MVPには4安打1失点の先発土田侑(四学)が、VPには4打数3安打2打点の古谷(四学)と6回から登板し、無失点に抑えた平山(松山)がそれぞれ選ばれた。


四国学院(通算 勝点2 4勝0敗)
(報告者=四学大 猪野)


写真は先発の土田侑(四学)、渡辺(松山)とVPの古谷(四学)
PicsArt_04-16-08.36.36.pngPicsArt_04-16-08.37.31.pngPicsArt_04-16-08.38.17.png