第3週見所~2017秋

2017秋季リーグ第3週。早くも折り返し地点へ突入した。第1週は春季リーグ上位チームが揃って勝ち点を獲得。第2週は2日目が雨で全試合中止となり愛媛大学対高知工科を除く4チームは一勝一敗となり、第6週へと持ち越しとなった。

 丸亀での第3週、一つ目のカードは四国学院対愛媛大学。春季リーグ王者の四国学院は春季リーグ戦レギュラーの5人が抜けた穴をどう埋めるかがポイントであった。槇、川江など3年生が新しくレギュラーとなり第1週、第2週と戦うが、チャンスであと1本が出ず、第1週は何とか勝ち点を獲得したものの第2週では松山大学にコールドゲームで敗れるなど、苦戦が続いている。対する愛媛大学は新正捕手の吉森が巧みなリードで投手陣を支え、打撃陣も効率よく得点し勝利を重ねている。打撃陣の中心はやはり西島。春季リーグ最多盗塁を獲得した西島はこの秋でも持ち前の足を活かし俊足巧打で勝利へ貢献している。

 二つ目のカードは高知大学対松山大学。高知大学は開幕カードで四国学院に敗れはしたが、どの試合も接戦に持ち込む素晴らしいゲーム展開だった。第2週の鳴門教育戦でも1回戦はコールド勝ち、2回戦は01と激しい投手戦の末敗れたもののここまで勢いに乗っている。投手陣は上ノ薗、道原の二枚看板で、第1週、第2週共にこの両投手が好投している。3週も2人の好投手に期待したい。打撃面での注目はサードの松本。第1週の四国学院戦では守備のエラーはあったもののVPを獲得する活躍を見せた。開幕戦は8番だった打順も6番へ昇格し、今後高知大学のキーマンとなるだろう。対する松山大学は越智新監督の下、春季の屈辱を晴らすべく臨んだ第1週。しかし、開幕戦はタイブレークの末、2回戦は1点差で高知工科に敗れた。春季リーグの流れがまだ残っているのか。そう思えたが第2週の四国学院戦では相手のミスを見逃さず攻め込み、今季より導入された510点差のコールド勝ちで意地を見せた。2回戦では惜しくもサヨナラ負けしたものの、破壊力のある打線、安定した投手力は見物だ。鴻上、平山を中心とした投手陣に長打のある4番世木田など戦力は充分に整っている。

 三つ目のカードは高知工科対鳴門教育。春季素晴らしい実力を見せた高知工科は今季もその勢いは衰えておらず、開幕カードでは松山大学に2連勝。しかし、第2週の愛媛大学戦では投打がうまく噛み合わず勝ち点を落としてしまった。守備では中村、山上がしっかり試合を作れるかが鍵となる。打線は先田(竜)や1年生の

當田が中心となり得点を重ね、ここから巻き返しを図り優勝を狙う。対する鳴門教育は5季ぶりの勝利を目指し奮闘。第1週は愛媛大学に大敗、第2週の高知大学戦1回戦で大敗するも2回戦では105季ぶりの勝利を掴んだ。投手の軸となるのは安丸。高知大戦では完封勝利を収め第3週でも安丸の好投に期待したい。打線も菊場、宇良を中心とした勢いのある打撃で更に白星を重ねたい。

 猛暑の続く中9月へ。リーグ戦も第3週へ突入した。この第3週の結果が今後の順位争いに大きく影響しそうだ。第3週・丸亀決戦、優勝に近づくのはどのチームだろうか。



◆Ⅰ部

92日(土)9:30 四学VS愛大 Cスタ丸亀・・・Live

92日(土)12:00 高大VS松大 Cスタ丸亀・・・Live

92日(土)14:30 高工VS鳴教 Cスタ丸亀・・・Live

93日(日)9:00 高大VS松大 Cスタ丸亀・・・Live

93日(日)11:30 高工VS鳴教 Cスタ丸亀・・・Live

93日(日)14:00 四学VS愛大 Cスタ丸亀・・・Live


◆Ⅱ部(ダブルヘッダー)

92日(土)10:00 徳大VS徳文池田球場

92日(土)10:00 徳医VS香専みろく球場

DSC07139.JPG IMG_3892.JPG IMG_0840.JPG IMG_0799.JPG