リーグ展望〜2017秋

   【四国地区大学野球新たな時代の萌芽】
  今期のリーグは、今春完全優勝を成し遂げ、全国で1勝を挙げた四国学院大学でさえも苦戦を予想されるほどの混戦模様である。新戦力の台頭著しく急成長を遂げた高知工科大学。伝統の堅実さとここ一番の勝負強さで王座奪還を狙う高知大学。春季リーグ4位に終わり雪辱を期す愛媛大学。越智新監督のもと心機一転し新たな姿を見せつつある松山大学。苦しみながらも着々と力をつけている鳴門教育大学。どこが優勝してもおかしくはない。
  しかし優勝候補筆頭に挙げられるのはやはり四国学院大学であろう。絶対的エース小久保(4年:鹿児島玉龍)、最優秀防御率に輝いた土田(3年:丸亀城西)の二枚看板はレベルが高い。また原(4年:日大三)、水上(1年:帝京第三)、首位打者を獲得した藤原(3年:三島)などの強力打線は破壊力抜群だ。高知工科大学はフレッシュな杉野(1年:今治西)、山本(2年:岡豊)がいかに出塁できるかが攻撃のカギを握っている。守備では、制球力に長けテンポよく投げ込む尾崎(2年:徳島北)、右のサイドスローから両コーナーを突く山上(2年:丸亀城西)が台頭してきた。バックが投手を盛り上げることが出来れば優勝の二文字が見えてくる。高知大学は堅実な試合運びが持ち味なだけにここ一番での打力に期待したい。リードオフマンの名嘉真(3年:那覇)、忠実を打つ片山(3年:松山東)、長谷川(3年:石山)、近藤佑(3年:尾道商業)あたりが奮起し、打点を稼げると他校を抑えての優勝も現実味を帯びてくる。4位と苦しんだ愛媛大学は、リーグを総じてスタメンを固定できなかった。その中で捕手の村瀬(2年:新川)、外野手の民部(2年:倉敷南)など多くの新戦力が経験を積んだ。主力である西島(3年:広島新庄)、亀岡(2年:松山東)とうまく融合できれば王座奪還も見えてくる。5位に沈んでしまった松山大学は、古豪復活への第一歩となるか。主将の岡崎(3年:松山北)がリーダーシップを発揮し、新たな変革をもたらしたいところ。打撃陣は、経験豊富な小林(3年:尾道商業)、奥田(3年:小松)などを中心に力強いスイングを心掛けたい。攻撃面が右肩上がりなだけにサウスポー二枚看板の平山(4年:高知)、渡辺(3年:東温)と春季リーグで活躍を見せた川上(3年:三原)が頑張りたいところだ。鳴門教育大学は安丸(3年:川島)を中心にロースコアの展開に持ち込みたいところ。宇良(2年:大手前高松)、菊場(3年:清水東)が打線の中心となり、得意の小技を用いて得点を積み重ねることが出来れば、下克上達成の可能性もある。
  新たな時代の萌芽を迎えるのは選手だけではない。リーグ運営を支える全大学のマネージャー陣も「新たな取り組み」と様々な意見を出し、新たな変化をもたらそうと努力している。全国を見てもトップクラスである運営陣なしに四国地区大学野球連盟の発展は語れないであろう。

  Ⅱ部リーグは、春リーグの入れ替え戦で鳴門教育大学に敗れた香川大学が優勝し再び入れ替え戦への勝利を手にするか。それとも徳島大学が香川大学を凌駕しⅠ部への挑戦権を手に入れるか。今年の四国インカレでは、香川大学が愛媛大学を、徳島大学が高知大学を下しⅠ部にも通用するとこを見せた。是が非でもⅡ部で優勝しⅠ部に昇格したいところ。香川高専、徳島文理大、徳島医大もこの2校に食らいついていきたい。

(記事作成=松山大 島内)

2017automn.png