第五週見所~2017春

 春季リーグの山場となった第4週。高知工科対四国学院の最注目カードは、実力伯仲の試合展開ながらも四国学院が打ち勝ち、無傷の8連勝で首位をキープ。後がない鳴門教育対松山大学は苦しい闘いで初日を終えるも、鴻上のノーヒットノーランで意地をみせた松山大学が勝点奪取。国立優勢期の立役者、愛媛大学対高知大学は2度のタイブレークで3戦目までもつれ込んだ結果、愛媛大学が接戦を制した。

 いよいよ大詰めとなる第5週は、四国Cスタ丸亀球場にて春季最後の一ヶ所開催を迎える。

 愛媛大対松山大の同県対決はどちらも前週勝点を獲得しており、そのままの勢いで流れに乗りたいところ。松山大は投手陣の安定感に少し苦しんだが、左腕平山・渡辺を筆頭に、リリーフの川上や前週ノーヒットノーランを達成した鴻上らの活躍にも期待したい。打撃面ではリードオフマン藤堂の離脱も重なり、リーグ中盤でポジション・打順を大きく入れ替えている。松山大伝統の犠打や走塁を生かした攻撃で好機をつくり、田原・世木田ら長打の狙える中軸が徐々に得点を重ねるだろう。
対する愛媛大は亀岡・勝田の2年生投手を軸に、毎季安定した結果を残す俊足の西島や、好機に強い主将南・中軸に腰を据える楠らが打線を牽引。接戦が予想されるこのカードで、今季最もタイブレーク経験の多い愛媛大が早い段階で優位に立てれば、勝機が傾くか。

 こちらも同じく同県同士の高工大対高知大。高い得点力が持ち味の高工大は、1年生ながら先頭に座る杉野、女房役の4番山川、好調の下位土屋など、どこからでも出塁できる打線で大量得点を狙う。季を重ねる毎に安定感を増す尾崎を、打撃陣が援護したい。
昨秋と戦力に変わりのない高知大は、先発が予想される道原・上ノ薗が守備から試合を作れるかが勝利への鍵。広角に打ち分けられる4番藤田、勝負強い主将・田中隆など、大敗の少なさを物語る“コツコツ型”の攻めで、高工大から勝点獲得なるか。

 四学大対鳴教大は、ここまで負けなしの四学大が優勢。1勝した時点で優勝が決まる四学大は、全勝優勝に向けてのラストスパートとなるが、未だ1勝が遠い鳴教大は、最下位を免れる為にも勝点奪取が最低条件となる。一冬越えて打線も身体も強靭化した四学大野手陣を、鳴教大エースの左腕・安丸がどこまで抑えられるか。初戦での登板が予想される小久保(四学)を、先頭の宇良をはじめ松山大戦での貢献が光る児玉・伊藤を軸に、鳴教大持ち味の全員野球で戦い抜く。

 今後の高工大の結果次第では同率決定戦へ持ち込むことも可能なこのカード。本拠地での四学大8季振り胴上げとなるか、高工大のリーグ戦初制覇に野球の神様は微笑むのか。見逃せない第5週、春季最終章の幕開けだ。

◆Ⅰ部
5月5日 金 09:30 愛媛vs松山 四国Cスタ丸亀・・・Live
5月5日 金 12:00 高知vs高工 四国Cスタ丸亀・・・Live
5月5日 金 14:30 鳴教vs四学 四国Cスタ丸亀・・・Live
5月6日 土 09:00 高知vs高工 四国Cスタ丸亀・・・Live
5月6日 土 11:30 鳴教vs四学 四国Cスタ丸亀・・・Live
5月6日 土 14:00 愛媛vs松山 四国Cスタ丸亀・・・Live

◆Ⅱ部(ダブルヘッダー)
5月6日 土 香大vs徳大 志度
5月6日 土 香専vs徳文 みろく

IMG_3574.JPG

20170422 高知大-松山大
高知大学サヨナラ勝ち!
#大学野球 #baseball #サヨナラヒット

1493626316780.jpg