2017春1部高工大対高知大第2試合結果

5月6日(土)
四国コカ・コーラボトリングスタジアム丸亀
8:55開始(試合時間 2時間15分)
主管 高知大学
観客数 160人
イニングスコア
高知大学=100|000|003||4
高知工科=000|010|103x||5x

バッテリー
高知大学=●上ノ薗ー矢須
高知大学=◯山上ー山川
二塁打=矢須、近藤祐(高大)、西本(高工)
三塁打=なし
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=矢須(高大)
野選=なし
MVP=先田竜(高工)
VP=山上(高工)、近藤祐(高大)
審判(伊瀬谷、山脇、西池、磯野)
記事=前日、序盤の一点で勝敗が分かれた高知大と高工大の第2回戦。
試合は初回から動く、高知大1番名嘉真、2番田中隆の二連打でランナー1.3塁とすると1塁ランナー盗塁での挟殺の間に一点を先制する。対する高工大は5回まで無得点が続いたが6回、3番西本が四球で出塁するとパスボール、安打と続き5番先田竜のセカンドゴロの間に得点し同点とし、好投の山上を援護する。8回にも西本の左中間への二塁打を始めとする三連打で逆転に成功する。
対する高知大は後がない9回表。3番片山、4番藤田の二連打で1アウト1.2塁。ここで代打近藤祐がレフト戦へのテキサス二塁打と土壇場で試合を振り出しに戻すと、続く宮脇のライト前安打で再びリードする。
迎えた最終回、高工大も意地を見せ1アウト満塁の場面を作ると併殺を狙いに行ったセカンド送球が暴投となり再び同点。最後は5番先田竜のレフト前適時打で後半の点の取り合いを制した高工大が一部昇格後高知大から初の勝ち点獲得となった。
MVPには決勝打を含む3打点の先田竜(高工)が、VPには完投9奪三振の山上(高工)、9回同点の2塁打を放った代打近藤祐(高大)が選ばれた。

IMG_4240.JPGIMG_4239.JPGIMG_4241.JPG

高知大学 勝敗(通算 勝ち点2 5勝6敗)
(報告者=高大 立野)