2017春1部四学大対愛媛大第1試合結果

4月21日(金)、坊っちゃんスタジアム
12:54開始(試合時間2時間13分)
主管 愛媛大学 観客数 170 人


イニングスコア
四国学院=301|100|200||7
愛媛大学=000|100|000||1


バッテリー
四国学院大学=○小久保-森口
愛媛大学=●亀岡、松本、佐藤、勝田-吉森、村瀬
二塁打=山城、古谷②(四大)
三塁打=西島(愛大)
本塁打=なし
暴投=佐藤②(愛大)
捕逸=なし
野選=なし
MVP=小久保(四大)
VP=水上(四大)、西島(愛大)
審判( 室野、福住、小林、早川)


記事=
優勝のために巻き返しを図りたい愛媛大と、開幕から四連勝で勢いに乗る四国学院の第一戦。
お互い小久保(四学)、亀岡(愛大)の両エースをぶつけ先勝を狙う。
試合は初回から動く。先攻の四国学院は先頭山城が右越二塁打を放つと、続く松堂の中前打などで無死満塁の好機を作り、四番水上の適時打で先制する。その後も桝田の適時打、押し出し四球で初回に三点をあげる。三回には先頭の古谷が右中間を破る二塁打を放ちチャンスを作るが、次打者の送りバントを捕手吉森が好守備で三塁タッチアウト。これで流れを引き寄せたい愛媛大だったが、四国学院は中嶋の右前打ですぐさまチャンスを作り直し、八番藤原の適時打で一点を追加。四回も追加点をあげ、5-0と大きくリードする。
一方の愛媛大は四回裏、先頭の三番西島の右翼線を破る三塁打を放ち、続く西久保の三ゴロの間に一点を返す。ここから勢いに乗りたい愛媛大だが、五回以降は相手のエース小久保に抑えこまれ、チャンスを作ることができない。終盤は代打攻勢でなんとか流れを引き込もうとするが、安打すら許してもらえず、七回にも二点を許し、そのまま試合終了。
MVPには九回一失点完投の小久保(四国学院)、VPには五打席出塁の水上(四国学院)と、二安打と気を吐いた西島(愛媛大)がそれぞれ選ばれた。

愛媛大学 0勝1敗(通算 勝点0 1勝3敗)
(報告者=愛大 小西)
1492762147674.jpg1492762246754.jpg