2017四国インカレ1回戦鳴教大対松山大試合結果

7月1日(土) 鳴門・大塚スポーツパークオロナミンC球場

13時57分開始(試合時間2時間4分)
主菅 松山大学  観客 125人
イニングスコア
鳴教大=000|000|00||0
松山大=101|003|1×||6

バッテリー
鳴門教育= ●田原、樋口、安丸-大栗
松山大学= ○大東、山西、田渕-安藤悠、植松
二塁打=西原(松大)
三塁打=小林、岡崎(松大)
本塁打=なし
暴投=なし
捕逸=なし
野選=なし
MVP=岡崎(松大)
VP=斎藤(松大)、田原(鳴教)
審判=(尾崎英、尾崎勇、永山、筒井)
記事=昨年の四国インカレ優勝校松山大と、春季一部残留を決め着実に力をつけている鳴教大との四国インカレ第1回戦。
試合は1回裏、3番岡崎が出塁し、4番斎藤の中前適時打で松山大が先制すると、3回裏も得点し鳴教大先発の田原のスキを逃さない。鳴教大は制球に苦しむ松山大先発の大東を捉えきることができず本塁が遠い。
松山大は6回裏に相手投手田原を追い詰め2死1、2塁とし救援の樋口がマウンドへ。鳴教大樋口が松山大2番宗岡を四球とすると、3番岡崎がこの好機を逃さず中越三塁適時打を放ち点差を5と広げる。
何としても得点の欲しい鳴教大だが、松山大の山西、田渕の好救援の前に手が出ず得点を奪えない。7回裏にも松山大が1点を追加し、6-0で松山大が勝利した。

MVPには3安打3打点を挙げた岡崎(松大)が、VPには斎藤(松大)、田原(鳴教)が選ばれた。

IMG_9774-eee62.JPGIMG_9775-f99a4.JPG

(報告者=松山大 島内)